問合せ

電話

下眼瞼下制術(たれ目形成)の手術で、患者さんにとってなかなか理解が難しい点の一つに、皮膚切除の問題があります。

皮膚切除そのものを主体にした「たれ目」手術もあれば、まずは皮膚切除をしないで粘膜側の手術をする方法、両方を一度にするやり方、など色々です。

ドクターによって手術法が違うので、患者さんとしてはどれがいいのか判断が難しく混乱の原因になります。

手術を受けるにあたって迷わないためには、この手術がどういった手術なのか、原理をしっかり理解していただければ、あとはそれぞれ経験の豊かな医師の説明をうけて手術を受ければいいと思います。

まず瞼(下まぶたでも上まぶたでも)の構造を単純に2枚構造と考えてください。

表(皮膚側)と裏(粘膜側)があるのですが、まつ毛の付け根を境に切り替わると考えるとわかりやすいと思います。

下まぶたを下げるということは、皮膚側も粘膜側も短くすることです。

まつ毛の倒れ方で(どちら側に倒れているか)、皮膚側が短いのか粘膜側が短いのかが判断できます。

つまり「逆まつ毛」のかたは、皮膚側に比べて粘膜側が短い人です。

まつ毛が皮膚側に倒れている人は、「外反」といわれていて皮膚側が短いことになります。

「逆まつ毛」も「外反」も手術によって生じることもあれば、生まれつき、あるいは加齢によっておこることもあります。

下まぶたの場合、外反が強くなるといわゆる「あっかんべー」状態になり、非常に治療が困難になります。

下まぶたを下げるときに、一番のリスク、一番に避けたい状態はこの「外反」状態を作ってしまうことです。

形成外科などの素養があるドクターであれば、このことを十分理解しています。

要するに、下まぶたを下げて「たれ目」にする時に、気を付けなければいけないことは、一番のリスクである「外反」を避けながら十分なたれ目を作ることです。

これらを理解していれば、経験豊かなドクターが「たれ目」の手術について何を考えて説明しているかがよくわかると思います。

ちなみに私のやり方は、皮膚切除を一番最後に行う方法ですが、もちろんその理由は「外反」を作ってしまうことだけはどんなことがあっても避けたいからです。

鼻の手術の特殊なところは、鼻の美醜の判断をするのに、見る角度によってきれいに見えたりそうでもなかったりするところです。

手術の時に正面でチェックするポイントは、それほど多くはありません。

なぜなら鼻はやはり高さに関係する問題が多いからです。

正面でチェックできるポイントは、せいぜい鼻の幅や鼻筋で、長さですらどこの部分の長さが正面で投影されているかは判別が難しいものです。

そうかといって完全な側面でみる鼻は、高さこそわかるもののこの角度で人の顔を見る場面はそれほど多くはありません。

そうやって考えると鼻の美醜を見極めるのに斜め横からのビューが重要であることがわかります。

もちろんその判断基準も人によって違うので一概にいうことは難しいのですが、両側の斜め横からの鼻を眺めるときに、鼻背はできるだけストレートか少し反るラインで、その先に鼻先があって少しとがっていて上向き過ぎず下向き過ぎず、というポイントを押さえれば、すくなくとも醜い鼻ができてしまうことを防ぐことができます。

逆にこの角度からみた鼻が美しい人は、まちがいなく美人です。

大瀧詠一の歌っている「ペパーミントブルー」の中に出てくる女性はきっとこのタイプだと思います。

~♪斜め横の椅子を選ぶのは、この角度からの、君がとても綺麗だから♪~

 

最近、ネットで2014年の引っ越ししたい田舎のランキングというのを見かけました。

1位が「山梨県」・・・私も最近、山梨県に生まれて初めて行ってきましたが、とてもいいところで、中でも富士山が間近に見られるのは贅沢だな~とおもいました。東京から特急で1時間半、というのも魅力的です。

2位は長野県、そして3位に岡山県、となっていました。

私の第2の故郷、岡山が3位!。

岡山県民以外で、岡山のこと知っている人は少ないと思っていたのですが、東日本大震災以降、温暖なうえに天災が少ないということで脚光を浴びたのが原因のようです。

ご存じのように岡山大学医学部出身の私には、岡山で過ごした7年間は今でも忘れられない青春そのものです。

生まれ故郷の名古屋を飛び出して18歳だった私はそれまで一度も訪れたことがなかった岡山の地を医者になる第一歩として選んだのです。

若かったといえばそれまでですが、今考えてみるとよくそこまで決心できたと感心します。

高校の進路指導の先生も「なんで岡山なの?」と首をかしげるばかりで、そのあたりの深~いお家の事情?はまたの機会に書くとして・・・。

岡山の7年間をあらためて思い返してみると確かに気候も温暖でその間一度も大きな地震は経験したことがありませんでした。

どちらかというと刺激がなさ過ぎて20歳前後のエネルギーが爆発しそうな若者には少々もの足りない青春時代でした。

今となってみると、この貴重な青春の7年間をのんびりした岡山で過ごしたことが、今の診療スタイルにも少なからず影響しているかも知れません。

大都会とは言い難い岡山ですが、想像以上に交通の便はよくて生活に困ることは何もなく、この「ほどほど」感が田舎でも住んでみたいと思う原因でしょうか。

岡山を離れて30年、さすがの岡山もかなり変わったと聞きますが、老後にもう一度岡山にうつり住んでみたいと思うかどうか・・・第2の故郷も遠きにありて思うもの、かもね。

カウンセリングのお申し込み


先頭へ