問合せ

電話

名古屋で目頭切開をご検討の方へ

目頭切開なら名古屋の美容外科八事石坂クリニック

目頭切開・目頭手術とは

目頭切開は目を内側に広げる手術のことで、「目と目の距離が離れている」「目を大きく見せたい」といったお悩みにおすすめです。
目が離れていると子供っぽい童顔に見られやすいため、目頭切開を受けると大人っぽい印象の目元にもなります
また、鼻根部(目と目の間の鼻の部分)が低いと目が離れて見えがちですが、この場合は鼻を高くする手術のほうが効果的な場合もあります。

目と目の距離の標準は、一口に何ミリというのは難しいのですが、日本人は34mmぐらいが適当な目頭間の距離だといわれています。
これ以上離れている場合は、目と目の間が離れて見える可能性があり、逆に30mm以下になるとかなり不自然な顔になりがちです。

目頭切開を受けると、両目の幅が思ったよりも寄ることがあります。
目頭切開で術後に物足りないと感じる人より、寄りすぎたと感じる人のほうが圧倒的に多いのも事実です。したがって目頭を元に戻す修正手術を希望される方も数多くおられます

目頭切開の術式について

目頭切開W法(内田法)

従来から行われている術式として「目頭切開W法(内田法)」が有名です。W法は効果が大きく、先天的な眼瞼狭小症に用いられます。
蒙古ひだが若干目立っていて、これを美容的に少し切りたいという人にW法を行うと、過剰な効果が出てしまうことがあります。
またW法の場合、皮膚をかなり切り取るためもとに戻すことが困難になります。場合によっては修正が不可能なこともあります。


目頭切開Z法(変形Z形成術)

「目頭切開Z法(変形Z形成術)」は切り取る皮膚の量がほとんどなく、仕上がりが自然でもとに戻すことも場合によっては可能です。
またこの術式であれば、傷跡もあまり目立たないといった利点もあります。

目頭切開の術前
図1
目頭切開の切開範囲
図2
目頭切開の縫合
図3
目頭切開の術後
図4

目頭切開Z法の手順としては、まず図1のように「Z」のような切開するラインをデザインします。
続いて図2のようにデザインにそって皮膚切開します。そして図3のように切開した蒙古ひだの部分を皮弁とし、それを切開した横の部分に移動させて縫合します。
縫合終了時には図4のような状態になり、蒙古ひだがなくなって目頭が広がります。

目頭切開の修正手術(もうこひだ形成)

もうこひだ形成は、上まぶたの内側から目頭にかけてを覆っている皮膚(もうこひだ)を作り出す施術です。

もうこひだを切除する目頭切開の対極の施術ともいえます。ですので、目頭切開の修正を希望する患者さまに適応があります
また、生まれつきもうこひだが発達してない方にも、もうこひだを作り出すことが可能です。

もうこひだ形成の術式について

もうこひだ形成は目頭切開の対極であるとご紹介いたしましたが、術式についても目頭切開のZ形成術の逆の工程を行うため、「逆Z法」とも呼ばれています。

もうこひだ形成の施術では、まず図1のように「Z」を裏返したような切開ラインをデザインします。
切開してできた上方の三角弁を完全に起こし、真ん中で二つに折ってひだを作ります。(図2、3) そしてそのひだを下方の切開創に表と裏を丁寧に縫っていきます。(図4)
もうこひだ形成では、新たに作ったもうこひだが術後に少し後戻りしますので、これを計算に入れて大きめの三角弁を作ります。

もうこひだ形成の術前
図1
もうこひだ形成の切開範囲
図2
もうこひだ形成の縫合
図3
もうこひだ形成の術後
図4

目頭切開の症例

目頭切開の症例写真はこちら

目頭切開の施術料金

診療内容 料金(税抜)
目頭切開術 ¥250,000
もうこひだ形成術(目頭切開修正) ¥400,000

その他の目元整形の料金はこちら

カウンセリングのお申し込み


先頭へ