問合せ

電話

院長ブログ

院長ブログ > 院長ブログ > 開業経過報告

ぼやぼやしていたら年末になっていました。

クリニックの方は相変わらずで、例年通り年末は手術が立て込んでいます。

今年のトピックといえば、10月にクリニック開院10周年と駅前院1周年を迎えたことが大きかったことでしょうか。

この10年間でクリニックも随分変わりました。

院長としては、いろいろやらなければならないことが多くなり、人に任せられることは任せていくようにしていかないといけない状況です。

来年もその傾向はますます強くなると思いますが、それでもクリニックの仕事の面では自分がやらなければいけないことは減ることがないどころかますます増えていく一方かな、と思っています。

プライベートでは、来年は大きな変化を迎える予定が目白押しです。

還暦まであと1年ちょっとになりましたが、一つの節目をむかえることになりそうです。

来年もよろしくお願いいたします。

10月25日26日、日本美容外科学会がありました。

依頼されていた教育講演が初日にありました。

テーマは「鼻」

持ち時間30分で、鼻の美容手術の基本を話しました。

2日目には、これも依頼されていたパネルディスカッション。

テーマは「美容クリニック開業」

持ち時間10分で、自身の10年間の開業経験を中心にお話ししました。

そして本日、投稿依頼があった雑誌「形成外科」12月号の最終原稿の校正が終了。

内容は「鼻尖を中心にした鼻形成術」。

いずれにしても、医師に向けての情報発信が中心の10月でした。

もう少し患者さんに向けた情報発信を行いたいと思います。

最近クリニックに来られる患者さんの手術相談が今一つピントがずれているような気がして気になります。

11月13日には、クリニック開業10周年記念パーティーがあります。

これを一つの区切りとして、患者さんにむけた美容外科手術の情報発信について見直したいと思っています。

本日で当クリニックは開業以来満10年を迎えることができました。

いろいろな方のご支援ご協力のもとここまで来ることができたこと、深く感謝したいと思います。

いろいろな意味で、このクリニックの存在は美容外科における経営の実験だと思ってやってきました。

チェーン店形態をとらないで、保険診療に頼らずに自由診療しかも手術中心の診療を中心にしながら、健全経営で10年間継続できるかどうか・・・

それが、10年前に私が考えていたことでした。

本日まで、紆余曲折は多少あったものの何とかやってこれたこと、大変うれしく思っています。

とにかく、美容外科の目的である、治療を受けた患者さんの心の満足を第一に、これからもこの治療方針を深めていきたいと思っています。

また今後は、さらに新しい試みを行っていく予定ですのでよろしくお願いします。

12月になりました。ずいぶん寒くなりました。

今年は公私ともにいろいろなことがあり、忘れられない年になりました。

クリニック関係ではやはり「名古屋駅前院」の開業がビッグイベントでした。

10年目をむかえての節目にふさわしい出来事となりました。

準備に許されたのは4か月というかなり短期間でしたが、スタッフ、外部からの多大な協力と支援のもと、当初の予定通り11月7日に開院することができました。

あらためてこの場を借りて御礼申し上げます。

駅前院では、比較的大きな手術を中心に診療をしていますが、この1か月間で局所麻酔による手術から全身麻酔による手術まですべて無事行うことができました。

現時点で、年末から来年1月にかけて全身麻酔下の手術を含めて多数の予約をいただいています。

仕事始めの1月4日、5日はいきなり連続で長時間手術から始まる予定で、体調を崩さないように万全の準備をして新年を迎えたいと思っています。

今年は新患の手術に加えて、過去にうちのクリニックで手術を受けられた患者さんのリピート手術や、調整手術の患者さんにも来ていただけました。

リピーターの患者さんとは信頼関係がすでに築かれていますので、こちらとしても安心して手術をお勧めすることができ、さらなる患者さんの満足感につながるという好循環を生み出すことができました。

開業後10年目にして、当初考えていた美容医療の実現にまた一歩近づくことができたと考えています。

手術以外の診療については長くなりそうなので次回にします(笑)。

八事石坂クリニックに名古屋駅前院が開業して2週間が経過しました。

それを待ちかねたように診療予約を入れていただいた患者さんがおられることを知って、駅前院開業構想は正解だったとほっとしています。

この年齢になって診療所を増やしていく、ということに少し気おくれもしましたが、後継者問題も視野に入れて今後のことを考えていくつもりです。

健全経営がなければいい美容診療はできない、という当初の考えには全く変更はありません。

「屏風と商売は、広げすぎると倒れる」という格言を肝に銘じて今後の展開を考えていこうと決意しています。

今年も閉院された美容外科が数件ありました。

経営的な問題もあるのでしょうが、院長自身の体力・気力の問題から病んでしまってやむなく閉院というパターンもあるようです。

美容外科医は想像以上にストレスの多い職業です。

私自身も年齢的には無理ができなくなってきていますので、これまで以上に気力・体力面で自己管理を怠らないようにしていきます。

今の私にとっては、個人的な趣味を持ち続けてきたことも本当に心の支えになっています。

オヤジの趣味なんか聞きたくないでしょうから、これ以上は触れません(笑)。

次回の記事はいよいよ年末、毎年恒例の「1年を振り返って」を書こうと思っています。

先日、福岡で開かれた頭蓋顎顔面学会に参加しました。

参加したといっても、鼻のパネルディスカッションの発表だけの参加でした。

座長の発案で、今回のPDは治療が難しい症例を提示して数人の演者が意見を交わすという形式を一部とっていて、それはそれでなかなか楽しかったですし、後輩の先生方にはとても好評だったようです。

「鼻」の美容外科手術は本当に難しいテーマで、私を含めてそれぞれの演者の治療方針が全く違っていたり、全員一致していたり、で私自身にもとても参考になりました。

ここ数年、ほかの演題を聞く機会がめっきり減ってしまいました。

自身の演題発表なしでゆっくりほかのドクターの話を聞いてみたい気もします。

今回の発表を一区切りに、しばらく発表を休もうと思っていた矢先に、そんなさぼり心を見透かされたように来年の5月の発表を依頼され、お引き受けすることになりました。

名古屋駅前院もやっと落ち着いて、診療体制万全となりました。

来月はもう12月、次回のブログではこの1年を振り返りたいと思っています。

すっかり秋が深まってまいりました。

本日11月7日、八事石坂クリニックに名古屋駅前院が開院することになりました。

八事の地に開業して丸9年が経過、その間ご遠方からわざわざ足を運んでくださった患者様にはたいへんなご迷惑をおかけすることもありました。

そういった患者様に対して少しでもクリニックへのアクセスをよくしたいと、3年ぐらい前から名古屋駅前院の構想がもちあがり、ようやくここに開院の運びとなりました。

開院までにいろいろな方面の方に大変お世話になりました。この場をお借りして御礼申し上げます。

診療が本格的になるまでにはもう少し時間がかかるとは思いますが、患者様にはその都度ご案内させていただきますのでよろしくお願いします。

八事院は従来通りの診療で続けてまいりますのでこちらのほうもよろしくお願いします。

大まかには、駅前院では大きな手術を中心に、八事院ではレーザー治療を中心に診療を行っていきますが、ことなる場合もありますので患者様にはその都度ご案内させていただきます。

診療ドクターも形成外科の先生、皮膚科の先生のご協力をいただきましてますます充実した診療体制となりますので今後ともよろしくお願いします。

すっかり秋めいてきました。

9月末の北海道の学会も終了してややほっとしているところです。

学会でもそれ以外でも、ここ最近いろいろなドクターに会う機会がありました。

日ごろ美容外科という狭い領域の医師と話すことが多いので、他科の医師と話すことはある意味新鮮でした。

そんな時に思うのは、あらためて医師でもいろいろな医師がいるものだということです。

そんな中で、逆にいったい自分はどんな医師かなあ、と振り返る機会にもなりました。

知らない間に今となっては変えようがない医師としての個性が確立されてしまっていることを実感しています。

書き忘れていましたが、10月1日から開業10年目に入りました!

そんな中で、今年から来年は公私ともにちょっと変化を出していこうか、と思ったりしています。

今後ともよろしくお願いします。

暑い日が続きます。

夏にも学会はありますが、こう暑くては行く気がなかなか起きません。

そうでなくても、9月、11月の北海道と九州の学会に出なくてはいけなくなってしまって、気が重い今日この頃です。

9月は美容外科学会 11月は頭蓋顎顔面学会ですが、両方とも「鼻」関係のシンポジウムの招待演題です。

本音を言えば、自腹でそんな遠方まで出向いて自分の手術の手の内を見せることにどれだけの意味があるのか、と思うのですが・・・。

振り返ると私自身も過去に数々の先輩方の手術から学ばせていただいているわけですから、今後は恩返しと思って務めさせていただきたいと思います。

うちのクリニックについていえば、今年の秋で満9年を迎え10年目に突入します。

企業的に言えば10年は成熟期に入る時期ですが、さらに経営学的に言うと「変化がないことは衰退と同じ」とも言われています。

今年の秋は学会活動もさることながらクリニックの大きな変化の時期と考えています。

具体的には9月ごろにお知らせすることになるかと思います。よろしくお願いします。

今日は9月30日、よく考えたら開業してからちょうど丸8年が経っていました。

明日からは9年目に入ります。

8年を振り返ると、本当にいろいろなことがありました。

特にここ2年ぐらいは、徐々に忙しくなってきていて、少し精神的な余裕を失いがちな自分になっていたかもしれません。

患者さんには迷惑をかけたくないので、これからは少し余裕をもって診療にあたろうと思っています。

これからもよろしくお願いします。

院長ブログTOPへ戻る ≫

カウンセリングのお申し込み


先頭へ