問合せ

電話

院長ブログ

院長ブログ > 院長ブログ > 二重まぶた修正手術 > 実際の手術から確信を得ることも

実際の手術から確信を得ることも

手術をしていると新しい発見というものもありますが、日頃たぶんこうなんじゃないだろうかと思っていることの確信を得ることもあります。

最近の確信は、切開式の重瞼術の手術中に得られることができました。

それは、挙筋腱膜の構造です。

以前の記事にも書きましたが、腱膜は何層にも分かれていて、その中でも眼窩脂肪に最も近いものが一番パワフルであるということが言われています。

手術中たまたま眼窩脂肪に近い膜が腱膜に取り込まれない事態がおき、そのまま瞼板に固定したところ、今一つ下垂状態が改善されません。

そこで眼窩脂肪をよく観察したところ、膜一枚が剥離されていないことに気づきこれを腱膜に取り込んでみたところ急に下垂状態が改善を見たのです。

この膜はとても薄く、ちょっとしたことで裂けてしまいかねないぐらいの薄さです。

しかしこの膜一枚に瞼の下垂を確実に予防できる力があることを、今回の手術で確信できました。

頭では分かっていても実際にこの現象を目の当たりにすると、切開式重瞼術はよほど慎重に手術をしないとこの膜を見逃してしまい、術後の下垂状態を生じる可能性があることがわかります。

さらに修正手術のとき、眼窩脂肪を確認できるまでは本当の腱膜を同定することは不可能である、ということも経験からわかっていたことですが、今回のことで、それについての確信も得ることができました。

カウンセリングのお申し込み


先頭へ