問合せ

電話

昨日、新しい医療機器のセミナーを聞きに東京へ行きました。

途中、美容医療経営コンサルタントと称する方が、美容クリニックの経営について講演をされていました。

色々なデータをもとに、どのように経営をすすめていけばいいか、宣伝戦略、治療の絞り込みなど、そこそこ興味をひかれたドクターもいたのではないかと思えるものでした。

しかし実際にうちのクリニックのように、自費診療オンリー+手術主体+都心から離れた場所+宣伝ほとんどしない、という特殊なクリニックにとって直接的に参考になるものは残念ながらほとんどありませんでした。

以前にもふれましたが、手術主体のクリニックの経営ほど難しいものはありません。

まともにやっていたら3年でつぶれるとも言われるほど経営のコントロールが難しい業界です。

具体的に言えば月々の売り上げだけ見ても5倍の振幅があり、年単位で見てもけっして右肩上がりでも下がりでもなく、のこぎり状態が続くのです。

普通の会社の経営者なら、とっくに自殺か廃業しているといっても過言ではありません。

そんな経営をしているドクターにとって、手術が減ることは致命的であることもここで何度か触れてきました。

彼らはどんなことがあっても手術を減らしてはいけないのです、ありとあらゆる手を使って患者さんに手術をすすめてきます。

そんな状況で、手術を主体にした美容外科クリニックがどうしたら医業倫理と健全経営を両立できるか、おそらく永遠に結論が出ないかもしれない命題を解決していくことが、私の美容外科医としての使命だと思っています。

開業して6年弱、現時点での私なりの結論を機会あるごとに述べていきたいと考えています。

中国における期限切れの食肉が使用されていたことが問題になっています。

この手のニュースには、最近ではさほど驚かなくなりましたが、根源に横たわる問題には根深いものがあります。

なぜ期限が切れた材料が使われたのか。

在庫管理上、期限切れの材料は廃棄になるのが普通でしょうが、経営効率という点ではこれを極力避けたいのが経営者の考えるところです。

仮にこれを廃棄にしなかったとしても、消費者にはなかなかわかりません。

つまりこの問題の根底にあるのはやはり情報開示の問題と考えます。

この食品会社の従業員が「期限が切れていても死にはしない」と言い放ったそうですが、確かにそれはそうかもしれません、しかし本当にそう思うなら期限が切れていることを開示すべきで、そこを開示せずに安売りで経営を優先することが問題なのです。

食品期限問題も非常に重大ですが、これが医薬品になると人体への直接的な影響はさらに大きいため、我々は特に注射液の管理に日頃から非常に神経を使っています。

一例として比較的手軽な若返り手段として人気のあるヒアルロン酸注射ですが、うちのクリニックではスタッフが厳重に管理しているのは当然ですが、念のためまた情報の開示の意味で患者さんにも直前に注射液の現物の確認(製品名、内容、容量、未開封保存状態など)をお願いしています。

患者さんに申し上げたいのは、施術料金が安いことばかりに熱心になるのではなく、クリニック側に情報の開示をきちんと要求する姿勢が、不良なクリニックを駆逐する一番の近道だということです。

先日、私がいろいろな意味で尊敬している東京の美容外科の先生の手術後の修正手術を行う機会がありました。

その先生は、特に鼻の手術でご高名で学会の時に個人的に教示していただいたこともあり、長年の経験に基づいたご意見に恐縮して拝聴させていただいた記憶があります。

私などが意見を言うのもおこがましいのですが、修正手術時の所見からは、予想通りいままで経験した修正手術の中で一番丁寧な手術がなされていて、瘢痕も最小限で軟骨の損傷もほとんどなく、修正手術をする立場からはとてもやりやすく助かりました。

日頃、乱暴な手術の術後の修正をする機会が多く、術中泣かされている身としては、今回の手術は再手術をすることすら憚れるような完璧な手術がなされていました。

やはり鼻の手術は、特に初回は経験豊富な、丁寧で無理のない手術をされる先生にお願いするのが一番かな、と思いました。

しかし、その先生もそうですが、そういった先生は手術を引き受けることに慎重であるかたが多く、そもそも宣伝をあまりしていないので主治医になってもらうチャンスもなかなかありません。

長年の経験で鼻の手術がいかに難しいか、ということを痛感されているからこそ逆に手術に積極的でなくなるというジレンマがあります。

もう一つ、鼻の手術でむずかしさを痛感するのは、それほどの先生に手術をしてもらったとしても、100%すべての患者さんが満足されるわけではない、ということです(現に今回の患者さんのケースのような場合)。

要するに手術が上手である、丁寧である、だからすべての患者さんが満足される、わけではないということです。

逆のパターンもあるから美容外科医の評価は一層難しくなります(乱暴な手術で繊細さのかけらもないドクターでも患者さんを満足させられる、というケースは結構多いからややこしい)。

さらにいえば、鼻の手術の本当の結果は、数年経過しないとわからないところがあり、美容外科医にとって新しい手術にチャレンジすることは決して容易ではない、ということです。

見方を変えれば、新しい手術をどんどんやるドクターほど危ないということにもなります(一般的に数をたくさんこなしているドクターは手術がうまい、と思われがちですが、そうとは限らないということ)。

以上のことから患者さんにとって、鼻の手術を受けてそれが成功して満足するということは結構奇跡に近いものがあります。

多くの人が人生のうちで一番影響を受ける人は両親ではないでしょうか。
私が両親を亡くしてから数年経ちますが、年ごとにその思いが強くなっています。

幼少時から、あることにのめりこむと寝食忘れて没頭してしまう私の性格を一番心配していたのが親だった気がします。
なにごとにもバランスよく興味を持ちいわゆる「普通の人間」であってほしいという親の子に対する気持ちは、それはそれで私自身も年齢を重ねることで深く理解できるようになりました。

そのおかげか、少年期から壮年期にかけて極端に偏った人間にならずに「普通の人間」として成長し、さらに医師という職業に就けたことを親にとても感謝しています。

そのうえでやっとこの年になって、自分の本当の個性に気づきそれを自分自身受け入れられるになったことも事実で、それは最近の自分自身のひそかな喜びでもあるのです。

自身の個性を発揮できるという点で、選んだ科が美容外科であったことは私にとって「幸運」と「奇跡」だったとしか思えません。

アンケート調査で定年間近の人に「生まれ変わってもう一度人生をやり直すとすればどんな職業につきたいか・・・」という質問で一番多かった職業は「医師」で、ダントツ一位だったそうです(男性1位、女性2位・・ちなみに女性の1位は看護師)。

私ももちろん「医師」と答えますが、なかでも「美容外科医」になりたい・・・つまり今の職業にもう一度つきたいと答えます。(今の職業にもう一度就きたいと考えている人は全体の中で21位)。

みなさんもうお気づきのことと思いますが、ホームページを更新しました。

旧HPよりも見やすくわかりやすいことを念頭に更新しました。

さらにスマホ専用ページも作りましたので、スマホの方はそちらをご覧になってください。

また問い合わせフォームでは、写真などの貼り付けが非常に簡単にできるようになりました。

写真などを添付して相談される患者さんにはとても便利だと思います。

念願の部位別症例写真のページも作りました。まだ症例写真のアップが追い付いていない状態ですが、これからは今までにたまっているモニター写真をできるだけ公開していきます。

さて、最近は予約が大変混んでいて、長い時間のかかる大掛かりな手術はお盆前まで予約がつまっている状態です。

早めの手術をご希望の患者さんは、まず早めのカウンセリング予約をお勧めします。

また電話も時々混み合ってつながらない時間帯があります。ご迷惑をおかけしますがしばらく経ってからおかけ直しをお願いします。

最近の傾向として、宣伝をほとんどしていない美容クリニックで実力のある先生のところに患者さんが多く集まっているようです。

我々にとっても患者さんにとっても、美容医療の環境がとてもいい状況に向かっているように感じます。

カウンセリングのお申し込み


先頭へ