問合せ

電話

新型コロナ感染の爆発的流行で世界中が大変なことになってしまいました。

日本はどちらかといえば、いまのところ緩やかな感染拡大にとどまっていますが、いつ何時爆発的な感染拡大につながるかもしれない状況です。

為政者から発せられる緊急宣言とそれを受け取る国民の側の反応を見ていると、こういった重大な局面ではちょっとした言葉の意味が大きな影響力を持ってしまうことに驚いています。

日頃から患者さんに正しい情報発信を心掛けているわがクリニックとしても、改めて気を付けないといけないと感じています。

どうしても情報発信側は、受け取る側のレベルを勝手に想定して発信しがちで、その結果トンデモない情報の受け取られ方をしてしまって戸惑うことがよくあります。

特に施術に関するリスクの説明に関しては、できるだけ詳細にお話をしたほうが患者さんの利益になると考えていますが、たまに患者さんから「そんなに怖いことを伝えられるとやる気がなくなります!」とか「手術をやめさせようとしてますよね」とか「先生、本当は手術したくないんでしょう?」など、こちらの想定外のリアクションに驚くことがあります。

もちろんそうではないのですが、どこまでこういったリスクを正しく誤解のないように伝えられるか、毎日頭を悩ませられるところです。

ただし、不特定多数の方に向けて情報発信する政治的なメッセージに比べれば、見える相手として一人一人の患者さんに情報を伝えるほうがより正確にきめ細かく伝えられる、という点では対面のカウンセリングはとても大切な診療行為だと改めて思います。

私は人と同じことをするのがあまり好きではありません。

そもそも35年前に美容外科医になろうと決めたこと自体が普通ではなかったと思います。

今でこそ市民権を得た感のある「美容外科」ですが、その当時同学年で美容外科どころか形成外科を志望した医者すらいませんでした。

「美容外科?それって医者がするものなの?」・・仲の良かった同期の医者から当時言われた本当の言葉です。

それでも、理由はわかりませんが当時どうしても美容外科医になりたかった、その気持ちは今でも全く変わっていません。

さらに、、、

当時から巷には美容外科クリニックはあるにはあったのですが、そこは「あまのじゃく」の私ですから、そういった巷の「なんとなく怪しい美容外科」だけにはなりたくなかった、というのが本音です(当時、真剣に美容外科診療をされていた諸先輩には申し訳ありませんが・・・)。

厄介なことに、その気持ちは今でも全く変わっていないのです。

美容外科の手術を受けたい、と来院された患者さんに、カウンセリング時間いっぱい使って、延々と「美」?を説いてあえて手術をすすめることをしない、などというのは美容外科の常識から逸脱していることは重々承知しているのですが・・・患者さんには申し訳ないです。

手術件数を競う、売り上げを競う美容外科クリニックで働いている手術大好きドクターからは信じれない、それこそ非常識かもしれませんね。

こんなわがままな診療をしていても、クリニック経営が成り立つのか?そんな疑問に答えをだすことがそもそも「八事石坂クリニック」を始めたきっかけでした。

その答えは、12年間つぶれなかった、それどころかクリニックをもう一つ作ってしまった、ということから・・・時間はかかるかもしれないけどやればできる・・・です。

そんな私のわがままを理解してくれているスタッフ、そして何よりも私を信じて大きな手術を受けてくれた患者さんのおかげと思っています。

人一倍、運のいい人生をくれた神様にもとても感謝しています。

八事石坂クリニックはそんなクリニックです。・・こんな美容外科クリニックが日本に一つぐらいあってもいいですよね?

カウンセリングのお申し込み


先頭へ