問合せ

電話

名古屋でリポセル(LIPOcel)をご検討の方へ

“HIFUテクノロジー”痩身リポセル LIPOcel

今月のおすすめプラン

気になるお腹周りを集中ダイエット!

お腹(リポセル)

初回価格
1サイト(3ショット)
12,500
ウルトラアクセント1回付き
30サイト(90ショット)
270,000

こんなお悩みにおすすめです

対象となるお悩み

  • お腹の皮下脂肪が気になる
  • わき腹の贅肉が取れない
  • 燃焼しにくい皮下脂肪を落としたい
  • ぽっこりお腹をなんとかしたい
  • メスを入れる脂肪吸引には抵抗がある
  • サロンでは安全性が心配
リポセル(LIPOcel)

「お腹まわりの脂肪や贅肉がどうしても取れない…」そんなお悩みはありませんか?

皮下脂肪は、一度ついてしまうと燃焼しにくく、運動や食事制限ではなかなか解消が難しい脂肪です。
お腹周りの脂肪でお悩みの方に、特におすすめなのがリポセル(LIPOcel)です。

リポセルは、高密度焦点式超音波、通称HIFU(ハイフ)というテクノロジーを搭載。皮下脂肪のみを狙って熱作用を発生させることで、脂肪細胞を破壊します。
破壊された脂肪は、尿などとともに体外に排出されます。脂肪細胞の数自体が減るため、リバウンドも起こりにくい治療法です。

リポセルに搭載されているHIFU(ハイフ)とは?

超音波を集中させて、1点のみを加熱する技術

HIFU(ハイフ)の仕組み

こどもの頃に、虫眼鏡で光を集めて紙を焦がすという実験を行った方も多いのではないでしょうか。
HIFUも同様の原理を利用した技術で、超音波を一点に集めることでピンポイントに高温を発生させます。体内の1点のみに超音波を集中させるため、表皮など他の組織への影響は抑えられます。

HIFUは身体を傷つけずにがん細胞のみを破壊する技術として前立腺がんの治療に使用されていますが、これを皮膚を傷つけずに皮下脂肪にだけ作用するように調整・応用されたものが、医療痩身用のHIFUです。


HIFU搭載のリポセルで脂肪を狙い撃ち!

HIFU(ハイフ)の仕組み

リポセルもHIFUをテクノロジーを利用した機器で、肌の表面や脂肪以外の組織を傷つけないように、皮下脂肪の層をピンポイントで加熱、破壊します。
破壊された脂肪細胞は尿などとともに体外に排出されるため、脂肪細胞の数自体が減ります。脂肪細胞を小さくするだけの施術とは異なり、リバウンドの心配もありません。

また、HIFUの熱エネルギーによってコラーゲンの産生も促されるため、同時に皮膚のたるみも改善される嬉しい効果も。自己流の食事制限などで痩せた方に多いのが「お腹痩せは実現したものの、皮膚のたるみが治らなかった…」というお悩み。リポセルであれば、たるんだ皮膚が心配という方も安心して施術を受けていただけます。


サロンでのキャビテーションとHIFUとの違いは?

近年、同じく超音波を利用して体脂肪を破壊するダイエット法として、痩身サロンを中心にキャビテーションという施術が話題になっています。

キャビテーションでは、超音波のエネルギーは皮膚表面に広く浅く伝わります。そのため、お肌の表面のケアには向いていますが、皮下脂肪を破壊するのに十分な熱は伝わりません。
また、キャビテーションは皮膚の表面により大きなエネルギーが伝わるため、皮下脂肪に働きかけようと無理に出力を上げると、脂肪以外の組織を傷つけてしまうおそれがあります。
痩身効果を求めるのであれば、HIFUの方が適しているといえます。

HIFUは医療行為です

HIFUは皮膚表面は傷つけませんが、体内の特定の部位を集中的に加熱することから、医学的知識や技術を必要とします。
適切な治療で安全に効果を実感するためにも、また的確なフォローを受けるためにも、かならずクリニックで施術を受けるようにしましょう。

リポセルの特徴

痛みが少ない

リポセルは、独自の冷却機能によって、HIFU最大の欠点である痛みを軽減しています。従来の痩身用HIFUは痛みを伴いますが、強力な冷却機能により痛みを大幅に軽減することが可能となっています。


高出力で高い効果

他の超音波を使った痩身法と比較してもかなりの高出力で照射できるため、多くの場合は1~2回の施術ではっきりとした効果が期待できます。より効果的に脂肪細胞を破壊することができます。


ダウンタイムほぼ無し!忙しい方にもおすすめ

切らない脂肪吸引の中でも、リポセルはほぼダウンタイムがありません。通常の脂肪吸引では1週間程度の安静が必要ですが、リポセルは術後からすぐに外出もお仕事も可能になるので、忙しい方にもおすすめです。

冷却機能付きのリポセルだから、実感できる痩身効果

リポセルの仕組み

HIFU機器にもたくさん種類がありますが、その中でもリポセルが優れているのは、独自のクーリング技術を搭載していることにあります。
HIFUは皮下脂肪を集中的に加熱しますが、効果を高めようと出力を上げれば皮膚表面の温度も上がり、痛みややけどにつながることがありました。
また、人により痛みへの強さは異なりますので、冷却機能のついていないHIFU機器では、痛みを感じやすい方に対しては十分な出力を出せないなどの問題もありました。

リポセルは皮膚表面を5℃に冷やしながら高出力で照射して処置を行えるため、やけどの心配もなく、痛みも最小限に抑えられます。痛みに弱い方でも、お腹まわりの痩身効果を実感するのに十分な出力を確保することができます。

リポセルの施術の流れ

STEP 1 カウンセリング

まずは、お気軽にお電話でご相談ください。
カウンセリングでは、お腹まわりの贅肉のお悩みや、痩身治療へのご希望などを詳しく伺います。もちろん無理な勧誘は一切ありません。

STEP 2 マーキング

施術を希望する部位の写真撮影を行います。また、治療部位のマーキングを行います。

STEP 3 施術

マーキングに沿って照射し、脂肪層に熱を加え、脂肪細胞を破壊します。
お腹全体で約1時間程度の施術となり、すぐに帰宅できます。

リポセルの施術料金

今月のおすすめプラン

気になるお腹周りを集中ダイエット!

お腹(リポセル)

初回価格
1サイト(3ショット)
12,500
ウルトラアクセント1回付き
30サイト(90ショット)
270,000
部位・範囲 料金(税抜)
3cm×3cm 初回価格 ¥12,500
¥15,000

リポセルのリスク・副作用

腫れや赤みが出る場合がありますが、2~3週間程度で治まります。
あざができる可能性がありますが、1週間程度で消失します。
長期間続く場合にはご連絡、ご相談ください。

カウンセリングのお申し込み


先頭へ