問合せ

電話

寒くなってきました。

寒くなるとなぜか思い出すのが大学受験生活です。

私自身、受験生活から35年もたってしまいました。

医学部を受験しようと考えている人に少しでも役立てればと思ってちょっと書いてみます。

私は生まれつきの天邪鬼性格のせいか、受験時代を含めて生涯一度も塾らしいものに通ったことがありません。

出身高校もいわゆる進学校ではなく普通の公立高校でした。

当時、過去に医学部に入った人は一人か二人だったと思います。

担任の先生も私の進学指導に戸惑っていて、「大口君、なんで名古屋大学の医学部にいかないの?」と的外れな進路指導にこちらも困惑するといった程度のものでした。

そんな環境でしたから、自分の好きなように勉強できたのはむしろラッキーでした。

自分で考えた勉強方法でとにかくやってみよう、誰からも強制されたわけではないから成功しても失敗しても自分自身納得できるはずだと思ったのです。

前回書いたように、医学部受験には「数学」が必須です。

数学の受験のこつは結局「暗記」だと豪語するドクターもいますが、私は真逆の勉強方法をとっていて、要するに一度解いた問題はできるだけ「忘れる」ようにしていました。

暗記にたよって数学の問題を解こうとすると膨大な問題を解かなければいけませんし、過去に似た問題が出題される可能性があったとしてもほんのわずかです。

それよりも良問を500題程度繰り返し解いて、その際にできるだけ前回解答したやり方を思い出さないよう新鮮な頭で解くようにしていました。

ある問題を目の前にして、最初にまず自分が何を考えて解こうとしているか客観的に自分を観察しながら解答をする、というように心がけると効果的でした。

これを続けていくと、数学で本当に暗記しなければならないものなどほんのわずかだということに気づきます。

そうなるとさらに数学の勉強の効率があがります。

また暗記して解くよりも考えて解くほうがミスも起こしにくいようです。

自分の引き出しで解答が導けないものは、その問題が良問であればその解答の真髄を新たに頭に取り入れ、そうでなければ役に立たない問題として捨ててしまいます。

あくまで自分のペースで考え、そして解いていく姿勢を貫くことが数学の対処法だと思っています。

この解答方法は実は、今日の診療場面で色々な問題を解決する上で今だに役に立っています。

この方法でただ一つ注意しなければいけないことは、自分の思考パターンが独りよがりにならないようにすることで、たとえば受験では定期的に模試を受けること、診療では学会発表をすること、といった機会を利用して自分のやり方が間違っていないか常に客観的なチェックをうけることです。

医師は一生勉強が必要と言われます。

研究の分野に進む医師(山中教授のような医師)はもちろんですが、医療は人のいのちにかかわる仕事ですから一生勉強が必要であるのは当然と思われます。

われわれ美容外科医も、一生の勉強(医学の)が必要であり、ほかの科のドクターと同等もしくはそれ以上に高い教養と能力が必要とされる科だと思っています。

顔や体の解剖や人体の生理についての知識はもちろんですが、一人の患者さんの心の問題、社会情勢、民族の歴史的背景、宗教、慣習などとても広い知識が美容医療を実践していくうえで必要になります。

学生時代を振り返ると一見医学と無縁と思われる学問の知識も、美容外科医となったいまならそれがどれほど重要か(むしろ直接的な医学の知識よりも)がこの年になってあらためてわかるようになってきました。

しかしそういった広い知識や見識以上に、われわれ美容外科医(だけに限らず)に必要なものは何かといえば、それは「論理的思考力と客観的分析力」だと思っていて、それは「数学」の能力そのものだといえます。

私はずっと医師になってから最近まで、中学高校6年間の数学は医学に必要なのだろうかと疑問に思ってきましたが、皮肉にも開業して一人で手術などをするようになってからその意義が少しずつわかるようになってきました。

日々の診療において一番のよりどころは、先ほどの論理的思考と客観的分析力によって裏付けられた確信が唯一のものなのです。

まず仮説が生まれ、結果の想定、実践、結果の評価、分析そしてまた新たな仮説へと繰り返すことで、より洗練された安全で確実な美容医療につながっていきます。

純粋な「数学的思考」と異なるのは、医学にはそこに「倫理」が加わることぐらいで、根幹は変わらないと思っています。

この年になって「医学になぜ数学(的思考力)が必要なのか」という疑問に少し答えがわかってきたように思います。

今年も先日の学会で日本美容外科学会統一問題のシンポがありました。

今年の様子からは、率直に申し上げて、この問題は進展するどころか後退しているといえそうな状況でした。

以前からこの問題の解決には相当な壁が何重にもある、と思っていたのですが、現実的には想像よりはるかに解決困難な問題があるようです。

形成外科医を中心としたJSAPSとそれ以外の医師を中心にしたJSAS。

それぞれあまりに立場の違う美容外科医師たちが集まっている二つの集団がお互いに知恵を出し合って合意を得ることができるかどうかは、将来わが身に直接降りかかってくる問題とはいえ、なかなか興味深く考えさせられます。

たとえて言うなら、この二つの学会は幕末の薩長同盟前の長州藩と薩摩藩のようなものだと思うのです。

役者はそろっているのですが、ただひとり足りないのが坂本竜馬のようです。

実際の坂本竜馬がそれほどの人物だったかどうか、真偽のほどは別にして、人物として語られている「坂本竜馬」が今の美容外科医療業界には見当たりません。

学会の重鎮の先生方は、匙を投げたも同然のように「この問題を次の若い世代に任せたい」といって締めくくられました。

「次の若い世代」・・・って、もしかして我々50代世代のこと?

残念ながら、自分の周りを見渡しても「坂本竜馬」は今のところいないようですが(私を含めて)、そこはそれ、21世紀はなにも坂本竜馬のような一人の人物の登場を待たなくても解決方法はあるのではないか、というのが私の意見です。

真の実力と患者さんからの信頼をかね備えた美容外科医だけが生き残れる、それを客観的に評価できる制度があれば後はなにもいらないと考えます。

したがってそういった新しい美容外科医集団が出来上がればいいのだと思うのですが、制度上どこかの基本診療科のサブスペシャリティとならなければ存続できないというところに困難があります。

最近の若者の留学離れが進んでいる、といわれています。

テレビ番組で、若者はもっとガッツをもって留学すべきだ、などという声も聞かれるのですが、これは本末転倒と思うのです。

留学は目的ではなく、いまの状況を打開するひとつの手段だからです。

私も短期間ですが、大学の医局にいるときに2回ほど留学をしました。

当時の形成外科の医局において研究する環境はゼロに等しいものでした。

留学を思い立った時、自分の留学先、研究のテーマ、費用について何から何まですべて自分で決定し、交渉し、工面し、実行しました。

まず自分で興味のあるテーマを見つけ、その分野の論文を読み漁り、そこから世界のトップクラスの研究をしているドクターを見つけ、そのドクターに手紙とファックスを送り(当時メールという便利なものがありませんでした)、返事を待ってそこを訪れる、ということを繰り返していました。

医局には先輩もなく、教授も留学経験がないので頼ることはできません。全部自分で働きながらその合間にアレンジしなければいけません。

そんな切羽詰まった状況だったからこそ情熱が続いたのだろうと思うのです。

今の日本の状況は、私から見ると居心地がよすぎて留学する必要に迫られません。

若者が結婚しない状況と通じるものがあります。

日本の状況が変われば必然的に留学状況も変わるのであって、無理に留学する人を増やそうと思っても増えるものではない、というのが私の意見です。

先月のハワイセミナーと先週の美容外科学会に参加して、いろいろ考えました。

特に「フェイスリフト」については思うところがあり、私の考えを書き留めておこうと思っています。

患者さんは意外に思われるかもしれませんが、一口に「フェイスリフト」といっても色々な方法があり、術者の考えによって術式も大きく異なることがあります。

私のフェイスリフトにも自分の考えに従って独自の方法を取り入れている部分もありますが、それが独断にならないように、こういったセミナーとか学会などでほかのドクターと意見を交わしながらチェックできるという面でも役に立ちました。

さらに、他のドクターの意見を拝聴して逆に自分の考え方が固まる、ということもありました。

今回のセミナーや学会で強く思ったことは、「手術をするのであれば結果が第一」ということです。

今まで同じような信念で手術をしてきましたが、今回でそれを一層強く思うようになりました。

最近の流れとして、フェイスリフトの手術をする際には、結果よりも簡便さ容易さが優先され勝ちですが、それは本末転倒だというのが私の考え方です。

術者は、まず結果が出せるようになってからそういったことを配慮すべきであって、結果もろくに出せない手術方法で「簡便さもくそもない!」(失礼)といいたいのです。

「結果をだす」とは・・・フェイスリフトであれば、たるみが明らかに改善(少なくとも写真で変化がわかる)し、それが少なくとも1年は持続している、ことが最低条件でさらにそれをコンスタントに実現できるということです。

それがクリアできないのであれば、今や手術以外の方法のほうがはるかに患者さんにとってメリットが大きいと思える時代です。

患者さんも一旦手術で「切る」覚悟をされた以上、それに見合った効果・結果を期待するべきだと思うのですが・・・。

2012年10月11日(木)12日(金)の2日間は院長が学会出席のため休診になります。

電話受け付けは通常通りです。よろしくお願いします。

今月も会員限定のキャンペーンを行います。

美肌コースを新規に考えておられる方、または近々コースの継続をお考えの方、是非会員登録をして会員サイトをご覧ください。

会員登録はこちら

先日も書きましたように、昨日10月1日で当クリニックは5年目に入りました。

今後さらに患者さんに満足をしていただけるように不断の努力をする所存です。

診療メニューの充実、料金の見直し、診療体制の充実などこの1年で準備をして来年の5周年の節目を迎え、その後の5年間に備えて行ければと考えています。

HPでは会員サイトの充実と活用を最重点に考えています。

ただし、なんといっても私、普通の52歳のおじさんで、その頭で考えつく範囲などたかが知れています。

患者さんのほうからの貴重な御意見やアドバイスなどいただけたらとてもありがたいと思っています。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

カウンセリングのお申し込み


先頭へ