問合せ

電話

院長ブログ

院長ブログ > 院長ブログ > 美容の手術 > 瞼整形と鼻整形のちがい

瞼整形と鼻整形のちがい

希望の多い美容外科手術の1位は瞼、2位鼻というパターンが普通のクリニックだと思います(うちのクリニックはたまたま鼻が1位になっていますが)。

この二つの手術のちがいで一番大きいのは、瞼の手術は目的の方向性が決まっていることだと思います。

簡単に言うと、目は大きく見えることが重要ということです。

目を小さくしてください、という希望はまずありません。

こういう意味では、瞼の手術にはその選択にあまり悩まなくてもいい手術が多い、ともいえます。

さらにいうならば、手術の方法と手術の目的がうまく合致していることが多いので患者さんも手術を決めやすいという特徴もあります。

簡単な例を挙げると、二重にしたい、という希望で手術をしても、その結果にだいたいの患者さんは満足できる、ということです。

二重にすると目が大きく見えるようになることがほぼ決まっているからです。

ところが鼻の手術は、瞼ほど単純ではありません。

詳しく書くことはしませんが、例えば鼻を高くしたい、という希望で手術をしてもその結果に満足できる可能性は瞼ほど高くはありません。

今までに何度も述べてきましたが、鼻の手術は究極のバランス手術なので、瞼の手術よりも手術選択がはるかに難しくなるのです。

余談ですが、異常に目が大きいのは、バランス面から言うとだめですが、そのアンバランスがかえって魅力的な顔に見える、ということはよくあることです。

カウンセリングのお申し込み


先頭へ