問合せ

電話

スタッフブログ

そのシミ…肝斑!?

こんにちは!!

八事院ナースです (*´з`)

 

毎日鏡をみていると、シミやしわ等いろいろ気になってきませんか?

私も顔に点在する細かなシミが気になって仕方ないです

昔はなかったのに紫外線を浴びたせいか濃くなってきたシミもあったり…

若い頃に日焼け対策をしっかりとしていなかったせいだと反省してます(◞‸◟)

 

シミにもいくつか種類がありますが、みなさんの中にはこういったシミがある方はいませんか??

両頬にあるシミは肝斑と呼ばれるものです。

上のお写真は比較的はっきりと濃くみえますが、うっすらぼんやりとくすんでいるシミも肝斑といいます。

肝斑特徴

左右対称にほぼ同じ形、大きさ

輪郭がはっきりしない形、もやっとしている

とくに頬骨のあたりに現れる(額や口角付近にみられることもあり)

主に30歳~50歳代の女性に多くみられる(閉経後は数年で薄くなるといわれています)

原因

女性ホルモンバランスの乱れ ⇒ 妊娠、避妊薬(ピル等)の服用、閉経前後

物理的な刺激 ⇒ フェイスマッサージ、レーザー照射での刺激

紫外線

治療方法

トランサミン(トラネキサム酸)+ ビタミンCの服用が効果的(”ω”)ノ

トラネキサム酸:本来止血剤として処方される薬。美白効果のある抗プラスミン薬として知られています。

ビタミンC:メラニン色素の生成を抑える効果があり、沈着したメラニン色素も分解。

 

通常初めの1~2ヶ月で少し効果がみられ、その後ゆっくりシミが薄くなります。

内服半年を過ぎるとくすみが改善し、お肌も白くなっていく方が多いです。

ただし、飲み忘れがあったり内服をやめてしまうと再発してしまいます

副作用で血栓症のリスクがあるといわれているため、当院ではピル服用中の方、血液の流れを良くする薬や止血剤を治療で服用されている方へも処方はできません

 

トランサミンを内服する容量も一般的に保険診療で処方される1日750mgでは肝斑の症状を抑えられないかもしれません。

当院では肝斑の方には倍量の1日1500mgを処方しています(*´ω`*)

肝斑ではなくてもシミやくすみが気になる方は飲んで頂いて大丈夫

私もシミのレーザー治療と併用して飲んでいますよ

そうすることでシミ予防とお肌の透明感UPを目指しています

 

自分お肌のシミは何だろうって気になる方、まずは一度ご相談にきてくださいね

 

#名古屋市天白区 #八事石坂クリニック #ナースブログ

#しみ #くすみ #肝斑 #トランサミン #ビタミンC

八事石坂クリニック
八事院 052-861-1929
名古屋駅前院 052-589-1382
定休日:水曜日・日曜日・祝日
受付時間:9:30~18:30

カウンセリングのお申し込み


先頭へ