問合せ

電話

院長ブログ

院長ブログ > 院長ブログ

時々、美容外科の先人の言葉を思い出すことがあります。

まだ私が形成外科医として大学病院に勤めていたころ(20年ほど前になります・・・)、地元名古屋での学会で特別講演がありました。

演者として招待されていたのは、当時、北里大学の形成外科美容外科の教授をされていた塩谷先生でした。

以前から、塩谷先生のことは個人的に存じ上げていたのですが、講演の内容が「美容外科を志す者の心得」的なものだったので非常に楽しみにしていたのを覚えています。

塩谷先生のお話は、外見と同様、とても紳士的な内容で始まったのですが、話の中盤に差し掛かった時にとても衝撃的なことをおっしゃったのです。

先生の容貌からは想像もつかない内容だったので20年も経った今でもはっきりと覚えています。

その内容とは・・・、

美容外科で開業しようと思うのならば、次の三つの誘惑に気をつけなければ、医者としての身の破滅につながります。

その三つの誘惑とは

1、お金の誘惑

2、女性の誘惑(これは男性の美容外科医だけに当てはまります)

3、薬物の誘惑

医者のなかでも特に美容外科医は要注意です。

・・・というものでした。

実際に美容外科を専門にやっていこうと考えた出したころからずっとこの塩谷先生の「お言葉」がことあるたびに思い出されました。

開業前の15年ぐらいの間、いろいろなクリニックで武者修行をしていたのですが、実際にこの三つの誘惑にむしばまれていく医者を何人か目の当たりにしました。

カネの亡者になり果てたチェーン展開の美容外科クリニックのオーナー、愛人はもちろん何回も離婚・結婚を繰り返す美容外科医、薬物中毒で医師免許をはく奪された美容外科医(その人は形成外科医のころ、研究に非常に熱心で、本人の弁ではもうすぐノーベル賞がとれそう、と私に熱く語っていたのですが・・)。

彼らのその後の人生の顛末は、人生のどん底に落ちて行方知らずになった人もいれば、相も変わらず同じことを繰り返していまだに現役の美容外科医という人もいます。

小説か映画に出てくるような破滅人生を地で行くような美容外科医は本当に存在していたのです、塩谷先生の忠告は嘘でも大げさでもなかったのです。

私自身は幸か不幸か、そういった意味では根っからのつまらない人間ですので、こういった誘惑に駆られる機会もなく今日まで無事に(?)やってこれたようです。

これから美容外科医を志す若いお医者さんへ・・・この「三つの誘惑」にくれぐれも気をつけてください。

 

今年も花粉症の時期がきました。

鼻はもちろん、目も耳も、なんだかむずむずしています。

先日、私とクリニックのスタッフ全員が健康診断を行いました。

私の結果は、血液検査には異常値ゼロでまずまず健康を維持しているようです。

開業当初は血圧も上昇気味でストレスを感じることが多かったのですが、マイペースで診療をしているせいか年々体の調子がよくなっているようです。

週3回のジム通い以外は、とくに健康に気を使うこともなく、どちらかというと「やりたい放題」状態で生活しています。

巷では若さを保つために食事を日に1回にしたり玄米食に切り替える健康方法などがあるようですが、それによるストレスのほうが体に悪い気がして・・・・、普通に食事は毎日3回しっかり取り、快食・快●・快眠をモットーにして生活しています。

平日は、診療に全力投球できるように、体調管理を怠らないように気をつけていこうと思っています。

今日、3月19日医師国家試験の合格発表がありました。

身内の話で申し訳ないのですが、24歳の長男の合格もきまり、とてもほっとしています。

自分の28年前の合格発表のときよりもはるかにうれしい、というのが正直なところで、自分のときは、合格のうれしさよりも、卒後の研修のことが不安でそれどころではありませんでした。

いまは卒業するとまずは2年間のきちんとした初期研修が受けられるようで、しかも結構な給料までもらえるということを知り、いい世の中になったものだと少しうらやましくもあります。

いろいろな人に「息子さんも後をつがれるのですか、つがせたいですか?」と聞かれるのですが、実は返答に困っています。

私自身は「美容外科」は自分にとって天職だと思って満足していますが、今の日本における「美容外科」のおかれた状況には決して満足していないし、その状況を考えると、簡単に「美容外科はいいよ~」と息子に言えないのがつらいところです。

美容外科医になるための研修システムの不備、国に認められない二つに分かれている学会の現状、それに起因する専門医制度の混乱、患者さんの美容医療に対するゆがんだ認知のされかた、美容外科医の不当な評価など・・・・それらが改善されない限り、今の日本に優れた美容外科医が育つのは非常に困難な状況です。

そうはいっても、とりあえず今の私にできることは、美容医療のこういった状況が改善され明日のよりよい美容外科につながると信じて日々の診療を大切にしてしていくことだと改めて決意を新たにしました。

先日、個人的な保険料の年間一括振り込みで郵便局を利用することがありました。

保険会社の都合で銀行振り込みが利用できず仕方なく銀行から現金を引き出し、それを郵便局に持参し振り込むことになりました。

保険料がやや高額だったので、現金の引き出し、振り込みともども、とても面倒な認証書類が必要であることを知らされ、それらを用意をするだけで3日間を要しました。

現金というのはとても便利なものだったはずですが、現代社会ではかくも面倒なものになってしまったようです。

これは現金化することで犯罪によって得た資金を浄化する、といったことを防ぐためですが、そのために我々一般市民の生活がどれだけ不便になっているかを考えるとばかばかしくなってきます。

同じようなことは医療にも言えることで、たとえば「麻薬使用」はそのいい例です。

麻薬は医学的にとても便利で有用なお薬ですが、犯罪防止のために面倒な手続きが必要になり、それをきらって使用しないクリニックもあります(うちのクリニックもそうです)。

犯罪を犯す人の動機はほとんど個人的な理由であるはずにもかかわらず、その影響たるやこれだけ広く深く社会全体に及ぼすのだということに憤りを覚えます。

普段は埋没法による二重術よりも切開による重瞼術のほうが多い我が八事石坂クリニックですが、さすがに3月ともなると高校を卒業したばかりの若い方の埋没法が多くなっています。

埋没法はとても優れた手術法で、数年経過すると取れてしまうことがある、という欠点以外に欠点らしいものがない、といっても過言ではありません。

美容外科医にとっても初めてする手術は、埋没法による重瞼術、なのではないでしょうか。

しかし、だからと言って「埋没法」が簡単な手術かというと・・さにあらず、とても奥の深い手術です。

過去に何百例もの埋没法を行ってきましたが、「もうわかった」という心境にはなれません。

たとえがあまりよくありませんが、将棋でいう「ふ」、釣りでいう「フナ釣り」、料理でいう「カレーライス」といったところでしょうか。

まさに美容外科の手術は「埋没法」で始まり、「埋没法」で終わる、といえましょう。

レーザートーニングについて、もうちょっと書きます。

レーザートーニングで用いられる器械はmedlite C6(QスイッチNdYAGレーザー)といわれるもので、このレーザーには1台で2波長(532nmと1064nm)に切り替えられる装置がついています。

レーザートーニングでは1064nmのほうを用います。

1064nm(長波長)を用いることでレーザーのエネルギーが深部に到達します。

そうすると通常表皮の深いところに存在しているメラノサイト(メラニンをつくる細胞)にもレーザーのエネルギーが届くようになります。

これによってメラノサイトを減らすことができれば、メラニン色素ができにくくなるわけですから、日焼けをしにくくなる、ということを以前の記事にも書きました。記事はこちら

一方浅いところに存在することの多い老人性色素斑(いわゆるしみ)には、532nmの短波長を使用します。

これはメラニン色素を直接破壊します。しかしそれによって起きる炎症後の色素沈着(レーザー後色素沈着)が問題になります。よく「戻りしみ」といわれます(しみではなく簡単にいえば「レーザー焼け」です)が、しみの治療でもっとも難しい問題がこれです。

しかしよく考えてみるとこのレーザー後の色素沈着もメラノサイトが作っています。

だとすると・・・、老人性色素斑の治療には、前もってレーザートーニングをしておいて(メラノサイトを減らしておいて)そのあとに532nmで色素斑の治療をすれば・・・、レーザー後の色素沈着が起こりにくいのではないか・・、と考えてもいいですよね。

たしかに実際この二つの波長を併用しながら色素斑の治療をするといわゆる「戻りしみ」が起きにくい印象があります。

こじつけかもしれませんが・・、理論的にはあっています。

(もし同業者の方で、このような治療をされている、あるいは文献にすでに発表されているのをご存じの方がおられましたらご一報ください。)

いずれにしても器械そのものはそれほど新しいものではないYAGレーザーですが、使いようによってはあたらしい治療の可能性を秘めていることにとても興味を感じます。

古いものの「再定義」(ちょっとおおげさかもしれませんが)ほど、わくわくさせられるものはありません。たのしいですね。

最近、レーザートーニングの患者さんが増えてきました。

レーザートーニングを1クール(2週間おきで合計4回)受けられた患者さんの感想は、どなたも「白くなった」とおっしゃいます(決して営業心からの誇張ではなく・・・です)。

使用しているのはHOYAのmedlite C6というレーザーですが、とても優秀な器械だと思っています。

開業当初から導入していましたが、最初はしみをとることぐらいしか使い道がなくて物足りなかったのですが、この「レーザートーニング」ができるようになって、この器械の持ついいところがフルに発揮されています。

壊れにくく安定していて、メインテナンス費用がほとんどかかりません。

非常勤で勤めている医大の形成外科には「ルビーレーザー」がありますが、それと比較すると特にこういった印象をもちます。

レーザーというのはハイテク(この言葉こそもう古い?)の塊ですから、非常にデリケートな器械です。

そのなかで炭酸ガスレーザーとC6などのYAGレーザーは非常にタフで、安定した出力が得られます。

患者さんに満足していただける結果がお約束できることがレーザーの第一条件であることはもちろんです。

そのうえで、メインテナンスが容易であること、タフであること、出力が安定していることの3条件がそろうことが私にとってのいいレーザーです。

これらの条件を満たすものとして採用したレーザーが「medlite C6」と通常の「炭酸ガスレーザー」、「炭酸ガスフラクショナルレーザー(eco2)」です。

小切開による重瞼術について・・です。

傷が短くて(全切開よりも)整容的に優れている、ということがこの手術の売りのようですが、はたしてそうでしょうか?

実は、当クリニックでお引き受けする他院の重瞼術の修正のうちの2割ほどは、小切開の修正もしくは小切開の既往のある患者さんの修正です。

当院においては埋没法のあとの全切開による修正が一番多いのですが、小切開の修正の場合、瞼に加えられたダメージは埋没法の術後にくらべて比較ににならないほど大きいものです。

以前このブログで書きました「ミューラー筋」まで切断されていた患者さんも小切開の術後でした。

短い創から瞼全体の解剖を把握して適切な手術をすることは意外に難しく、とくに小切開で幅広の二重をご希望の場合、ダメージばかりが大きくしかもラインが取れやすいというように、患者さんにとっては何もいいことがないと考えています。

昨日も書きましたが、瞼の手術のキーポイントである挙筋腱膜を確実に同定するには、ある程度の術野(皮膚切開によって得られる視野)が必要です。

患者さんにとっては、傷が1mmでも短いほうがいい、とお考えになる気持ちもわからないではないのですが、一番大事なことは手術が安全におこなわれ、そして何よりも確実な結果が得られる、ということです。

もし瞼にすこしでも傷をつけることに抵抗があるならば、まだ埋没法で対処するほうがよかったのではないか、と思えるケースも散見されます。

美容外科医に対して申し上げたいのは、よほど瞼の手術に自信があるならば別ですが、中途半端な経験で小切開手術をしているといつかはトラブルを作ってしまうことになりかねないし、それを修正することになれば、患者さんの負担ははかり知れません。

おなかの手術(胃摘出術や胆のう摘出術など)において、浅い経験で腹腔鏡による手術を行うことがどれほど危険なことかは既知の事実であり、今回のことも容易に想像がつくことです。

私自身、小切開で真の腱膜を100%同定できそれに対して確実に適切な処置ができ、その結果100%安定した自然な二重のラインを作ることができる、という自信がいまだにありません。

手術をしていると新しい発見というものもありますが、日頃たぶんこうなんじゃないだろうかと思っていることの確信を得ることもあります。

最近の確信は、切開式の重瞼術の手術中に得られることができました。

それは、挙筋腱膜の構造です。

以前の記事にも書きましたが、腱膜は何層にも分かれていて、その中でも眼窩脂肪に最も近いものが一番パワフルであるということが言われています。

手術中たまたま眼窩脂肪に近い膜が腱膜に取り込まれない事態がおき、そのまま瞼板に固定したところ、今一つ下垂状態が改善されません。

そこで眼窩脂肪をよく観察したところ、膜一枚が剥離されていないことに気づきこれを腱膜に取り込んでみたところ急に下垂状態が改善を見たのです。

この膜はとても薄く、ちょっとしたことで裂けてしまいかねないぐらいの薄さです。

しかしこの膜一枚に瞼の下垂を確実に予防できる力があることを、今回の手術で確信できました。

頭では分かっていても実際にこの現象を目の当たりにすると、切開式重瞼術はよほど慎重に手術をしないとこの膜を見逃してしまい、術後の下垂状態を生じる可能性があることがわかります。

さらに修正手術のとき、眼窩脂肪を確認できるまでは本当の腱膜を同定することは不可能である、ということも経験からわかっていたことですが、今回のことで、それについての確信も得ることができました。

久しぶりに趣味のお話でも・・。

以前鉄道模型のお話をしました。

自分でも作りますが、完成品を買うこともあります。

そういった完成品でちょっと手の込んだ精密な模型になると、今はそのほとんどが韓国製です。

戦後の一時期には日本製が優れているという時代があったそうですが、いまでは数でも品質でも韓国製のほうがはるか上をいきます。

なぜなら彼らは世界中でもっとも厳しい注文をつけてくるアメリカやヨーロッパのインポーターのハイレベルな基準を満たす鉄道模型を作ることにならされてきたからです(ちなみに韓国にとって日本のインポーターの注文をきくことなどチョロいものだそうです、わかりやすいく言えばなめられているのです)。

国内のユーザーにあわせて国内で生産している日本のメーカーは、韓国のメーカーにはとても太刀打ちできません。

その原因は、鉄道模型は作ってみるとわかるのですが、本当に手間がかかるもので、今の日本では、そこまで手間のかかる仕事をする凄腕の職人がいなくなってしまったからだそうです(厳密に言えば安い給料では働かなくなったということです)。

それにしても、技術の衰退はあっという間です。

厳しい注文を付けていただく顧客があってこそ技術の維持・向上が成り立つというものです。

美容外科も同じです。

院長ブログTOPへ戻る ≫

カウンセリングのお申し込み


先頭へ