問合せ

電話

院長ブログ

院長ブログ > 院長ブログ > ふと思うこと

秋もすっかり深まりました。

食欲の秋ですね。そうなるとどうしても気になるのがダイエットです。

前回の記事に書きましたようにマイブームは血糖値測定。随時血糖を測りながら食事をしたら4週間で2㎏も減ってしまい戸惑っています(基本的に痩せ体質で、あと2㎏太りたかったのですが)。

やせ体質の私が言うと説得力がないかもしれませんが、血糖を見ながら炭水化物をコントロールして食事するとこんなにも簡単にやせてしまいます。

考えてみると、今や体脂肪が増える原因が食事中の脂肪やカロリーではなく炭水化物ということは常識になっています。

世の中、炭水化物抜きダイエットがはやりのようですが、実際に食事中の炭水化物がどのように体に取り込まれ、その後体内の皮下脂肪や内臓脂肪として蓄積されていくかを理解することが確実にダイエットの効果をだす近道だと思われます。

その点で、血中の血糖の値を知ることはとても重要なことの一つになります。体内に吸収された余分な糖分がグリコーゲンとして筋肉や肝臓に貯蔵され、それ以上の糖が皮下脂肪として蓄積されるのですから。

ダイエットの第1歩として随時血糖を測定できることがどれほど重要なことかご理解できたと思います。

逆にこれを知ってしまうと、食事をしていて自然に炭水化物の摂取量は減ります。さらにどれくらいの量を、どのタイミングで、どのように炭水化物を摂取すればいいか、自然にわかるようになります。

例えば私の場合、昼間に血糖が上がりやすくオペ終了後などは特に高血糖になりやすいので、手術の合間にとる昼食は特に気を付けなければいけないことがわかりました。

空腹時の早食いは、食後高血糖スパイクを生じやすく、血管内皮細胞を痛めてしまうリスクがあるといわれています。

ダイエットを始めるのであれば、まず炭水化物をよく知り、自分自身の体が炭水化物をどのように吸収するか(人によって違う)を知ることが、成功への近道、という話でした。

今回の美容外科学会は、舞浜でありました。

自身の発表はなく、お気楽な参加となりましたが、別の意味でいろいろとためになる学会でした。

経緯はさておき、手術以外の話題で自分自身とても盛り上がった学会でした。

一つは、アンチエイジング もう一つは痩身です。

特にアンチエイジングは、私自身の今後のセカンドライフを変えてしまうくらいのインパクトがありました。

そのきっかけは、今回の学会の器械展示でデモが行われていた、糖化最終産物(AGEs)の測定でした。

その詳細は、またの機会に譲るとして、そこから自分自身の血糖に興味を抱くようになったのです。

成人病・生活習慣病は我々世代が最も気にするところですが、中でも血糖値は重要な指標になります。

いきさつは省きますが、今までもちろん糖尿病とは無縁の私でしたが、画期的な血糖測定機器が安価で手に入ることがわかり、さっそくこれをアマゾンで手に入れました。ここ10日間ほどずっと血糖値を測定しながら食事をしています。

やってみると、これが結構面白いのですが、炭水化物を摂取することがとても怖くなります。

空腹時におなか一杯白飯を食べる、などという自殺行為にも似た食事は、今後することはない、と言い切れるぐらいまで、私の人生は変わってしまいました。

ちょっと前に、「美容外科医療にまつわる誤解」というテーマで記事を書きました。

今回は同じテーマで別のお話です。

「整形っぽい」っていうのはあまりいい意味で言われません。

「嘘っぽい」っていうのと近い感じです。

その反対の意味で、患者さんに使われるキーワードに「自然な感じ」というのがあります。

何回も整形手術をすると自然な感じが失われ、整形っぽくなってしまう、というように使われます。

確かに何回もいろいろなクリニックで美容手術を受けて、お世辞にも「きれい」っていえる患者さんは少ないと思います。

ところがうちのクリニックで何回も手術を受けていただく患者さんは、受けていただいた回数に比例してきれいになっていきます。

何が違うかというと、最初からバランスを考えて計画的に手術を受けていただいている方が多いからです。

行き当たりばったりの手術では、何回受けてもきれいになるどころか、先ほど書いたようにだんだん不自然な整形っぽいお顔になってしまいます。

逆に、最初の段階できちんとゴールを決めてバランスを考えながら手術をしていくと、変化はあるのだけれど、だんだん自然な感じに近づいて、最終的にどこの部分をどんな手術をしたかわからない、という結果になっていくことができます(私の考える最高の美容外科手術です)。

整形手術は、バランスを考えながら必要な部位を必要な程度に変えていく手術をすることが成功する秘訣です。

傷を小さくしようとしたり、できるだけ小さな範囲の手術で大きな変化を出そうとしたりすることが不自然な結果になりやすかったり、逆に何も変化のない手術を繰り返すことになります。

カウンセリングで最初にこう言ったことをお話しするのですが、このことをすぐに理解できる患者さんは、術後の満足度が高い傾向が見られます。

美容の手術を重ねることは、それが事前にバランスを考えた手術内容であれば、ごく自然な結果になる近道といえます。

暑い日が続きます。

ちょっと下火になったニュースから、、、

お笑いの事務所と芸人のいざこざがありました。

見ていると、この構造、他人事と思えない!と感じた我々同世代の同業者、少なくないのでは?

嘘のような安い給料でこき使われて、不満を言うと「じゃー辞めたら?」と切り捨てられる、まさにこの構造は一昔前の我々が経験した大学の医局そのものでした。

嘘?と思われるかもしれませんが、私がいたころの大学の給料は日雇いで一日7,468円(昭和63年)でした。

昭和63年というと1988年、日本はバブル経済の真っ最中でした。

私の記憶の中に「バブル」という実感がまるでないのは、この給料ではやっていけない(当時は子供が一人の3人家族でした)ため、日々のバイト(闇営業みたいなものです)でやっと食いつないでいくありさまだったからです。

バイトの内容は、美容外科が多かったように思います。

その頃の医局では、美容外科でバイトすることは反社にお世話になるのと同じと考えられていました。

その「闇営業」が見つかって医局を辞めさせられた同期の医師もいました。

「俺たちは隠れキリシタンみたいなものだから、、、」というのが我々の合言葉でした。

そんな「弾圧」があっても美容外科をあきらめなかったのは、我々にとって美容外科は信仰のようなものだったからなのかもしれませんね。

でも今は違います。

美容外科はちゃんとした医療として認められて、これに携わる医師もなんの引け目を感じることもなく誇りをもって診療することができる時代になりました。

医局員の自由な選択が妨げられる古い医局体制が「それって普通でしょ」といわれる時代は終わったのです。

その時代の流れが逆行してしまうことがないように、我々には美容外科診療を怪しげなものにしてはならない責務があるのです。

外科医の行う手術は、歴史的にその目的が人命を救うところから始まり、日常生活に必要な機能の回復にまで広がりを見せてきました。

さらに現代、美容外科においては、心の満足感、幸福感を達成するのを目的に手術を行うまでになりました。

美容外科の手術を行う術者がこのことを肝に銘じていれば、一番大事なことはなんであるか。美容外科医ならおのずと答えはわかるはずです。

私も含めて美容外科手術を行う美容外科医が、いつまでもこのことを忘れないでいれば、美容外科がもっと人類の幸福にとって素晴らしい科になると信じています。

忙しさにかまけて、4月の記事をさぼってしまいました。

言い訳をするわけではありませんが、4月は過去最高に忙しい1か月だったのです。

手術もレーザー系治療もおかげさまで大盛況でした。

開業して11年目でやっと一つの達成感を感じています。

美容外科開業当初に自身に課した問題、つまり「高度で安全な美容医療」と「医療の健全経営」の両立、に対して一つの答えが出せたと自負しています。

しかしこれで満足することなく、次の10年で以下の新たな課題を打ち立てて、それに向けてさらなる努力をしていくつもりです。

それは、「美容医療水準を一定以上に高く保ちながら、これをどこまで広げていくことができるか」で、これからの10年間の努力目標です。

よろしくお願いします。

 

3月に入って、早速花粉症の洗礼に会いました。

今年の花粉症は半端なかったです。

今週になってやや収まりましたが、私のような筋金入りの花粉症持ちでもきつくて鼻詰まりで3日ほど寝苦しかったです。

今月はたくさんの患者さんに来ていただき、施術・手術を受けていただきました。

患者様には術後に少しでも快適に不安なく過ごしていただけるように、スタッフともども万全のサポート体制をとっておりますのでよろしくお願いします。

手術は相変わらずヘビーな長時間手術が多く、中には丸一日でも終わらず2日に分けて手術を受けていただかざるを得ない患者さんもおられます。

患者さんの術後の満足度が少しでも上がるように努力していくつもりですので今後ともよろしくお願いします。

最近では美容外科手術に関する情報もネットで比較的得られやすくなってきて、カウンセリングを行っていると一昔前に比べると手術のリスクなどに詳しい患者さんが増えてきたと実感します。

それはそれでいいことだと思います。

しかし、一言で手術のリスクといっても色々ありますのでそこに誤解が生じることもあるようです。

例えば、手術のリスクには神経損傷や傷跡の問題などほかの外科系の手術と変わらないものがある一方で、美容外科手術には特有のリスクがあることは意外と知られていません。

そのリスクとは、、、

「術前に考えていた結果と実際の結果が違う」というものです。

いわれてみると簡単なことですが、実は美容の手術で最も起こりうるリスクとは、患者さんが期待していた結果が得られない「リスク」です。

少し特殊な話になりますが、団子鼻を解消したい、すっとした鼻先にしたい、という希望で鼻尖縮小術を受けたとしましょう。

一般の美容外科クリニックでは、鼻尖縮小術を「請け負って」くれますが、「患者さんの期待する鼻先にすること」を100%請け負ってくれるわけではありません。

このパターンで、患者さんが満足する結果になる可能性は私の考えではかなり低いと思われますので、患者さんにとってこの状況はかなり高いリスクを負うということになります。

美容外科手術において神経損傷や皮膚壊死といったリスクはかなり重大なリスクですが、めったに起きるものではありません。

ところが、カウンセリングしていて、前医の手術の結果に「期待外れ」だったというリスクは頻繁に遭遇します。

こういったリスク話は、美容外科の先生ですらご理解していないことが多いのですから、ましてや患者さんには想像することも難しいことかもしれません。

今後機会があれば、こういった美容外科にまつわる「誤解」について記事を書いていこうと思っています。

今年もよろしくお願いします。

新年早々、忙しい日が続いていて記事を書くのがこんな時期になってしまいました。

陳腐な話題ですが、正月3が日で今年の個人の目標を立てました。

目標は3項目ありますが、その一つは、、、

今までの「ジム通いを夜から朝にする」というものです。

23歳から35年間ずっとジムに通ってましたが、診療が終わってからジムに行くパターンだと手術が長引いたときなどどうしてもいけなくなることがあったので、必ず時間が取れる早朝7時30分からに変更しました。

1月1日からほぼ毎日通うことができるようになって、今のところとても調子がいいようです。

残りの2つはまたの機会に報告します!

今年最後の投稿として、一言。

私にとって今年一番の驚きは、私の尊敬していた美容外科の先生の一言でした。

それは、「美容外科には診断はない」というお言葉です。

その意味は・・・、美容外科では手術の選択権は患者さんにあり、美容外科医は患者さんの依頼を受けてそれを請け負い、確実な手術をすることが美容外科の診療で、ドクターの診断は不必要である、ということだと受け取りました。

もちろん私は、この意見に反対です。

美容外科ほど診断が難しい科はない、と思っているからです。

今までにもこの場で何度も書いてきましたが、美容外科の手術の最終的な目標は、患者さんの心に満足感をもたらすこと、それ以外にはありません。

術前計画を立てて、それを手術で忠実に具現化する、などといった段階は、美容外科医にとって当たり前であります。

その前の段階、つまり患者さんの真の要望を深く理解し、さらにその手術が患者さんにもたらす影響がなんであるか、それが本当に正しい選択であるかどうか、それを判断することが美容外科医に問われる真の命題であります。

それには術前にいろいろな面から患者さんを深く理解し、術者の過去の経験に照らし合わせながら非常に難しい診断を下していく必要があります。

だから「カウンセリングが重要」ということになるわけです。

さらに言えば、自分の下した「診断」が正しかったどうか、それを知るには長い期間の術後のフォローアップが必要になります。

本当の美容外科には、とても難しい術前診断と長い期間の検診が不可欠であり、私が考える医学としての美容外科がそこにあると考えています。

美容外科をそうとらえると、逆に美容外科ほど医学らしい科はないとさえ思えることがあります。

うちのクリニックで一度でもカウンセリングを受けたことがある患者さん、さらに手術まで受けられたことがある患者さんであれば、私の美容外科に対するこういった考えを容易に理解していただけるのではないでしょうか。

来年も再来年も、こういった考えが変わることはないと思っています。

今後ともよろしくお願いします。

院長ブログTOPへ戻る ≫

カウンセリングのお申し込み


先頭へ