問合せ

電話

ちょっと前に、「美容外科医療にまつわる誤解」というテーマで記事を書きました。

今回は同じテーマで別のお話です。

「整形っぽい」っていうのはあまりいい意味で言われません。

「嘘っぽい」っていうのと近い感じです。

その反対の意味で、患者さんに使われるキーワードに「自然な感じ」というのがあります。

何回も整形手術をすると自然な感じが失われ、整形っぽくなってしまう、というように使われます。

確かに何回もいろいろなクリニックで美容手術を受けて、お世辞にも「きれい」っていえる患者さんは少ないと思います。

ところがうちのクリニックで何回も手術を受けていただく患者さんは、受けていただいた回数に比例してきれいになっていきます。

何が違うかというと、最初からバランスを考えて計画的に手術を受けていただいている方が多いからです。

行き当たりばったりの手術では、何回受けてもきれいになるどころか、先ほど書いたようにだんだん不自然な整形っぽいお顔になってしまいます。

逆に、最初の段階できちんとゴールを決めてバランスを考えながら手術をしていくと、変化はあるのだけれど、だんだん自然な感じに近づいて、最終的にどこの部分をどんな手術をしたかわからない、という結果になっていくことができます(私の考える最高の美容外科手術です)。

整形手術は、バランスを考えながら必要な部位を必要な程度に変えていく手術をすることが成功する秘訣です。

傷を小さくしようとしたり、できるだけ小さな範囲の手術で大きな変化を出そうとしたりすることが不自然な結果になりやすかったり、逆に何も変化のない手術を繰り返すことになります。

カウンセリングで最初にこう言ったことをお話しするのですが、このことをすぐに理解できる患者さんは、術後の満足度が高い傾向が見られます。

美容の手術を重ねることは、それが事前にバランスを考えた手術内容であれば、ごく自然な結果になる近道といえます。

カウンセリングのお申し込み


先頭へ