問合せ

電話

院長ブログ

院長ブログ > 院長ブログ > ふと思うこと > 戦後日本の平和

戦後日本の平和

日本は、戦後60年以上平和を享受しています。

平和を享受できてきたのも平和憲法の存在が大きいと思いますが、戦争を体験している世代の方々が多大な犠牲によって二度とあのような戦争をしてはならないという思いがあることも関係しています。

我々戦後世代も愚かな戦争を2度と繰り返してはならない、という考えを持ち続けることが大切であることに異論はありません。

ただそれだけで今後も自国の平和と自由を守ることができるのでしょうか。

なぜ過去の日本があのような愚かな戦争に突き進んでいったのか、ということにいまだに明確な答えがないことに不安を覚えます。この点について明確に答えられる人が今の日本に何人いるのでしょうか。

過去の戦争に対して「臭いものにふた」「怖いことは見ないように」という感情で戦争反対が言われているとすればちょっと気になります。

歴史というのは科学と違ってある時代をいかに解釈するか、ということになりますので、科学のような「真実」は存在しないのかも知れませんが、いつの時代になろうとも歴史の真実を追求する姿勢だけは忘れてはならないと思っています。

カウンセリングのお申し込み


先頭へ