問合せ

電話

今年の目標の一つとして、「本を出版すること」をあげてきましたが、やっと上梓するに至りました。

私自身、医学書についてはこれまでにも何冊か分担執筆という形での経験がありますが、今回の本は医学書とは全く違うもので人生初の経験になりました。

タイトルは「医者の父から息子へ贈る30通の手紙」です。

発売は5月27日(金曜日)になります。詳しくはこちら

内容を簡単に言えば「自叙伝」になりますが、もちろんテーマは医学と美容医学に関係したものになります。

私が専攻した医学のなかでも特殊な分野である「美容外科」は、どちらかといえば軽いイメージで描かれることが多かったと思うのですが、そういった意味では今までのものに比べかなり違った内容になっています。

美容医学に対する情熱は誰にも負けないと自負していますが、それ以上に日本の美容医学の未来に対する不安や自分の無力さ、失望を毎日感じているのが現状です。

私一人の力はたかが知れていますが、私に共感してくれるこれからの若い美容外科医が美容外科の将来をいい方向に変えていってくれることを期待して、今回の本を書きました。

若い医師が今まさに美容外科で開業しようという時に読んでいただけると役に立つのではないかと思っています。

もちろん既存の同業者のドクターや美容外科に関心のある患者さんにも読んでいただきたいと思います。

どちらかというと口下手であまり社交的でない私の本当の姿を、この本を通して少しでも理解していただけるようでしたら幸甚の至りです。

今回は編集者の意向もあって、特殊な出版形式をとっています。

アマゾン限定販売になっています。

まず紙の本があって電子版も利用することができるというのが通常ですが、今回の本は「Next publishing」といって、逆に電子書籍が前提で、ご希望の方にだけ注文後に1冊1冊を製本してお届けするという形式になっています。

したがって紙の本というものがあらかじめ存在しているわけではないので本屋さんなどでは購入できません。

また注文後、製本してお届けできるまでに1週間ぐらいかかるとのことです(電子書籍であればすぐに読むことができます)。

今回の形式では、電子版は廉価に設定できましたが、製本にすると倍近くになってしまうことと、本文中の写真が白黒しか対応できなかったことが若干の心残りでした。

この場を借りて、私のタイトなスケジュールに最後までお付き合いただき、私のわがままな要望に最大限こたえていただいたクロスメディア・マーケティングの川辺様、和田様に心から感謝申し上げます。

ゴールデンウィークも終わり、少しずつ暖かくなってきました。

休み中はずっと考え事をしながら部屋の片づけをしていました。

必要のないものをどっさり捨てました。

部屋を片付けるのはとても好きで、いろいろ考えながら長い時間をかけて部屋をシンプルにしていくと頭の中もすっきりするような気がして気持ちがいいものです。

かた付けをしていて感じることですが、普段の生活でいかに電気を必要とする物が多いかということ、その結果、コンセントにつながるコードが部屋の中をのた打ち回り、部屋の片づけの一番の妨げになっています。

見るだけでうんざりします。

固定電話が携帯やスマホにとって代わられたように、すべての電化製品が電気コンセントにつながなくてもいいというようにはできないものでしょうか。

また先日の地震での甚大な家屋の被害をみると、家を建ててそこに住む、ということ自体がリスクに感じます。

避難先が車の中、ということであるならば、逆に普段から住めるような車を作って用意しておいたほうがいいかもしれないと考えます。

車中泊で一番困るのは、エネルギー源です。

さきほど言ったようにコンセントにつながなくても電気の供給を受けることができる電化製品があれば一挙に解決できます。

エアコン、電子レンジ、冷蔵庫、TV、など移動できる車のなかで普通に使えるようになれば、災害の多い日本でわざわざ家をたてるリスクをとらなくてもいいようになると思うのですが・・・。

「自動運転」などに費やす研究費の何分の一かで、こういったことは簡単に実現できそうに思えます。

自分の頭の中ではこういった未来生活はすぐに始められますが、現実がそれに追いつくのはいつごろでしょうか?

カウンセリングのお申し込み


先頭へ