問合せ

電話

名古屋で上まぶたのたるみ取りをご検討の方へ

上まぶたのたるみ取り(上眼瞼リフト・眉下皮膚切開術)なら名古屋の美容外科八事石坂クリニック

上まぶたのたるみについて

一口に上まぶたのたるみといっても、その原因には上まぶたの皮膚の余剰ばかりでなく、眉毛の下垂、まぶたの下垂などによっても見かけ上「上まぶたのたるみ」が起きることがあります。

ご自身の上まぶたのたるみに当てはまるものに応じて、下記の治療が適応となります。

  • 眉毛が下垂している → 前額フェイスリフトが適応です
  • 眼瞼下垂がみられる → 眼瞼下垂術が必要になります
  • 上まぶたの皮膚が余っている場合は、2つの方法があります
    → 埋没法切開法によって二重を作る方法
    → 皮膚を切除する方法(これより下の部分でご紹介いたします)

上まぶたのたるみ取り(上眼瞼リフト)の術式について

上まぶたの皮膚を切除してたるみを取る方法として、八事石坂クリニックでは上眼瞼リフト(眉下皮膚切開術)を行っています。

眉毛のはえ際に沿って上まぶたの皮膚を切除します。幅は5~8mmぐらいが標準です。
縫った糸は1週間後に抜糸します。個人差はありますが、1~2週間ほど腫れが出ることがあります。
傷跡は3~6ヶ月で目立たなくなりますが、眉を描くなどの化粧をすれば抜糸後からそれほど目立たないものです。

上眼瞼リフト(眉下皮膚切開術)の術前
術前
上眼瞼リフト(眉下皮膚切開術)の皮膚の切除範囲
切除
上眼瞼リフト(眉下皮膚切開術)の縫合後
縫合
  • 自然な感じでたるみを取ることができる
  • たるみで狭くなった二重の幅を広げることもできる
  • 手術前に想定していた以上の結果になることがないため、
    「術後の仕上がりの取り返しがつかなくて困った」といったことはまずない

といったポイントが、上眼瞼リフト(眉下皮膚切開術)の利点です。

逆にいえば、「大幅にたるみをとって、見た目の雰囲気を変えたい」という人には少し物足りない結果になることもあります。
たるみと一緒にまぶたの腫れぼったさを取りたい人には、上眼瞼リフトと同時にまぶたの脂肪除去(隔膜前脂肪切除)を行うこともできます。

1点、上まぶたのたるみを取る施術の場合で注意すべきことがあります。 二重のラインに沿って切開してしまうと、図のように治療後に二重のラインがきつくなり、わざとらしい二重になることがあるということです。
自然な上まぶたのたるみ取りを希望される方は、「上眼瞼リフト(眉下皮膚切開術)」をおすすめします。

上眼瞼リフト(眉下皮膚切開術)の術前
術前
上まぶたのたるみ取りで不自然になった二重イメージ
術後(くっきり二重)

上まぶたのたるみ取りの症例

二重整形・目元整形の症例写真(術後)
術前
二重整形・目元整形の症例写真(術後2か月)
術後2か月
二重整形・目元整形の症例写真(術前)
術前
二重整形・目元整形の症例写真(術後2か月)
術後2か月

腫れぼったいまぶたをすっきりしたい、二重を少し広げたい、というご希望でまぶたの脂肪除去(隔膜前脂肪切除)と上まぶたのたるみ取り(眉下皮膚切開術)を行いました。
微妙なまぶたの厚みの違いがわかるでしょうか?
隔膜前脂肪切除の効果は、術後4ヶ月ぐらいの経過観察が必要です。

二重整形・目元整形の症例写真はこちら

上まぶたのたるみ取りの施術料金

診療内容 料金(税抜)
上眼瞼リフト ¥300,000

その他の目元整形の料金はこちら

上まぶたのたるみ取りのリスク・副作用

十分な安全対策と細心の注意を払い手術を行っておりますが、手術をご希望の方はリスクについてもご理解の上ご検討ください。
上まぶたのたるみ取りには、だるさ・熱感・頭痛・蕁麻疹・痒み・むくみ・発熱・咳・冷や汗・胸痛・アナフィラキシーショック・呼吸困難、目がゴロゴロする、下がり方に左右差があると感じる、目が乾燥する、違和感を感じるなどを生じることがあります。
手術後の検診も行っておりますので、気になる点がございましたらご相談ください。

カウンセリングのお申し込み


先頭へ