問合せ

電話

スタッフブログ

八事石坂クリニック > スタッフブログ > 未分類 > ✨大口院長究極の二重術😍(名古屋駅前院)

✨大口院長究極の二重術😍(名古屋駅前院)

こんにちは!名古屋駅前院スタッフです😊💕

 

大口院長の究極シリーズ第2弾!今回は二重術です★

今回も、スタッフの視点から見た、大口院長の二重術の魅力をお伝えしていきます♪

 

大口院長の二重術は、本当に凄いです。

その凄さのポイントは沢山ありますが、長くなるので3つに絞ってお伝えいたします(*´ω`*)

今回は二重全切開を例にお伝えしていきますね!

 

 

まず、ポイント1たかがデザイン、されどデザイン。

お顔の消毒などが終わり、準備ができたらまずはデザイン。

デザインした線で切開していくので、とても大切な作業です🖊

しっかりと時間をとり、二重のラインをデザインしていきます

 

デザインする時に使う道具は、ペンとキャリパーとスケール、そしてブジ―。

キャリパーとスケールでミリ単位で測りながら、ペンでデザインを描き、

デザインが完成したらブジーで二重のラインを押さえて、目を開けてみてもらいます(*‘ω‘ *)

そこで左右差やバランスを確認し、必要があれば修正し、

丁寧にデザインを完成させていきます

 

かかる時間は10分に及ぶことも。

院長がデザインに本当に納得するまで、

時には何度も何度も修正しながらデザインを完成させていきます

正直スタッフもここまでやるの!?|д゚)と驚いてしまうくらい

繊細で綿密なデザイン。

 

たかがデザイン、されどデザイン。

ここにも院長のこだわりが詰まっています

 

 

ポイントその2目の開き方チェック

手術が開始して瞼の脂肪や、筋組織などを探り、

露出した挙筋腱膜と瞼板に糸をかけていきます( ^ω^ )

(※当院の詳しい手術方法はこちらを見てください)

 

さあ、ここでも院長のこだわりです✧

挙筋腱膜に糸をかけたら、患者様に目を開けてもらいます

 

え!まだ傷も閉じていないのに??

 

そうなんです。

傷を閉じる前。

このタイミングでチェックすることで完成が違ってきます( ˘ω˘ )

 

チェックする内容は

・目が開きすぎではないか

・不自然な目元にならないか

・左右差がないか      など…

 

もし不具合があれば、糸をかける位置を調整し直します☆

 

この時にしっかり確認することでやり直しも利き、

手術後に変なバランスになる危険性も少なくなります

 

 

ポイントその3患者様の満足

手術を受けて頂いたあとは、1週間目の検診があり、抜糸をします

通常だと抜糸が終わるとすべてが終了するクリニックが多いです

でも、八事石坂クリニックはそれだけではありません

 

美容外科の手術は、ここからが大切なんです(`・ω・´)

経過を追っていくことで、

患者様がどれだけ満足されているか、それが見えてくるのです!

 

どういうことか…?

施術そのものがうまくできたかどうかはとても重要です。

でも、そんなのは当たり前の事なのです。

手術をした結果、その患者様が「やってよかった」と思う、

「満足できているか」が大口院長が求めているゴールなんです😊

 

これは目の手術に限らず、全ての手術でもそう。

 

月ごとや、年を追って見させていただくこともしばしば。

大口院長はそれだけ患者様の思いに応えようとしています

 

 

 

さて、今回は目の手術について院長の凄さをご紹介しました

大口院長、すごくないですか!?

 

皆さんが満足して「ここで手術してよかった」と

本気で思えるよう、サポートさせていただきます( ^ω^ )

 

カウンセリングのご予約はお気軽にどうぞ♬

curon(クロン)遠隔診療の方でも承っておりますので、ご利用ください✧

皆さんのお越し、お待ちいたしております( ^ω^ )💗

 


八事石坂クリニック

052-861-1929(八事院)

052-589-1382(名古屋駅前院)

定休日:水曜日・日曜日・祝日

受付時間:9:30~18:30まで

#八事石坂クリニック #美容整形 #美容外科 #大口春雄

#二重術 #目の手術 #究極シリーズ

カウンセリングのお申し込み


先頭へ