問合せ

電話

名古屋で脇脱毛をご検討の方へ

名古屋で脇脱毛をご検討の方へ

脇の医療脱毛は他の方法とどう違う?

医療脱毛と脱毛サロンの違い

脇毛の処理は、ほとんどの女性がしているものです。
いまでは女性だけでなく、男性にも広まりつつあります。

脇毛の処理にはさまざまな方法がありますが、大きく分けると、カミソリや毛抜きを使った自己処理と、脱毛サロンでの脇脱毛、医療機関での脇脱毛に分けられます。

ここでは医療脱毛と他の方法の違いについて解説します。
自己処理や脱毛サロンでの脇脱毛は、医療脱毛に比べて安価でお手軽なイメージがあるかもしれません。
でも、医療脱毛には他の方法にはないさまざまなメリットがあるのです。


医療脱毛なら永久脱毛ができる

医療脱毛がほかの脱毛と違う点は「永久脱毛できる唯一の方法」だという点です。
永久脱毛とは医療行為です。
そのため、医師または医師の監督下にある看護師が施術を行う医療脱毛でしか永久脱毛はできません。

家庭用脱毛器や脱毛サロンでも永久脱毛ができると聞いたことがあるかもしれませんが、これは間違いです。
家庭用脱毛器や脱毛サロンで使用する脱毛機は、医療脱毛で使用するレーザー脱毛機に比べて照射のエネルギーが弱く、毛根を破壊するほどのパワーがありません。
そのため、一時的な減毛効果しかなく、時間が経つと再び毛が生えてきてしまいます。

脇は全身の中でもムダ毛処理の頻度が高い場所なので、医療脱毛で永久脱毛をするメリットは大きいと言えるでしょう。


医療脱毛は少ない回数で終わる

医療脱毛であれば、永久脱毛ができる上、少ない回数で終わるというメリットがあります。

カミソリやシェーバー、毛抜き、家庭用脱毛器などを使った自己処理には永久脱毛の効果はなく、時間が経てばすぐに毛が生えてきてしまいます。
そのため、こまめな自己処理を一生続けなければなりません。
脱毛サロンで脱毛する場合でも、減毛効果が出るまでには20回前後の照射と約3年の期間を要します。

一方、医療レーザー脱毛であれば5〜6回の照射で永久脱毛できる上、期間も約1年ですみます。
ほかの方法に比べて圧倒的に少ない回数で、しかも短期間で脱毛することができるのです。
脱毛に要する時間や手間をできるだけ省きたいなら、医療機関での脇脱毛がおすすめです。


ツルスベ美肌の綺麗な脇の下へ

ツルスベ美肌の綺麗な脇の下へ

医療レーザー脱毛には、肌をきれいにする効果もあります。

脇の黒ずみやブツブツに悩んでいる方は少なくありませんが、これらはカミソリや毛抜きを使った自己処理が主な原因です。
カミソリで自己処理すると角質が傷つき、肌のバリア機能が低下します。
その結果、肌を守るためにメラニン色素が生成されて色素沈着が起き、肌が黒ずんで見えるようになります。
また、毛抜きで脇のムダ毛を抜くと、毛穴だけでなく周囲の皮膚も傷つけます。
これを繰り返していると毛穴がふさがれ、毛が皮膚の下に埋まる「埋没毛」を引き起こします。
脇の下にできた黒いブツブツは、埋没毛であることが多いです。

医療レーザー脱毛は、毛根からムダ毛を除去できるため、毛穴を引き締める効果も期待できます。
毛穴が引き締まることで肌のキメが整い、ハリも生まれることから、結果として美肌効果も期待できます。

脇脱毛は
信頼できる美容皮膚科へ

脱毛とは本来医療行為です。
サロンで脇脱毛した場合、施術を行うのは医療資格を持たないエステティシャンのため、万が一肌トラブルが発生しても適切な処置ができません。
クリニックの脱毛であれば、医師または医師の監督下にある看護師が施術を行うため、ヤケドなどの肌トラブルが万が一起こってしまった場合でも、適切な対処が可能です。

また、医療脱毛は脱毛サロンに比べると一見高額に見えますが、短期間で永久脱毛できることを考えると、結果的にはお得な場合もあります。

八事石坂クリニックの
脇脱毛へのこだわり

八事石坂クリニック医師・スタッフ

「美容皮膚科の医療レーザー脱毛ならどこも同じ」というのは大きな間違いです。
脇脱毛で使用する脱毛機や医師の技術力、経験値などによって、脱毛効果や痛みの感じ方には大きな差が出ます。
八事石坂クリニックでは、高い医療技術と豊富な経験をもつ医師がこだわりの機器を用いて施術を行っているため、効果が高くて痛みの少ない脇脱毛が可能です。


痛みを抑えた医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛機「ジェントルMax Pro」

脇のような毛が太く皮膚の薄い部位は、全身の中でも特に脱毛時に痛みを感じやすい傾向があります。
そのため、痛みが少ない脱毛機を採用しているクリニックで脇脱毛するのがおすすめです。

八事石坂クリニックでは痛みの少なさにこだわり、米キャンデラ社が開発した医療用レーザー「ジェントルMAX pro」という脱毛機を用いて脇脱毛をしています。
このジェントルMAX proは冷却装置がついており、レーザーと同時に出る冷却ガスが脱毛時の痛みを軽減してくれます。

脱毛時にはごくわずかな痛みしか感じない方がほとんどですが、痛みに敏感な患者さまの場合は麻酔クリームの使用も可能なため、痛みに弱い方でも安心して施術をお受けいただけます。(麻酔は別料金となります)


黒ずみがある肌にも対応

基本的に医療レーザーはメラニン色素(黒い色)に反応する性質を持っています。
レーザーが反応してヤケドを起こすリスクがあるため、従来の医療レーザーでは、色素沈着による黒ずみがある肌への照射はできませんでした。

最新医療レーザー脱毛機ジェントルMAX proは、色素沈着による黒ずみがある肌でも脱毛が可能です。
その理由は、「アレキサンドライトレーザー」と「YAGレーザー」という2種類のレーザーを搭載している点にあります。
アレキサンドライトレーザーはメラニン色素に強く反応するため、太くて黒い毛の脱毛に適しています。
一方、YAGレーザーは表皮のメラニン色素にはあまり反応しないため、色素沈着による黒ずみがある肌への照射が可能です。

八事石坂クリニックでは熟練のスタッフが、肌の状態を確認した上で適切な治療を行っています。
黒ずみなどが理由で他のクリニックでは断られてしまった方も、まずは八事石坂クリニックへご相談ください。

脇脱毛の流れ

STEP 1 ご予約

まずは、お電話・WEBよりお気軽にお問い合わせください。
WEBでご予約いただく場合は、当サイトの「初診専用フォーム」からお問い合わせください。

STEP 2 カウンセリング

カウンセリングでは、患者さまお一人おひとりのご希望を伺った上で、使用するレーザー脱毛機、レーザー脱毛のメカニズム、料金などについても詳しく説明いたします。
脇脱毛について、疑問や不安がありましたら何でもお聞きください。

STEP 3 剃毛

脱毛の施術前には、照射部位の毛を剃毛しておく必要があります。
ご来院前にあらかじめご自宅で済ませておいてください。剃り残しがあった際にはクリニックでスタッフが対応することも可能です。(剃毛料:1部位540円)

STEP 4 レーザー照射

対象の部位にレーザーを照射します。
照射前には、痛みの強さをテスト照射でご確認いただくこともできます。
なお、オプションで麻酔クリーム(有料)を使用することもできます。
痛みが不安な方もご安心ください。

STEP 5 アフターケア

施術の終了後に、脱毛した部位のアフターケアについてご説明します。

女性の脇脱毛の料金表

部位 1回料金 1クール(5回)
わき ¥5,000 ¥20,000

脇脱毛のよくある質問

Q

脇脱毛をすると、脇汗が増えるって本当ですか?

A

脇脱毛しても、脇汗が増えるということはありません。
汗の量が増えたと感じる場合は、脱毛するまでは毛に付着していた汗が、脇毛がなくなったことで肌に流れやすくなったためだと考えられます。

Q

脇脱毛をすると脇のニオイが軽減されるって本当ですか?

A

軽減されるケースもあります。
脇はもともと雑菌が繁殖しやすい場所で、脇毛にためこんだ汗はニオイの元となります。
脇脱毛すると雑菌の繁殖が抑えられ、ニオイが軽減します。

Q

施術後の入浴は可能でしょうか?

A

施術当日はシャワーのみで、湯船につかることはお控えください。
湯船に浸かって体温が上昇すると、脱毛した箇所に赤みやほてりといった軽いヤケドのような症状が現れる可能性があるからです。

Q

リスクや副作用について教えてください。

A

赤みやほてり、痛み(ヒリヒリ感)が出る場合がありますが、数日で治まります。
ごくまれに、ヤケドの恐れがあります。
上記の症状が長引くにはご連絡、ご相談ください。

カウンセリングのお申し込み


先頭へ