問合せ

電話

院長ブログ

この難しきもの

下瞼の若返り手術は、顔の美容手術でもっとも難しいものの一つです。

むずかしい理由として3つあります。

1. たるみを取ろうとして皮膚をピンとひっぱればひっぱるほど、術後にあっかんべ~(外反)になる可能性が高くなること。したがって皮膚を切り取る量には限界があります。

2. 小じわが多くこれを気にしている人が多いのですが、基本的に手術では小じわはとれないこと。術後腫れているので一時的に良くなったように思えるのですが、3か月で小じわは元に戻ります。

3. 下まぶたのたるみは下まぶただけの問題ではなく、実は中顔面(下まぶたから法令線までの領域~ミッドフェイス)のたるみとともにあらわれていることが多いこと。下まぶたの若返りだけでは老け顔があまり変わらないことがあります。

下まぶたの若返り術の場合、「下まぶたのたるみ取り手術」だけで解決できるとは限らないので、他の手術を組み合わせたり、注射や脂肪移植などを組み合わせる、といった工夫が必要です。

患者さんへのアドバイスとしては、ここで書いた事情をご理解していただいたうえで、いろいろな施術から自分にもっとも合いそうなものを選択するという方針でいいと思います。

カウンセリングのお申し込み


先頭へ