問合せ

電話

スタッフブログ

八事石坂クリニック > スタッフブログ > 美肌治療 > 肝斑がある方のお肌治療

肝斑がある方のお肌治療

こんにちは、八事院ナースです(*’ω’*)

30歳をこえるとお肌も色々と悩みが出てきます

いま30代半ばの方で「若い頃から紫外線対策をしっかりやってきた」という方はそこまで多くはない?と思っているのは私だけでしょうか…(。´・ω・)?

実際に私が学生の頃は、美白というよりコギャルブームだったので、肌の色を黒く焼いたり、日に焼けることに対して抵抗がなかったように感じます。

もちろん当時からちゃんと先のことを考えて美白を維持していた方もいましたけどね

案の定、30歳越えたら出てきましたよ、シミが

それもただのシミだけでなく肝斑も((+_+))

 

肝斑は30歳~50歳代に多くみられるシミで、主に頬に左右対称にできるモヤっとしたくすみのこと

女性モルモンバランスの乱れによって生じるものなので、男性や若い女性の方にはみられない症状です。

肝斑は閉経したら徐々に薄くなると言われていますが、人によっては数年かかる場合もあります。

 

お顔のシミにはいくつか種類があり、混在しているケースが多いです٩( ”ω” )و

私の場合は、肝斑の上に老人性色素斑という濃い色味で輪郭が比較的はっきりしているシミが重なっています。

老人性色素斑は主に紫外線の影響で出てくるシミ。

効果的な治療法としては光治療を何回か受けると少しずつ薄くなります

私も実際にライムライトを照射して随分キレイになりました

ただ注意しないといけないのは、肝斑の症状がはっきりと出ている人(くすみが強い場合)はライムライトを照射することで、反対に濃くなってしまう可能性が高いということ

 

当院では肝斑がある方はまずは肝斑の治療をして、くすみが落ち着いてきたらレーザーを照射することをお勧めしています。

肝斑の治療法として一番は、トランサミンというお薬の内服です。

この薬を飲んで1ヶ月ほど様子をみると、肝斑のくすみは少しずつ薄くなってくるはず ( *´艸`)

薬を飲むのを止めてしまうと肝斑はまた濃くなってきます

トランサミン内服をしつつ、さらにトーニングというレーザーで肝斑治療をする場合もあります。

トーニングは薄いシミや色むら改善、肝斑の治療にも用いるレーザーです

内服を継続して、肝斑のくすみを抑えている間に、肝斑の上に重なっているシミに対して治療をしていきましょう

 

みなさんそれぞれシミの種類やお肌の状態は異なりますので、全員が同じ治療になるとは限りません(`・ω・´)

八事院はたくさんのレーザーを取り揃えています(*^^*)

その方にあった治療法をご提案しますので、まずはお気軽にご相談くださいね

 

 

#八事石坂クリニック #名古屋市天白区 #ナースブログ

#美容クリニック #美容皮膚科 #シミ #くすみ

#老人性色素斑 #肝斑 #ライムライト #トーニング


八事石坂クリニック
八事院 052-861-1929
名古屋駅前院 052-589-1382
定休日:日曜日・祝日
受付時間:9:30~18:30

 

 

 

 

 

カウンセリングのお申し込み


先頭へ