問合せ

電話

院長ブログ

院長ブログ > 院長ブログ > 顔のたるみ解消

某美容外科でおこなわれた糸による「フェースリフト」で効果がないどころか術後の痛みの被害で患者さん数人が訴えを起こしたそうです。

実は数か月前に美容外科学会の役員の先生からうちのクリニックに、スレッドリフト(糸によるたるみ治療の総称)に関する私の客観的な意見をお聞きしたいという依頼を受けておりました。

私自身がここのところ毎年、スレッドリフトに関する発表を学会で行ってきた関係だと思います(今年の9月の美容外科総会にもシンポジストとして依頼を受けています)。

ちなみに私のスレッドリフトによるフェイスリフトはこういったケースで行われている「スレッドリフト」とはまったく異次元のものです。

糸による(糸単独で行われる)フェイスリフトの効果が3か月以内で無くなってしまうことは、我々のように真面目に手術をしている美容外科医の間では常識です。

それではなぜこのようなことが起きてしまうのか・・・。

その答えは、私の過去の記事を読んでいただければすぐにわかります。

彼ら(訴えられた美容外科で働くお医者さんたち)は、効果があろうがなかろうがとにかく手術をしなければいけないのです。そうでなければ彼らも生きていけないのです。

効果のない手術とわかっていても、患者さんにその手術を受けてもらわないと商売が続けられないのです。彼らも毎日患者さんにうそをつき続けるのは心の中では苦しいはずです。

彼らにとって、術前カウンセリングで「この方法だと効果は3か月でなくなりますよ」という「本当のこと」は口が裂けても言えないのです・・・(ちなみにうちのクリニックではそのような手術を患者さんに求められたときには、正直に「3か月で効果がなくなりますけどいいですか?」・・とお聞きするので、患者さんのほうがあっけにとられています)。

こういった事情を御理解できれば、患者さんがのちのち後悔するような美容の手術を受けてしまうことはなくなります。

ちょっと早いですが、今年1年間で流行った美容治療と来年以降の美容治療で主流になりそうなものをまとめました。

今年の美容外科のテーマは「若返り」と「痩身」の二つであり、来年以降もこの傾向は続くと思います。

この二つを考えるにあたって重要なことは、施術が安全で楽に受けられることとそれなりの効果が必ずあること、です。

「若返り」の中のたるみ治療に関しては、今年うちのクリニックにも導入したウルセラシステムと従来のサーマクールをうまく駆使することで上記のような夢の治療に一歩近づくことができることがわかりました(サーマクールに変わるものとして「イントラジェン」も有望と考えています)。

一方「痩身」にも新しい波が押し寄せてきています。

ダウンタイムなく、脂肪吸引のようなリスクも全くなく、さらに施術にともなう痛みもまったくない、といった夢のような痩身治療が実現する可能性が出てきました。

過去の記事にも書きましたが、その突破口を開く器械が「バンキッシュ」です。

10月からのべ30人以上の患者さんの腹部の痩身治療に用いましたが、このたびその1か月後の結果を集計分析してみて、その内容には正直驚きました。

95%以上の患者さんに痩身効果を認め、腹部周囲が平均4cm減少しました。

バンキッシュは施術後のダウンタイムはゼロで、施術に伴う痛みはまったくなく、高周波のでるパネルをおなかに30分かざすだけ、という手軽さで、これだけの減量効果が得られる器械はこれまでになかったものです。

このバンキッシュは、日本で唯一うちのクリニックで来年も引き続き本格的に治療継続できることが決定しました。

患者さんには、来年早々、バンキッシュによる痩身を詳しくご紹介しますのでお楽しみに。

今日から6月に入りました。

先月の20日ごろにもご案内しました「メディカルスキンラボ」のHPが本日アップされました。

美肌、アンチエイジングを中心に最新の情報をお届けする専用サイトになっています。

この「八事石坂クリニック」本サイトと同様ぜひご覧になってご活用ください。

バナーがまだできていませんのでとりあえずこちらから入ってください。

メディカルスキンラボ公式HP

メディカルスキンラボの今月の目玉はなんといっても「エクシリス・フェイス」と「エクシリスボディ」です。

先月の20日にリリースしてからすでに10件ほどのご予約をいただきました。

この器械の特徴は、短時間に肌の奥に熱エネルギーが効率よく入れられるところです。

ハンドピースから「高周波」と「超音波」が同軸に照射されます。

(※高周波はサーマクールなどでおなじみです。※超音波の効果はウルセラで実証済みです。)

しかもこの器械の優れているところは、熱が入るのは感じますが、痛みをほとんど感じないにもかかわらず、効果が比較的はっきりとわかりやすい点です。

2週間おきに4~8回ぐらいで1クールとなります。1回の施術時間は20分で終了ですが、延長もできます(時間追加料金設定あり)。

お値段がリーズナブルなところも人気の原因かと思います。価格表はこちら

スタッフも全員体験していますので、スタッフブログも参考になさってください。

スタッフのブログですでにご存じの方もおられると思いますが、5月21日から八事石坂クリニック内に「メディカルスキンラボ」を開設いたしました。

メディカルスキンラボでは、豊富な美肌治療メニューから患者様のご要望にあった治療をお選びいただけます。

新しい治療器として「エクシリスフェイス&エクシリスボディ」を導入いたしました。

この器械は超音波と高周波を同軸で照射することで、皮膚のタイトニングを効率よく行うことができ、2012年米国で№1の美肌治療器として賞賛されたそうです。

エクシリスフェイスでは、顔全体のタイトニング(引き締め効果)と小顔効果が得られます。

エクシリスボディでは、下腹や二の腕など気になるところの脂肪減量効果とたるんだ皮膚の引き締め効果が得られます。

施術は20分間の施術が基本で、痛みもなく楽に施術を受けていただくことができます。

基本料金は31,500円(フェイス、ボディとも)、初回料金は半額の15,750円となっています。

まずはメディカルスキンラボ専用ダイアル052-893-6192(年中無休)(1月1~3日を除く)までご相談ください。

そのほかのメディカルスキンラボのメニューは、今年から導入された本格的たるみ治療器として人気の「ウルセラシステム」「アキュリフト」、エステ感覚で受けていただくことができるエレクトロポレーションの「ケアシス」。くすみ・しみ治療器として今年も引き続き人気№1の「レーザートーニング」もあります。

メディカルスキンラボの専用HPも現在作成中で今月中にはアップできる予定です。

年初に導入した「ウルセラシステム」について、ひと段落しましたのでその効果などについて振り返ってみました。

結論から先に申し上げますと、ウルセラシステムは「切らない」かつ「腫れない」たるみ治療器の最高峰です。私のような治療の結果に厳しい美容外科医から見ても効果を感じずにはいられませんでした。

導入してから2か月半で20人弱の人が顔全体の施術を経験され、効果をお聞きしたところ、不満足だったという人は一人もいませんでした。

細かく見ていきますと、施術後1か月の時点ですべての患者さんにおいて、主観的かつ客観的にフェイスラインの改善を見ることができ、それ以外の部位の改善、たとえば「法令線」などにはあまり効果を感じた人はいませんでした。

4分の一の患者さんは「サーマクール」と同時照射でしたが、フェイスライン改善の効果はさらに顕著でした(客観的かつ主観的に)。

術前に多くの患者さんから「施術時の痛み」についての心配の声が聴かれましたが、施術後のご感想は「顎周りの痛みはあるものの我慢できないほどではない」とのことでした(今回一人の患者さんを除く全員に冷却などの痛み予防は行い、おひとりの方にご希望で静脈麻酔をおこないました)。

サーマクールと同時照射の患者さんからは、ウルセラシステムよりもサーマクールのほうが痛い、という御感想でした。

施術後の腫れ、皮膚の発赤などを訴えた患者さんは皆無、術後数日間顎周りに軽い鈍痛を感じた程度というものが一番多いご感想でした。

以上がウルセラシステムを受けられた患者さんのまとめになります。

こういったいわゆる「切らない腫れないたるみ治療」については、以前から、客観的な効果を出すのは非常に難しい(主観的なタイトニング効果は認めらるものの)というのが私の考えでしたが、とうとうこの考えを覆される器械が登場した、といえそうです。

画面から皮下のSMASなどを見ながら治療できる点でも、皮下のどこにエネルギーが入っているかがわかりやすく、使っていても非常に楽しいと思える治療でした。

今後の展開としては、追加照射による効果アップについて、さらに皮下の浅いところに焦点ができるトランスジューサーの効果についての検討と、もう少しマイルドなRF(高周波)との併用で効果アップと痛み軽減の試み、などが検討課題だと思っています。

先週の日曜日、大阪のセミナーに参加してきました。

セミナーのテーマは「痩身マシーン」についてでした。

このブログでも以前からお伝えしているように、ここ1年ぐらいずーっと最適な「痩身マシーン」を探してきました。

今回のマシーンは、去年の秋の学会から気になっていた器械で超音波で脂肪を減らしていくものです。

その後残念ながらその器械の情報が手に入らず棚上げ状態になっていたのですが、やっと詳しい話が聞ける機会がやってきたのでした。

かなり痩身効果の高い器械で導入予定の有力候補と位置付けています。

導入が決まりましたらすぐにブログなどでご報告しますので、チェックをよろしくお願いします。

昨日は東京でまたまた新しいたるみ治療器のデモが知り合いのクリニックであるとのことで見学に行ってきました。

従来のレーザー系のたるみ治療器に比べるとやや侵襲が大きい気がしましたが、以前のレーザーに比べて色々なところが改良されているところが魅力でした。

最近こういった美容器械の情報に触れる機会が多いのですが、美容手術と違って入れ替わりがかなり早く情報源をしっかり持って実際に自分の目で素早く確実に効果などを判断して行かなければいけない、ということが大事みたいです。

すでにスタッフのブログやツイッターでご存知のかたが多いと思いますが、うちのクリニックでは今年から「ウルセラシステム」と「ケアシス」という器械を導入しました。

開業以来久々の新しい器械導入でスタッフも大忙しの1月だったようです。

ウルセラシステムはここ数年、吟味に吟味を重ねて導入した器械ですので効果については自信を持ってお勧めできる器械です。

ウルセラのご案内にあたっては、クリニック会員様を最優先にご案内して、次に過去うちのクリニックを受診されダイレクトメールOKをいただいている患者様にお知らせしました。

反響は予想を上回るもので、わずか2週間で予定人数をはるかに超える御予約をいただけました。

会員の患者様以外にも信頼をいただけている患者様が大勢おられることに本当に感謝しています。ありがとうございました。

なにぶん新しい器械ですから、施術後の経過もきちんとフォローさせていただきますので忌憚ないご意見をよろしくお願いします。

今回のことで我々としては患者様のニーズの一端がこういったことにあったのだということで、今後も新しい治療器械は検証が済み次第できるだけ早期に取り入れていこうと思っています。

今後も新しい情報をできるだけ早くお知らせするために、まだ非会員の患者様にはぜひ会員登録をお願いしたいと思います。

数年前の学会で、関西のレーザーで有名な先生が、美容皮膚科の世界には「イリュージョン」と「リアル」の二つがある、という趣旨のお話をされていました。

詳しい内容は忘れましたが、要はそのころ流行だった「光治療」を「レーザー治療」と対比して前者は「イリュージョン」の世界である、ということだったと記憶しています。

医学的にみるとそういった「光治療」には、いわゆる科学的なエビデンスに乏しく根本的なシミの治療とは言い難い、医学的にシミを消すのであればやはり「レーザー治療」が必要になってくる、という意見がある一方、患者さんの「うけ」がいい治療はダウンタイムの少ない光治療のほうに軍配があがる、という事実があったのです(今でも・・あります)。

これは何も美容医療に限ったことではありません。患者さんにとっていい医療と、我々が「すぐれている治療」が必ずしも一致するとは限らないのです。

私のような頭のかたい医師は、そのジレンマに対してなんとか自分を納得させるために、色々な理由を考えるわけです。

それは要するに「イリュージョン」の世界で、「リアル」な医療の世界とは異なった基準で患者さんに選ばれている、というように自身を納得させているわけです。

「・・医学的にはエビデンスに乏しくても患者さんにこれだけ支持される医療機器には医者にはわからない何らかの効果があるにちがいない・・・」と

ところがよく考えてみると、人類の発明の源は、すべてこの「イリュージョン」からスタートしているということに気づきます。

200年前に「空を飛べたらどれほどいいか・・」という考えがあったとしても、だれもそれが現実になるとは思わなかったであろうし(要するにイリュージョンだった)、それがなかったら今日の飛行機の目覚ましい発展はなかったわけです。

完璧な航空力学理論は、ライト兄弟の飛行機が飛んだ時代にすでにあったわけではないのです。

それを考えると「切らない・腫れないたるみ治療」は今はまだイリュージョンの世界から抜け出していないかもしれませんが、10~20年後にはそれが普通に「リアル」な世界の話になっているかもしれません。

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

昨年に引き続き患者様のご期待・ご信頼に応えられるような美容医療を今年も展開していきますのでよろしくお願いします。

今年は新年早々、新しいたるみ治療器「ウルセラシステム」を導入いたします。

スキンケアにも力を入れていきます。

具体的な内容は追ってご報告いたします。

切らないたるみ治療の進歩は目覚ましいものがあります。

効果はマイルドだったとしてもそれが患者様の求めるものであるならば、積極的に取り組んでいきたいと考えております。

もちろん従来のフェイスリフト手術のほうにも力を注いでまいります。

さらに効果が高くて安定したフェイスリフト手術を目指して日々研鑽していく所存ですのでよろしくお願い申し上げます。

今年もあと3週間足らず。

ここ1年を振り返って思うのは、美容治療の変化の驚くべき速さです。

美肌治療を考えてみても、4年前の開業時と今では大きく変わりました。

その主なものは、「レーザートーニング」の導入です。

4年前といえば「光治療」(うちのクリニックでは「ライムライト」)が人気の機種でした。

もちろん今でも光治療の人気は衰えていませんが、それ以上にレーザートーニングをご希望される患者さんが増えました。

医学的にいえば、レーザートーニングは光治療に置き換わるものではなく、作用する深さがそれぞれ違うので患者さんのシミくすみの深さに応じて使い分けあるいは併用できる治療だと思います。

また、うちのクリニックでは当初切らないたるみ治療といえば「サーマクール」と「タイタン」でしたが、今年はもう少し侵襲があっても効果の高いものをご希望される患者さんのために「アキュスカルプ」が導入されました。

もともとしみ・くすみの治療にくらべると客観的効果のわかりにくい「たるみ治療」ですが、切らなくてもたるみ改善効果がわかる器械がどんどん登場してきています。

アキュスカルプのようなレーザー治療、超音波をフォーカスして熱凝固することでたるみを改善する器械、マイクロニードルを肌に刺入してそこから高周波を発生することでたるみを改善する器械など、こちらもその流れについていくのがやっとというぐらいいろいろなものがあります。

来年はその傾向がますます激化していくような予感がしています。

一方「サーマクール」などの従来からあるたるみ治療器は登場してから10年以上のロングセラーで、今までの実績やデータの蓄積に裏付けられた信頼性・安全性は捨てがたいものがあり、人気は衰えることはないと思います。

10~15年前には夢物語と思われてきた「低侵襲で効果のあるアンチエイジング治療」が実現間近といえそうです。

 

院長ブログTOPへ戻る ≫

カウンセリングのお申し込み


先頭へ