問合せ

電話

院長ブログ

鼻の手術その23

隆鼻術の続きです。

シリコンなどを医学的に「異物」と呼びますが、患者さんの中にはこの異物を体に入れることがどうしてもいやだとおっしゃる方がいます。

そういった患者さんには、生体組織(ご自分の軟骨や骨)を移植することになります。

骨を移植材料とした場合、術後にかなり吸収されます。意外に思われるかもしれませんが、これは形成外科医にとってはほぼ常識です。

移植されて安定しているのはむしろ軟骨です。

たまに患者さんから「移植した軟骨は吸収されますよね」と質問されることがあり、「ほかの医師からそういわれました」と聞いて驚いています。

これは軟骨移植をしたことがない医師か、技術不足なのか、いずれにしても基礎となる形成外科的常識を知らないと思われます。

普通に軟骨を移植して、感染などよほどのことがないかぎり吸収されることはめったにありません。

「自家組織移植」というものを知らないとこういった非常識な知識を患者さんに植え付けてしまうのは困ってしまいます。

以前、美容外科医になる前に形成外科研修をする必要があるいくつかの点のなかで、この自家組織移植手術の基本と応用の習得をあげました。

知識だけでなく医師自身が実践して身をもって技術を習得することの大切さを感じます。

話がそれましたが、こういった常識を知っている、ということが前提でお話をすすめます。

カウンセリングのお申し込み


先頭へ