問合せ

電話

名古屋で下まぶたのたるみ取りをご検討の方へ

下まぶたのたるみ取り(下眼瞼脱脂術・下眼瞼切開)

下まぶたのたるみの原因

下まぶたのたるみは、加齢による老化現象が大きな原因です。
加齢によって目もとの皮膚や筋肉がたるみ始めることに加え、重力や眼球の重みが加わることで下まぶたの眼窩脂肪が前下方に押し出されてきます。

すると下まぶたの涙袋の下のふくらみ(目袋)が目立ってきます。また、眼球を中心にドーナツ状に目を囲んでいる「眼輪筋」の緊張も低下することから、目元のハリも失われてきます。

このように下まぶたのたるみは、程度に差はあれど誰にでも現れる老化現象です。
それだけに、下まぶたのたるみを改善することで見た目年齢を大きく若返らせることができます。

下まぶたのたるみ取りの術式について

八事石坂クリニックでは、下まぶたのたるみ取りとして2つの施術をご用意しております。

目袋を除去する下眼瞼脱脂術(経結膜法)

下まぶたの裏側の結膜からアプローチし眼窩脂肪を切除することで、下まぶた(特に目袋)のふくらみによるたるみを改善する施術です。

下眼瞼脱脂術の術前・切開・脂肪除去・術後イメージ
術前
下眼瞼脱脂術の術前・切開・脂肪除去・術後イメージ
結膜を切開
下眼瞼脱脂術の術前・切開・脂肪除去・術後イメージ
脂肪を切除
下眼瞼脱脂術の術前・切開・脂肪除去・術後イメージ
術後
下眼瞼脱脂術の術前 正面
下眼瞼脱脂術の術前 断面
下眼瞼脱脂術の脂肪除去
下眼瞼脱脂術の術後

この方法の利点は、下まぶたの表面に傷がつかないことです。
したがって術後の下眼瞼外反※がおこりません。
下眼瞼脱脂術(経結膜法)の治療後に目の下の小じわが気になる方には、PRP注入療法をご提案する場合もございます。

※下まぶたが外側にめくれ、あかんべーをしたようにまぶたの裏の赤い部分がいつも見えてしまう状態


下まぶたのたるみ・しわを切除する下眼瞼切開

下まぶたのまつげの付け根にそって切開します。 目尻をこえて1~2cm外側まで切ることが多いのですが、しわ(いわゆるカラスの足跡)にそって切るので傷跡はそれほど目立ちません。

下眼瞼切開による下まぶたのたるみ取りには、皮膚だけはがす「皮弁法」と眼輪筋まで一緒にはがす「筋皮弁法」がありますが、八事石坂クリニックでは「筋皮弁法」を採用しています。

皮膚だけはがして伸ばす「皮弁法」は、皮膚そのもののしわを改善するのに用いますが、こじわ・ちりめんじわには無効ですし、下まぶたのたるみ取りの最大の合併症である「下眼瞼外反」の可能性も大きくなります。

対して皮膚と眼輪筋を一緒にはがす「筋皮弁法」では、皮膚切開筋肉処理と眼窩脂肪の処理を行います。

皮膚切開筋肉処理の流れ

皮膚切開筋肉処理の術前
術前
皮膚切開筋肉処理 皮膚切開
皮膚切開
皮膚切開筋肉処理 眼輪筋弁の吊り上げ
眼輪筋弁の吊り上げ
皮膚切開筋肉処理の術後
術後

眼窩脂肪処理の流れ

図1の黄色い部分が眼窩脂肪を示しています。図2の断面図を見ると、眼窩脂肪が前にせり出てたるみを作り出していることがわかります。
眼窩脂肪処理では、下眼瞼切開創からたるみのもととなる脂肪を切除します。(図3)
また同時に、眼窩脂肪を眼窩縁のさらに下に移動させて完了です。(図4・5)

眼窩脂肪処理について
図1
眼窩脂肪処理について
図2
眼窩脂肪処理について
図3
眼窩脂肪処理について
図4

皮膚切開筋肉処理で筋肉を吊り上げることにより、目の奥の脂肪がふくらんでこないように押さえ込むことができます。
加えて眼窩脂肪処理によって下まぶたの溝になる部分に脂肪を移動させることで、クマの原因になる凹みを浅くする効果もあります。

下まぶたのたるみ取りの施術料金

診療内容 料金(税抜)
下眼瞼切開術 ¥450,000
下眼瞼脱脂術(結膜側) ¥250,000

その他の目元整形の料金はこちら

カウンセリングのお申し込み


先頭へ