問合せ

電話

院長ブログ

院長ブログ > 院長ブログ > 眼瞼下垂術 > 挙筋腱膜その2

挙筋腱膜その2

ここ1カ月ほど、文章ばかりのブログになり読むのも少々お疲れと思い今日はビデオにしました。

眼瞼下垂の手術の一部です。眼窩脂肪から挙筋腱膜を同定していく過程です。

primary(初回手術)の患者さんですので、非常にきれいに腱膜が確認できています。

ビデオ内容解説

1分15秒から2分のあたりが、瞼の目がしら側の腱膜の同定です。幾重にも腱膜を切っていくところが確認できると思います。

2分31秒あたりからは瞼の目じり側の腱膜の同定です。内側に比べると非常にあっさりしています。

2分51秒あたりで腱膜全体が見渡せます。

3分15秒あたりで助手が内側の腱膜をけん引します。

3分35秒あたりでデマル鈎で眼窩脂肪をよけてその奥にわずかに眼瞼挙筋が透けて見えます。

カウンセリングのお申し込み


先頭へ