問合せ

電話

院長ブログ

下まぶたのくま

美容外科・美容皮膚科の進歩には目を見張るものがありますが、いまの技術をもってしてもこれといった解決法がないものに、目の下の「くま」があります。(目の下のくまを確実になおす方法があったら是非教えてほしいぐらいです。)

もともと「くま」が気になる人のお顔を拝見するとなんとなく肉付きの少ない痩せた顔の方に多いような印象があることから、くまは皮膚そのものの色素沈着ではなく下瞼の皮膚の下の脂肪が少ないことが原因ではないか、と最近考えています。

このことに関連して、最近、他クリニックで下瞼の脂肪のとりすぎで術後になんとなく「くま」のようなものができてしまったとおっしゃる方のカウンセリングをする機会がありました。

たしかに下瞼のふくらみはしっかり取られているのですが、なんとなくくすんだような感じの「くま」が下瞼全体にできていました。下瞼の脂肪とりを受けた方が全員こうなるのではありません。

このことについて私は、下瞼のくすみには皮膚の下の隔膜前脂肪の減少がかかわっているのではないかと考えています。なぜなら眼窩脂肪を取った人にはこのような「くま」の発生がみられません。隔膜前脂肪については過去記事参照。

どうしてそうなるのか全くわかりませんが、今後も注意深く見ていこうと思っています。

今回はなにか雲をつかむような話で申し訳ありません。

 

 

カウンセリングのお申し込み


先頭へ