問合せ

電話

院長ブログ

院長ブログ > 院長ブログ > ふと思うこと > クリニックの客観的評価

クリニックの客観的評価

患者さんを含めいろいろな方面から、「いったいどこの美容外科がいいのですか?」という質問を受けます。

私の立場上、客観的なお話をするのは非常に難しいのですが、もし自分が美容外科医でなかったら・・という立場での個人的な意見をいいます。

美容外科にも一応口コミの評価というものがあり、口コミであれば、そこのクリニックと利害関係のない人の評価は一応信用がおけます。

たとえば「同業者」。同業者が評価するクリニックは信頼が置ける可能性があります。

医師の評価には、医師同士でしかわからない情報を持って評価していますので貴重ですが、医師同士は案外医師特有のしがらみが存在することがありますのでそこは注意する必要があります。

看護師は、患者さんと医師の関係を一番身近で見る機会の多い立場にあります。医療技術の評価もある程度はできると思いますので情報源としては信頼が置けると評価されます。ただし感情のいり混じる評価になってしまうとまったく無意味になります。

美容外科クリニックの受付に勤務経験のある人の評価。内部事情に案外詳しい人が多いので知っておいても損にはならないと思います。クレームを担当させられていた経験のある人の話は、一般の人が聴くとちょっと生々しすぎてクリニックの評価という点では役に立たないかも知れませんが、危険なクリニックをさける、という点では最重要情報になりえます。

我々はこういった情報に常に接していますので、逆に一般の患者さんがクリニックの評価をすることがいかに難しいかもよくわかります。

今後機会があれば、患者さんの口コミ、美容クリニック案内業者、HP、雑誌などの評価をどう考えるか書いていきます。(下品な内部事情の暴露、といった記事は書きませんのであしからず・・)

カウンセリングのお申し込み


先頭へ