問合せ

電話
123

前回の記事で、症例写真が知らない間に「盛られている」ということを書きました。

私自身カメラに関しては全く素人で詳しくはありません。

ただ、今の優秀なカメラほど「自動補正」機能が優れているため、術者が意図していなくとも写真が盛られてしまっていることがあることを知っています。

ただ我々が術前術後の写真をみても盛られていることに気づかないぐらい自然な範囲で補正されています。

例えば、光治療の前後での肌のくすみを写真にとって比較したとします。

普通に1眼レフカメラ・オートモード・内部ストロボで撮ったとしますと結果はよりよく映る可能性があります。

これはカメラが自動的に最適な光量で被写体をとってしまうことによります。

患者さんはこれを見て「うわーすごい!」となるわけです。

医師も意図的にやっているわけではないのですが、結果的に盛ってしまっているのです。

患者さんがこれを見抜くのはとても難しいのですが、術前術後の写真が盛られていないことを患者さんが確認できる方法があります。

続きは次号で

我々がよく使う「症例写真」について

美容治療を考えている患者さんの中にはいろいろなクリニックのHPに掲載されている症例写真を参考にしている方が多いと思います。

あのクリニックの症例写真がとてもよかったのできっと手術もうまいに違いないとか、術前術後ですごく変化があったので興味をもったとか、クリニック選びで症例写真のウェートは結構大きいと思います。

今回はこの症例写真を見ていくうえで注意しなければいけない点をお伝えしたいと思います。

まず、一般的に「写真」というものについて説明していきます。

当たり前ですが、写真は3次元の対象物を2次元に落とし込んでいます。それによって情報量が激減している、という前提があります。

一般的にも、写真写りのいい人とか写真写りの悪い人、ということがあります。

実物を実際に見ると写真とは全然違っていた、なんていうのは日常茶飯事ですよね笑。

情報量が減ることで実物よりもよく見える場合もあるし、逆の場合もあります。

もう一つ写真を見て判断するのに重要なことがあります。

それは「光量」で、光量によって写真の写りは全く変わってしまいます。

光量に関係するものとして、カメラ側の設定、ストロボや野外など被写体の周りの環境があります。

最近は「写真を盛る」のが当たり前になっているようですが、我々がHP上の症例写真でそれをしたら・・・「詐欺」になってしまいます。

症例写真でまさかそんなことはない、と思っていませんか?

ところが多くのクリニックで意識・無意識にかかわらず症例写真で「盛る」ということが行われてしまっているのです。

続きは次回で。

何事もそうかも知れませんが、真実を知るのは難しいものです。

美容治療においても何がいいのか、何が効果的なのかを知ることは思いのほか難しいものです。

我々でも治療の効果を判定するのに迷うこともあります。

できるだけ治療結果を客観的に判断したい、評価したいと常日頃思ってはいますが、思い込みが入り込んだり大事な点を見落としていたりして間違った判断をしてしまうこともあります。

美容外科も医学という科学ですから、患者さんの満足度という主観的な尺度とはちがう判断材料が必要です。

そのために我々は写真というポピュラーな手段を使うことが多いのです。

「症例写真」という手段を使って治療効果を判断し、それを提示して患者さんに情報をお伝えするということをしています。

ところがこの症例写真がすべての情報をお伝えしているわけではなく、またいろいろな条件が知らない間に変わってしまうことで正しい情報をお伝え出来なくなってしまうことがあります。

具体的な話は次回で

最近はやっているアニメの関係である地方の旅館が盛況を呈している、というニュースがありました。

その旅館はそのアニメを意識してイベントを催したわけでもなく、普通の旅館で普段通り営業していたそうですが、宿泊客がたまたまあるものをSNSで投稿したところそれが話題になりほかの宿泊客が訪れさらに評判を呼び、予約困難になるほど人気になったということだそうです。

詳しい内容は忘れましたが、このようにたまたまSNSに投稿された写真や記事がきっかけで多くの人に知れ渡るようになり活況を呈するパターンは、この旅館などの場所に限らずちょっとしたグッズや人物にも見られるようになっています。

このパターンの共通することは、人気になった物、人、場所などその対象になるもの(人)に、事前に爆発的に注目されるようになる予感が全くなかった、ということです。

ある瞬間まで特に注目されていたわけでもなくあまり目にする機会もなかったものが、ある日を境に180度変わってしまうというところがとても面白い現象だと思います。

逆に営業する側からすると、何がうけるのか、何が売れるようになるのか非常に予測するのが難しいので、大変な時代になったと考えられます。

美容外科クリニックも、今後何がはやるのか何がはやらないのかまったくわからないので、そういうことは考えずに自分の納得できる方針で地道に診療する方が気分的には楽で楽しいです。

美容外科の7不思議のひとつに異物注入による豊胸術のトラブルがあります。

昭和初期から始まって最近もこの手術による被害者は後を絶ちません。

今から20年以上前に出た「アメイジングジェル」「アクアジェル」は記憶に新しい注入異物で結局トラブル続きで今は誰も使用していません。

ところが今から3~4年前、親しくしている美容外科医に「先生、今度のは大丈夫だから・・・」と勧めてくれたのが「アクアフィリング」でした。

これまでにもいろいろな充填物が文字通り「出ては消え、また出ては消え」でしたので今度も例外ではないはず、と思って私は手を出しませんでした。

案の定しばらくたってから美容外科学会のほうからこのアクアフィリングに対する注意喚起が出されました。

安全性が確認されていないので使用を控えるように、という内容でした。

なぜこのように何度も同じことが繰り返されるのでしょうか?

やはりこれも人間の欲望とそれを簡単に解決できる方法を熱望する患者さんがいらっしゃる限り繰り返されるということです。

残念ながらこういった「簡単に欲望を満たすことができる」ことはめったに実現しません、これは美容外科に限ったことではないです。

悲しい人間の性ですね。

そしてそれでひどい目にあってもしばらくすると忘れてしまうのも人間の常です。

「今度のは大丈夫だから・・・」って、全くバブルと同じですね。

いつかは崩壊するのも全く一緒です。

地道なのが一番、ということでしょうか。

豊胸に関しては、完ぺきではないにしても脂肪注入によるものが比較的安全・確実という流れができつつあります。

これまで3回にわたって、うちのクリニックの手術の変遷について書いてきました。

その中で書いてきてわかったことは、この10年にうちで行われている手術の件数や内訳は確実に変化してきましたが、その原因はクリニック側で意図したわけでもなく手術内容がすごく進化してきたわけでもないということでした。

私自身はここ10年近くほとんど変わらない方法で患者さんのご希望の手術をまんべんなく行ってきたつもりですが、結果的に件数が増えてくる手術に偏りが出てくるのです。

この変化に影響を与えた要因を考えると、ひとえにうちで手術を受けた患者さんがSNSを使って発信した情報だけでした。

こちらがSEO対策にもっと費用をかければ違ってくるのかもしれませんが、中途半端に費用をかけても無駄だということもわかってきました。

そんなことに費用をかけるよりも、うちのクリニックで手術を受けた患者さんの情報発信をお助けすることに費用をかけたほうがクリニックの認知度を高めひいては患者さんのためにもなるのではないか、というのが今の私の結論です。

クリニック側がこちらの都合である特定の施術を推すのではなく、患者さんの関心のあることに我々も手助けさせていただくというのが一番いいと考えるようになったのです。

その具体的な動きの一つが、不定期ですが双方向で情報を発信できるライブ中継をおこなうことと、もう一つは「八事石坂エンジェルモニター」です。

エンジェルモニターはクリニックで手術を受けた患者さんがSNSを使って情報発信するのを積極的に応援する制度です(詳しい内容は、実際にカウンセリングにいらした患者さんに直接お伝えします)。

また術後のダウンタイム中の患者さん同士の情報交換する場所を提供するようなことも今後考えていきたいと思っています。

他の美容外科クリニックではできない、患者さんが中心になってやれることを応援するクリニックになれればということを考えています。

前回は「鼻」の手術が増えたきっかけは数年前に患者さんの書いてくれたブログだったことを書きました。

今回は最近増えてきた「フェイスリフト」についてその変遷を書きます。

手術法に関しては開業当初から今の手術法、強力な牽引力のある糸リフトを併用したフェイスリフトをおこなっていました。

この手術法を受けた患者さんの術後9年目までの結果を8月の学会で発表したばかりですので記憶にある読者の方もいるかと思います。なかなか術後9年までフォローアップできる機会はないので貴重な内容であり、自分も改めてこの手術法の有用性を実感できました。

鼻と同様、フェイスリフトも特にHPでアピールしたりSEO対策をしているわけではないので患者さんが増えることもなくここ数年前まで手術数は数か月に1件くらいというペースでやってきました。

数年前、ある女医さんがうちのクリニックでフェイスリフトを受けられて、そこから女医さんの間で評判が広がりその女医さんたちから患者さんに広まってそのうちの一人の患者さんが去年ブログで術後経過を書いていただいてから最近の患者数増につながっているようです。

またそれ以外にも美容外科に特化した口コミを載せるサイトを見て来院される患者さんも増えています。

その口コミサイトもクリニックから積極的に患者さんに口コミを乗せるよう働きかけるクリニックもあるようですが、うちのクリニックはこちらから積極的に案内することはしていません。

どの患者さんが口コミを乗せているかはクリニック側は事前にはわからず、口コミを後でみてあーあの患者さんが書いてくれているのか、というような状態です。

以上のように現在の手術内訳になっていったのも手術数が増えてきているのも、患者さんが実際に感じた感想をSNSで率直に伝えていただいた結果でこうなっていることがわかっていただけたと思います。

手術内容は自分が以前から行っている方法で特に奇抜なことをしているわけでもなく、あえて言えばその特徴は「変化は大きいが自然な仕上がり」とそれが「長期間安定している方法」を突き詰めて地道に行ってきました。

とても時間がかかりましたが、やっとすこしづつ患者さんの間で認知されてきたなと実感している今日この頃です。

昨日も9時間に及ぶ鼻の手術でした。

患者さんは過去2回別のクリニックで手術を受けていて本院の手術が3回目でした。

術前の診察で鼻先の状態がかなり大変なことになっていることは予想されていましたがそれにしても想定を上回る状態でした。

最近同じような変形が生じている鼻の手術をいくつか経験してきてわかったことは、左の鼻の穴に軟骨の出っ張りがある場合は要注意、ということです。

どういうことか具体的にお伝えします。

このパターンに共通する手術の誤りは、鼻尖に移植されているはずの軟骨あるいはオステオポールが、右の鼻翼軟骨の下(皮膚と軟骨の間!)に移植されていることです。

信じられないことですが、おそらく解剖というものが全く理解されていなくてむやみに剥離して(逆にそこを剥離するのは相当難しいはずなのですが)そこに移植したとしか思えません。

それによって右の鼻翼軟骨が180度ひっくり返ってそれが左の鼻翼軟骨を押し出して上記のように左の鼻腔に飛び出し変形となったようです。

それだけならまだ何とか修復できる可能性があるのですが、そもそもそんな手術をするということは全体にもかなり乱暴に剥離されているわけですから、鼻尖の皮下の瘢痕は尋常ではありません。

そうなると皮膚はしなやかさが全くなくなってしまうので、新たに鼻先の形を描出するのはとても困難です。

瘢痕を切除するといっても鼻先の血行はどんどん悪くなる一方でかなりきわどい手術になります。

・・昨日の患者さんも、鼻先を作る段階だけで2~3時間はかかり何度もやり直して何とか形にすることができた、という始末です。

疲れました・・・。

今日も鼻の手術がありますのでここらで失礼します・・・。

他のクリニックと違って手術に関してSEO対策を全くしていないのに、どうして特定の領域の手術が増えてきたか。

簡単に言ってしまえば一つは患者さんのSNSによる「口コミ」もう一つは医療従事者からの「紹介」です。

開業してから5~6年経過したときに、うちのクリニックで鼻の手術を受けた患者さんが術後経過の詳細をブログにアップしたのがきっかけとなり爆発的に「鼻」の手術が増えました。

その後文字通り「全国」の患者さんからのカウンセリングや手術の予約で半年先までスケジュールが埋まってしまう、という事態が起きました。

その頃はまだ八事院1院で手術もレーザー系治療も行っていたので院内はてんやわんやでした。

日本だけでもこんなに鼻の手術を考えている人がいるんだ、というのを美容外科医になって初めての知りました。

私自身、それまでは特に鼻の手術が得意だったとか好きだったということもありませんでした。

手術方法も依然とさほど変わってはいなかったのに(それは今でもそうです)、なぜか患者さんの術後の評判がよかったようです。

・・・今日も長い手術が予定されていますので続きは明日にします。

今現在うちのクリニックで多い手術は「鼻」「フェイスリフト」「顔面脂肪注入」「眼瞼修正」「婦人科形成」です。

しかし開業当初は「体幹脂肪吸引」「眼瞼手術」などが多く「鼻」や「顔面脂肪注入」はほとんどありませんでした。

よく「先生はどんな手術が好きですか?」とか「どんな手術が得意ですか?」と聞かれますが、私にはとくにこれが好きというものはありません。

患者さんが喜んでもらえる手術、患者さんの満足感が高い手術であれば喜んでしてきました。

前回お話しした「SEO対策」も手術に関しては何もしていないのです。

要するにクリニック側の方針で恣意的に患者さんを集める、ということを全くしてきませんでした。

ここがほかの手術主体のクリニックと決定的に違うところです。

それは例えば「鼻 整形」などのキーワードでグーグル検索してみてくださればすぐにわかります。

うちのクリニックなどは最初の1ページどころか10ページにも入っていません。

これは1ページ目に載るには莫大な費用がかかりますから当たり前の結果です。

何を申し上げたいかというと、我々は患者さんを恣意的に集めているのではなくほんとに自然に集まってきて今の手術件数と手術内容になってきている、ということなのです。

ただ我々のクリニックの手術件数・内容に影響力があるものは何もないかといえばそうではありません。

それについては次回に

カウンセリングのお申し込み


先頭へ