問合せ

電話

名古屋でまぶたの脂肪除去をご検討の方へ

まぶたの脂肪除去(隔膜前脂肪切除)なら名古屋の美容外科八事石坂クリニック

まぶたの腫れの原因

分厚いまぶた・腫れぼったいまぶたのために、「目元が重い」「目つきが悪く見える」「一重や奥二重になる」といったことにお悩みの方が多くいらっしゃいます。 まぶたが腫れぼったくなってしまう原因としては、主に以下の要素が考えられます。

  • 皮膚そのものの厚み
  • 眼輪筋の肥厚
  • 脂肪過多
  • 浮腫
  • 眼球突出

これらの中で手術によって治せるのは、脂肪過多です。

まぶたの脂肪には浅い部分の脂肪と深い部分の脂肪があり、2つには明らかに違いがあります。

  • 浅い部分の脂肪・・・線維組織が豊富でややかたい脂肪(隔膜前脂肪
  • 深い部分の脂肪・・・ほとんどがやわらかい脂肪でできていて、薄い膜でおおわれている(眼窩脂肪

まぶたの脂肪除去の術式について

まぶたの脂肪には2つの種類、浅い部分の「隔膜前脂肪」と深い部分の「眼窩脂肪」があるとご紹介しました。
クリニックで受けられるまぶたの脂肪除去も、どちらの脂肪を除去するかで施術が分かれており、効果の出方が変わってきます。

まぶたのまつ毛寄りがすっきりする「眼窩脂肪除去」

まぶたの脂肪除去として一般のクリニックでよく行われているのは「眼窩脂肪切除」であり、この手術によって上まぶたの中央まつげ寄りの部分の腫れぼったさが改善されます。
まぶたから脂肪を切除するのに大きな切開創は必要なく、埋没法と同時に行われることが多い手術です。


まぶたの眉毛付近がすっきりする「隔膜前脂肪除去」

八事石坂クリニックで行っている「隔膜前脂肪切除」はあまり一般的でなく、この手術の名前を聞かれた人もほとんどないと思われます。
隔膜前脂肪切除」は、どちらかといえば上まぶたの眉毛に近い部分の腫れぼったさ改善に効果を発揮します。
この手術は「眼窩脂肪除去」と比べると大きな切開創を必要とするため、二重切開法(切開式重瞼術)や眉下切開創を必要とする手術と同時に行う場合がほとんどです。

まぶたの脂肪除去(隔膜前脂肪除去)の術前
図1
まぶたの脂肪除去(隔膜前脂肪除去)の術式 1
図2
まぶたの脂肪除去(隔膜前脂肪除去)の術式 2
図3
まぶたの脂肪除去(隔膜前脂肪除去)の術後
図4

隔膜前脂肪の多い人は、図1のようにまぶたの外側が腫れぼったい印象になります。
この脂肪を除去する「隔膜前脂肪除去」は二重切開法と同時に行うことがほとんどですが、図2~3のように眼輪筋と隔膜の間に脂肪組織と結合組織が混在しています。
これを切除することで、腫れぼったいまぶたをすっきりさせることができます。(図4)

術後に血腫予防のため、ドレーンを入れることがありますが翌日には抜きます。 腫れは丁寧に手術をすれば1週間でおさまります。

こんな方に向いています

もともとまぶた全体が腫れぼったい方はもちろん、過去に二重整形を受けた際にまぶたが厚く見えるようになってしまった方に向いています。
特に、眉尻・眉頭付近をすっきりさせたい方におすすめです。

また、まぶたの内側(鼻寄り)のところに脂肪がついていて、目と目の間がなんとなく平べったい感じが気になる人で、鼻はそれほど高くしたくないという場合には、「隔膜前脂肪除去」を併用することでやや堀が深い感じを出すことができます。

八事石坂クリニック 総院長 大口 春雄

隔膜前脂肪除去を解剖学的に正しく行うのは難しく、経験の浅い美容外科医にはできません。

この手術で脂肪を取り過ぎるとまぶたが落ちくぼんだ感じになり、老けたイメージになってしまいます。
また術後は二重ラインが乱れることがありますので、私はまぶたの中央部分の脂肪はあえて少し残すようにしています。

当院では、二重や目元整形のそれぞれの手術法の長所・短所と、患者さまの希望する仕上がりや体質などを総合的に判断し、お一人おひとりに合わせた施術をご提案いたします。

まぶたの脂肪除去(隔膜前脂肪切除)の症例

まぶたの脂肪除去の症例写真はこちら

まぶたの脂肪除去(隔膜前脂肪切除)の施術料金

診療内容 料金(税抜)
上眼瞼隔膜前脂肪切除 ¥300,000

その他の目元整形の料金はこちら

カウンセリングのお申し込み


先頭へ