問合せ

電話

この歳になってようやくわかってきたことがあります。

手術を含めた美容医療には、いかに「時間」というものが重要なファクターであるか、ということです。

まだまだ自分は未熟者だと思うことが多いのですが、自分の力量がある程度分かるようになるまでにはとても長い時間が必要なのだと実感しています。

簡単に言ってしまえばそれは「術者の経験」ということになりますが、経験値が深まればいい結果に近づくことができます。

それとともに、残念ながら体力・気力が反比例して落ちていくのは、皮肉なことです。

そのために、残された気力体力を毀損しないよう、毎日の自身の生活から律していくことを心がけていきます。

久しぶりの記事更新です。

1月は、予想外にとても忙しい1か月でした。

連日の長時間手術に、我ながら2月になって振り返ってみて驚いている次第です。

術者の場合、夜の8時過ぎまで手術をしていても目が少し疲れる程度で、手も頭もあまり疲労感はないものです。

それほど手術は集中力を要するもので、むしろもっと手術時間がほしいと思うこともしばしばです。

特に鼻の手術ともなると、術後の形を強烈にイメージしながらそのイメージをさらに超えるぐらいまで形を作りこんでいくような手術になります。

そんな毎日を過ごしているうちにとうとう58歳になってしまいました(笑)

 

 

カウンセリングのお申し込み


先頭へ