問合せ

電話

美容手術をもとめて当クリニックに相談に来られる患者さんは相変わらず多いのですが、うちのクリニックではそういった患者さんに、本当に手術を受けたほうがいいかどうかというところからお話しするスタイルをとっています。

そういった患者さんの中に「先生は手術をするのがお嫌いなのですか?」という方もいます。

最初からあまり手術を勧めることをしないからだと思うのですが、決して手術が嫌いというわけではありません。

逆に、個人的には手術が大好きなほうだと思っています。

自分でいうのもなんですが、いったんお引き受けした手術は自分のベストパフォーマンスを心掛けていますし、たとえ一日がかりの手術であっても最後まで丁寧に施術をやりぬくことには誰にも負けない自信もあります。

ただ、私自身、手術をすることが好きだからという理由で患者さんに手術を勧めるのは、自身のポリシーに反しています。

そういった「私情」で、手術を勧めるのは、外道だと考えています。

患者さんも同じですが、手術の威力、もっと言えば手術の魔力に負けてしまって、手術をどんどんおしすすめていくと医師もどこかで精神的な破たんをきたす、と考えています。

これは患者さんにとって不幸なことであり、医師にとっても不幸なことです。

何よりも美容外科の手術を愛する医師であれば、手術に慎重であるべきで、手術の適否には私情をできるだけはさまずに客観的に判断しようとするべきだと思うのです。

いい年をした医者がいうのも恥ずかしい話ですが、美容外科の手術に対してはいつでもピュアな気持ちで臨みたいのです。

患者さんの要望する手術に自信がないから手術を勧めないというのは論外ですが、むしろその手術に精通しているからこそ勧めないこともある、そういった医師として残り長くはない手術人生が送れることを願っています。

今年もノーベル賞受賞の季節がやってきました。

去年に引き続いて今年も日本人受賞者がでてマスコミを中心に湧き立っています。

それはそれで日本人として大変喜ばしいことだと思います。

しかし、だからと言って今の日本の研究環境や研究者が優れていて未来も明るいと手放しに喜んではいられないように感じます。

最近の日本人ノーベル賞受賞者の研究の大部分は今から10年~20年前に行われたことを考えると、これはそのころの研究の成果が今評価されているに過ぎず、今行われている研究の成果への評価ではない、ましてや今後はどうなっていくか全くわからない、というところが気がかりです。

ちょっと前のSTAP細胞事件でも分かるように、今の日本の研究環境はあまりにも結果を性急に求められすぎていて10年~20年後の評価にはとても耐えられない内容となってしまっているのでないでしょうか?

これは美容外科の手術にも言えることで、手術の結果は10年たたないと本当のところはわからない、というのが正直なところですが、美容外科を取り巻く環境がそのような悠長なことを許さないのか、それに乗っかった安直な治療や、そういった治療をすすめる医師がもてはやされる時代のようです。

10年以上まえにもてはやされた安直な美容医療のなかで、10年経過した今、どれだけのものが生き残っているかを考えれば、今の治療法の中で今後も有効なものとして評価されるのはごくわずかであるといえるかもしれません。

カウンセリングのお申し込み


先頭へ