問合せ

電話

その他の施術

女性器形成・小陰唇縮小術

小陰唇縮小術のビフォーアフター

もともと個人差があるところですが、小陰唇が大きく、脚を閉じた状態でもはみ出ている状態を「小陰唇肥大」と言います。この症状は下着などに触れて擦れたりすると炎症を起こしたりすることがあります。

小陰唇縮小は、大きくなった余分な部分・黒く色素沈着した部分を切除し、小陰唇の色・形を小さくし形を整えます。小陰唇縮小術だけでは形を整えきれない場合は、同時に陰核(クリトリス)包茎術も行う場合があります。 陰核(クリトリス)が包皮という皮膚に覆われすぎていると、恥垢がたまって臭いの原因になったり、性交時に刺激を受けにくく不感症の原因にもなります。

切らない膣のアンチエイジング「サーミバー」の詳細

ピアス・ボディピアス穴あけ

ピアスを開ける際には、清潔な環境と専用の器具が用意されている医療機関を選ぶことが大切です。
クリニックでピアスを入れる場合は、事前のカウンセリングでピアスホールを開けたい箇所を確認後、専用のピアッシングガンを使用して穴を開けます。

耳の形成

耳形成の中で最も数の多いものは、立ち耳を治す手術です。

耳は耳たぶを除いて、一枚の軟骨が複雑に折れ曲がり形作られています。
この軟骨の後方への折れ曲がりが十分に形成されていない状態が立ち耳です。

耳の裏側を切開して手術を行いますが、傷はほとんどわからなくなります。
その他の症状もお気軽にご相談ください。

傷跡修正

手術の傷跡や交通事故、火傷の傷跡など目立つ傷跡を目立たなくする形成外科専門治療です。傷跡がまったく消えてなくなるというわけではありませんが、今の状態よりかなり目立たなくなります。

治療方法は麻酔後、小さな傷であれば傷より少し長めに切開し再度傷の部分をていねいに縫い合わせます。

  • 皮膚のしわに沿って縫縮
  • Z形成術
  • W形成術
  • 皮弁法など

カウンセリングのお申し込み


先頭へ