問合せ

電話

院長ブログ

院長ブログ > 院長ブログ > ふと思うこと > 来年もよろしくお願いします

来年もよろしくお願いします

とうとう今年最後の投稿になりました。

しつこいようですが、件の本に関連した内容でかきます。

脳内のセロトニンの研究によれば、日本人には遺伝的に「うつ」が多いとされています。

国民性として確かに楽天的な民族とは言えなさそうですが、必ずしも「うつ」が日本人の専売特許ではないようです。

最近の研究では、遺伝的に日本人の本質は他人に影響されやすい民族、他人の目を気にしすぎる民族というのが正しいということです。

つまり日本人は、周りの環境が楽天的だとむしろ世界中のどの民族よりも楽天的になれる、それが日本人だそうです。

そうであるなら日本人は付き合う人を厳選すればよく、幸福になりたい人は幸福な人と、痩せたい人は痩せた人と付き合うようにすればいいわけです。

さらに幸福は「感染するもの」と考えれば、幸福になりたい人は幸福な人の近くにいることが重要だと考えられます。

前回も言いましたが、幸福医学である美容外科の担い手「美容外科医」は幸福でなければいけない、という理由がここにあります。

患者さんを幸福に導くべき美容外科医が、不幸そうな不健康そうな、貧しそうな医師であってはならないのです。

私は、幸運ながら先の「金融資産・人的資本・社会資本」に恵まれ、年々自身の幸福の実感が強くなってきています(自分で勝手にそう思っているだけかもしれませんが(笑))。

その幸運の「インフルエンサー」として周りの人に「幸福」を伝えることができれば幸いです。

来年ももっともっと頑張りますので、よろしくお願いします。

カウンセリングのお申し込み


先頭へ