問合せ

電話

院長ブログ

院長ブログ > 院長ブログ > シミは消せる
123

シミの治療は結果が予測しにくいという面があります。(同じ治療でも、ある人はシミが薄くなり、ある人は濃くなることがあるという意味で・・です。)
(そのせいかどうかわかりませんが、まわりの美容外科医や美容皮膚科医を見回してみても、「シミの治療が好き」というお医者さんにあまり会ったことがありません。)
そんななかで、私は愛知医科大学の形成外科でシミ治療を始めるようになり、ずいぶん色々なタイプのしみを見せていただけるチャンスに恵まれました。そこで培われたシミに対する知識をもとに、私の「実践的なシミの診断と治療」をここにまとめて書いていこうと思っています。これは難しい医学知識を必要としませんので、治療を受けてみようと考えておられる患者さんにも参考になると思います。

本格的にしみを治療し始めて7年が経ち、述べ人数で1200人以上の患者さんを拝見してきました。
しみは難しいなと思う今日この頃ですが、今までに自分なりにわかったことをすこしずつ書いていきます。
実際に治療していると、「このしみ確実に消せるな!」と思うことはまれで、「これはやっかいだな」と思うことのほうがはるかに多いような気がします。
困るのは、同じ治療でも患者さんによって正反対の結果が出てしまうことです。たとえていえば、頭痛の患者さんに頭痛薬を出したところ、ある患者さんにはよく効くが、ほかの患者さんには効かないどころか頭痛が余計にひどくなった、というようなものです。

院長ブログTOPへ戻る ≫

カウンセリングのお申し込み


先頭へ