問合せ

電話

院長ブログ

院長ブログ > 院長ブログ > 上まぶたの脂肪

先日のブログで眼窩脂肪と挙筋腱膜のムービーをアップしました。前回のムービーはこちら
今回は、眼窩脂肪とは全く異なるまぶたの脂肪「隔膜前脂肪」のムービーです。隔膜前脂肪についてはこちら
患者さんは前回と同じ方です。
眼窩脂肪に比べて隔膜前脂肪の除去ははるかに難しい手技になります。理由は、眼窩脂肪はもともと独立したものとして「存在」していますが、隔膜前脂肪は術者が切りだしていく必要があるからです。
こういう手術のときは、詳しい解剖学的知識と3次元的にイメージしながら手術をする必要があります。切りだすものを六面体として考えて、それぞれの面を切って明らかにするとその結果切り出したいものが切除される、というような感じです。
隔膜前脂肪は眼輪筋と隔膜の間に存在するもので、減量したい範囲はまぶたの外側と内側になります。これを頭にいれてムービーをご覧ください。

ムービー内容の解説
0:00~0:12 隔膜前脂肪の前面、つまり眼輪筋との境目を明らかにしています。鈎で持ち上げているところが眼輪筋の裏面です。
0:25~ 隔膜前脂肪の裏面、つまり隔膜との境目を明らかにしています。モスキート鉗子ではさんでいるのが隔膜の断端です。
0:45~ 隔膜前脂肪の外側面をあきらかにしようとしています。このあたりから神経、血管に気をつけなければいけないエリアです。丹念な止血をしないとあっという間に血の海になってオリエンテーションがつかなくなります。
1:13~ 隔膜前脂肪の頭側面を明らかにしていきます。術野から一番奥になります。血管が豊富で、血管を切る前にバイポーラー(黒いピンセット)で焼いて出血させないようにしながらすすめます。
2:13~ ようやく隔膜前脂肪の全体像が見えてきました。これを切り出したあと皮膚の上において予定していた範囲の脂肪がとれているかどうかを調べます。不足しているようであれば、追加切除します。
※この手術の注意点は、とにかく出血をできるだけ抑えることです。乱暴な操作やいい加減な止血をすると眼輪筋が隔膜に癒着し、術後まぶたにへこみができたりひきつりができてしまいます。

まぶたの手術でご希望が多いのは、二重のラインを作るいわゆる「重瞼術」、次に多いのは「まぶたの厚み」をすっきりしたいというご要望です。

まぶたの脂肪を減らしたい、まぶたの皮膚がかぶっているからとってほしいというのも「すっきりしたまぶた」志向です。

まぶたの脂肪についてはいままでも書いてきましたが、眼窩脂肪と隔膜前脂肪があります。

この二つの脂肪は外観が全く異なります。手術中によく見れば簡単に区別がつく事になっています。

眼窩脂肪はひとつの大きいな塊で、隔膜に穴をあけると勢いよく飛び出してきます。隔膜前脂肪は小さな脂肪の集まりで、結合組織の間にちりばめられているような感じで存在しています。

この二つの「脂肪」を隔てるのが文字通り「隔膜」です。

ところが実際の手術中でこの「隔膜」が分かりにくく、脂肪が区別がつかないことがあります。

高齢の方で眼窩脂肪が委縮している人や、何回もまぶたの手術を繰り返している人は組織が癒着しているので隔膜と挙筋腱膜の区別に苦労します。

逆にやたら脂肪の多いまぶたでは、隔膜前脂肪がとても多く隔膜が埋もれているように存在しています。

「分け入っても、分け入っても、脂肪の海」状態です。

(出典:分け入っても分け入っても青い山:種田山頭火)

とにかく、同じ状態のまぶたなどこの世の中にはひとつとして存在していないのですから、一人ひとりの患者さんのまぶたから学ぶしかありません。

特にまぶたの修正をするときは、まずは「眼窩脂肪」を探り当てこれをランドマークにして手術をすすめる、これにつきます。

今年もよろしくお願いします。

上まぶたの眼頭側は解剖学的に、二重ができにくい、まぶたが上がりにくいことは以前の記事に書きました。

まぶたを挙げる筋肉「眼瞼挙筋」は眼頭側が非常に弱いため、もともと二重の折れ返りができにくいとされています。

こういった理由で普通の埋没法で眼頭側の二重を作るのは、患者さんの要望が多い割にできないことがしばしばです。

もうひとつの原因として、まぶたの脂肪が考えられます。眼尻側の上まぶたの脂肪が多くて、眼頭側にも脂肪が多いと「二重ができにくい」「二重が取れやすい」原因になります。

目頭側の脂肪をとると、この部分の二重がすっきりできます。この脂肪も、今まで書いてきた「隔膜前脂肪」になるのでは、と思っています。

二重の手術のなかでもすっきりした二重にしてほしい、という要望が多いようです。まぶたの「脂肪」を少なくしてほしいということなのでしょう。

以前の記事でも少し書きましたが、この脂肪の正体は「眼窩脂肪」よりも「隔膜前脂肪」のようです。若い人で、腫れぼったい人はこの「隔膜前脂肪」が多い人のようです。

すっきりした瞼にするには手術で「隔膜前脂肪」を取り除くことになりますが、そのためにはある程度の皮膚切開が必要です。重瞼線か眉毛下に皮膚切開をおくことになります。

これが、手術で取り除いた隔膜前脂肪です。

おもに上まぶたの眉尻から眼尻にかけての「隔膜前脂肪」を取っています。

いまテレビでちょうど大相撲の優勝シーンを見ていましたが、この人のまぶたの「隔膜前脂肪」はとても多そうですね。見てみたいです。

腫れぼったい上まぶたをすっきりする方法について。

まぶたが腫れぼったいと、眠たそうにみえたり老けて見られます。手術で皮膚のたるみをとったり、二重にするとさらに腫れぼったさが強調してしまうこともあります。(ハム状態といわれます)

上瞼の脂肪をとる手術は多くのクリニックで行われています。脂肪をとって二重にすると取れにくいといううたい文句でこれを薦めるところもあります。

この方法では眼窩脂肪をとるのが一般的ですが、効果がないことがあります。眼窩脂肪は目玉の周りを取り囲んでいる脂肪ですが、瞼にはこれとは別に隔膜前脂肪というのがあります。これはあまり知られていませんが、腫れぼったさの原因はこちらの方が大きいようです。

この脂肪の存在は、昔から文献で取り上げられていたのですが、とるのが難しいためかあまり注目されませんでした。

眼窩脂肪は、1~2mmの皮膚切開創から切除できますが、隔膜前脂肪はもう少し皮膚を大きく切らないと切除できません。通常、切開式重瞼術か眉下切開創から処置することになります。

処置の方法は、この脂肪を切り取ってなくす、あるいは脂肪を包んでいる筋膜を縫い縮めてコンパクトにするなどがありますが、私は後者の方法を愛用しています。

この方法は、加齢とともに瞼の外側がかぶさってくるような腫れぼったい瞼に特に有効です。

この手術法は、前回の記事に書いたコンセプトに基づいています。

院長ブログTOPへ戻る ≫

カウンセリングのお申し込み


先頭へ