問合せ

電話

院長ブログ

院長ブログ > 院長ブログ > 美容の手術 > 「美容外科」と「形成外科」の関係

「美容外科」と「形成外科」の関係

さらに「美容外科」と「形成外科」の関係について。

「美容外科」手術のすべてがうまくいくものであれば、形成外科の修練は必要ないかもしれません。

しかしすべてがうまくいくわけではないことは、術者、患者さんみんなが承知していることです。

そうなるとやはりリカバリーショットが打てることがプロの美容外科医の条件になってしまうのです。

リカバリーショットは通常のショットとは違います。

まず最初からいろいろな条件が不利であるといえます。また術者にかかるプレッシャーが断然大きい、結果が出せなければさらに状況が悪くなることもあります。

そんな中でさらに1発で結果を出さなければならないということになると、術者は度胸だけで手術に踏み切ることはできません。

おかれている条件を冷静に判断し今までの数々の経験から方法を選択し、時期を決定、患者さんに説明しなければなりません。

その時に術者の唯一のよりどころとなるのが、形成外科の修練で経験したことになります。

内容が少し抽象的になりましたが、このことがわかっていただければ、逆に形成外科修練は美容外科医として必要条件であるが十分条件ではないことも理解できると思います。

なぜなら美容外科手術のすべてがリカバリーショットでできるものではなく、むしろそれ以外の多彩なショットによるもののほうが多いからです。

美容外科には共通した決まったゴールというものがありません。個々の患者さんとのコミュニケーションを通してそれぞれのゴールを設定していく作業が大切になっていきます。

そういった作業は「美容外科」独自のものであり、原型修復といった命題をあらかじめもつ「形成外科」の修練では決して身につけることができません。

「形成外科」と「美容外科」の関係について患者さんに少しでもお伝えすることができれば幸いです。

カウンセリングのお申し込み


先頭へ