問合せ

電話

名古屋で団子鼻の整形をご検討の方へ

団子鼻の整形(鼻尖縮小術)なら名古屋の美容外科八事石坂クリニック

団子鼻の整形(鼻尖縮小術)とは

“団子鼻”の整形「鼻尖縮小術」とは、鼻尖を小さくする手術のことです。
方法としては、鼻尖の皮下組織をできるだけ薄くして、左右の鼻翼軟骨を細くさせつつ一部を寄せて鼻尖の幅を狭くします。

1つ注意が必要なのが、このときに鼻の皮膚が縦方向に余るということです。
鼻の皮膚は「分厚いので縮まりにくい」「余っている皮膚を切除することが難しい」という特徴があります。
そのため余った皮膚を切り取れない場合は、鼻を高くするか、長くして、つじつまを合わせます。
つまり、鼻が短くて“団子鼻”の人は高く長くして鼻尖縮小することで形がよくなりますが、もともと鼻が長くて高い“団子鼻”の人で、皮膚も分厚い人は治しにくいのです。

団子鼻・鼻先の整形における当院のこだわり

西洋人に比べて鼻先の皮膚が肉厚で丸い、いわゆる「団子鼻」が多いのが日本人を含めたアジア圏の人たちの鼻の特徴です。このため、とにかくスッとした小さな鼻先にしたい…と漠然と考えて手術を望まれる方が多くいらっしゃいます。

しかし、丸い鼻を小さくするために「鼻尖縮小術」のみを受けるとなると、満足のいく結果を出すのがなかなか難しくなります。

具体的には、正面から見て丸い鼻尖(鼻先)が、縦に長い楕円形の鼻尖になることで、鼻の皮膚が縦方向に余るため、横から見ると洗濯挟みで摘んだような鼻先、いわゆるピンチノーズになりやすいのです。
また、鼻先全体が上を向いてしまい、鼻の穴が正面から丸見えになるなどのリスクもあります。

そこで八事石坂クリニックでは、団子鼻の整形や鼻先の手術の際に以下の施術を組み合わせて、正面と横顔でギャップのない、自然でいながらすっきりした鼻先に仕上げることにこだわっています。

鼻柱を持ち上げる

鼻柱を持ち上げる

鼻先の手術でいちばん大切なことは、図のようにAのラインとBのラインの切り替え点(ラインブレイク)を必ず作ることです。これが鼻先を丸く厚ぼったく見せないコツです。

Aのラインはできるだけストレートに長く、そしてBのラインで鼻先を持ち上げるようにすると、自然な鼻先が出来上がります。


鼻先のやや上の部位のふくらみをなくす

Aのラインをストレートにするためには、鼻尖縮小術で鼻先のやや上の部位あたりのふくらみをなくすことが必要となります。そうすることで、俗にいう「団子鼻」のイメージをなくし、鼻筋が長くて鼻先まで通っているように見えるようになります。

一般的に、左右にある鼻翼軟骨を中央に引き寄せるのが鼻尖縮小術だと誤解されがちですが、実は鼻尖縮小術の最終的な目的は、鼻先のやや上の部位のふくらみを抑えて、鼻筋が「鼻先まで通って見える」ようにすっきりさせることです。その結果すっきりした「鼻先」が自然にできあがります。


鼻背をストレートにする

鼻背をストレートにする
鼻背をストレートにする

Aのラインをできるだけストレートになだらかにするためにはもう一つ、鼻背のラインが重要です。ですから、この鼻背にコブ状の突起がある場合は、削る手術を施してストレートにします(図の①)。

また眉間からのラインもできるだけ途中で途切れさせず、なだらかにまっすぐに鼻先へと繋がるよう調整を行います(図の②)。

さらに、この鼻背をストレートにするときに、ほんの少し“反った”ラインに仕上げると、鼻先のツンとした尖りが強調されてキュートな印象に仕上がります(図の③)。


鼻先を反らせる

鼻全体のバランスを考えるときには鼻先がいちばん高くなっていることが重要ですが、すでに鼻背が高い場合は、結果的に鼻先が不自然に高くなってしまいます。ですから、鼻背の高さをできるだけ抑えてあげることが、よりナチュラルな仕上がりのために重要になります。

「鼻背を高くするだけ」の従来の手術(プロテーゼ挿入術、隆鼻術)では逆の結果、つまり大きくてもっさりした鼻になってしまう恐れがあります。

場合によっては、鼻背を削るなどの手術で鼻背の高さを抑えることで、バランスのとれた自然な高さの鼻先を作ることができます。

特に近年、食生活から骨格が変化して高くなってきた若い日本人の鼻には、こういった発想の転換が必要になってきます。

八事石坂クリニック 総院長 大口 春雄

「鼻」の手術で特に難しいのは、目などの他の部位に比べて、患者さまご自身が“どんな鼻にしたいのか”という明確な答えを持って来院される方が少ないことです。

でも、例えばあなたが地方に住んでいるとして「東京へ行きたい」と考えた場合、ただ「東京へ行きたい」と思うだけでなく、どこから出発するのか、どんな交通手段で行くのか、最終的に東京のどこがゴールなのかを明確にしなければいつまでも辿り着くことはできません。

鼻の手術もまったく同じで、今の状態と、どんな鼻にしたいのか、ゴールはどんな鼻なのか、という答えを導き出さなければ“納得の行く鼻”には仕上がらないのです。
「ただ高くすることだけが鼻の手術ではない」ことを知っていただきたい…。

そのため八事石坂クリニックでは、カウンセリングに十分な時間を割き、患者さまと一緒に考えながら、ゴール(答え)が見える鼻の手術を行うことをモットーとしています。
これがあるからこそ、初めて手術を受けられる患者さまにも、他院での手術に「なりたかった鼻と違う…」といった不満をお持ちの患者さまにも、“納得していただける鼻作り”が可能となるのです。

団子鼻の整形の症例

団子鼻の整形の症例写真はこちら

団子鼻の整形の施術料金

診療内容 料金(税抜)
鼻尖縮小術 ¥300,000

その他の鼻の整形の料金はこちら

カウンセリングのお申し込み


先頭へ