問合せ

電話

今回の記事は、医者向けに書きます。

最近は若い医師の間で、美容外科医になりたいという希望は珍しくないようです。

そこで、どういった医師が美容外科医に向いているか、私なりの意見です。

もちろん美容外科医も医師ですから、医師としての資質を持っていることは大前提です。

そのうえで俗にいう「人気のある美容外科医」になりたい、そのために必要な資質はなんですか、といった疑問にこたえたいと思います。

一言でいえば、「自分」というものに疑問を抱かない性格、簡単には「自信家」であることが重要です。

美容外科は、治療の成否の判断が難しい特殊な科です。

簡単にいうと、美容外科の手術を受けた患者さんが結果に満足していただければ成功、不満足であれば失敗となります。

ほかの科のように。医学的に成功、失敗がすべてというのとは違う部分があります。

我々は長い医学教育で医学的(科学的)な思考パターンを植え付けられています。

その頭で、美容外科の手術に臨むとえらいことになるわけです。

医学的に決して失敗ではなくとも、その結果に患者さんがNOといえば、その医療行為の結果は失敗になります。

まじめな医師ほど、悩み、頭が混乱し、自信がなくなっていきます。

一方、元来細かいことは気にしない性格で自信家の美容外科医は、はなからそんな結果について悩むことをしません。

そういった美容外科医の美容外科医療に対する「情熱」はそんなことで枯れることはないのです。

「人気のある美容外科医」になるために一番重要なのは、学校で習うことのない「ガッツ」というやつです。

「人気のある美容外科医」は一般的にハートが強く、タフガイです(男性医師とは限りませんよ)。

「患者の言うことなんか聞いとるからあかんのや」と後輩医師に言い切れる医師が、一般的に人気がある美容外科医なのです。

それでは、患者の話をまじめに聞いてしまう、気の弱い、ガッツもない医師は、「立派な美容外科医」になれないかというと、それはそれで方法があります。

次回はそのことを書きますね。

カウンセリングのお申し込み


先頭へ