予約

電話

スタッフブログ

目の下のクマ治療

こんにちは、八事院ナースですヽ(^o^)丿

最近当院で多い手術は「目の下の脱脂」

それはどういう手術?という人のために…

簡単にいうと、目の下のクマ(脂肪の膨らみ)を取る手術です

 

クマにもいくつか種類がありますが、手術適応なのは黒クマと呼ばれるもの。影グマともいいます。

鏡をみてください

目の下に影はありませんか?

「寝不足だったからクマができたんだな」と思い込んでいませんか??

その目元の影は、寝不足が原因のクマではないかもしれません。

ゆっくり休んだり、目元を温めても影が取れない場合は、目元のたるみが始まっている老化のサインです

 

下まぶたがたるむ原因は??

加齢によって目元の皮膚や筋肉がたるみ始めることに加え、重力や眼球の重みが加わることで

下まぶたの眼窩内脂肪が前下方に押し出されてきます。

すると下まぶたの涙袋の下の膨らみ(目袋)が目立ってきます。

まさにこのような感じ⇩

下眼瞼脱脂術の術前・切開・脂肪除去・術後イメージ

下まぶたのたるみは、程度に差はあれど誰にでも現れる老化現象ですが、

放っておくと症状はどんどん悪化していきます

先日、たるみに悩む患者様がこのようにおっしゃっていました。

「疲れてないのに、人から疲れてるでしょ?って言われるからイラっとする…

下まぶたがたるんでいると、どうしても人から疲れている印象をうけてしまいがち

 

目の下のたるみも軽度であったり、青クマと呼ばれる血行不良のものであれば、

レーザー系、熱を加える治療でまだ改善が見込めるかもしれませんが、

上記画像くらいの膨らみがある場合はおそらく手術適応になります。

 

下まぶたのたるみ取りは、まだ症状が軽い場合は皮膚の外側を切開するのではなく、

下まぶたの裏側の結膜からアプローチして脂肪を取りだすことができます(下眼瞼脱脂術)

つまり傷痕が見えないということ!!

ただし、手術なので腫れや内出血は生じます (>_<)

 

以下が脱脂術をされた方の症例写真です

目の下の膨らみが綺麗になっていますよね

脱脂の手術は八事院でも行っております

八事院での脱脂術は、形成外科の専門医であり、

また美容の部門でも豊富な経験を持つ八事院院長が手術を担当しております。

目元の手術をご検討されている方は、ぜひ一度カウンセリングにおこしください٩( ”ω” )و

※Drカウンセリング料として3,300円いただいております。

ご予約お待ちしております

 

下まぶたたるみ取りについて詳細はコチラ⇩

https://www.yagoishi.com/eye/lowerlid

 

#八事石坂クリニック #名古屋市天白区 #ナースブログ

#目の下クマ #黒クマ #影グマ

#手術 #脱脂 #下まぶたのたるみ取り


八事石坂クリニック

八事院 052-861-1929

名古屋駅前院 052-589-1382

定休日:日曜日・祝日

受付時間:9:30~18:30

 

カウンセリングのお申し込み


先頭へ