問合せ

電話

某美容外科でおこなわれた糸による「フェースリフト」で効果がないどころか術後の痛みの被害で患者さん数人が訴えを起こしたそうです。

実は数か月前に美容外科学会の役員の先生からうちのクリニックに、スレッドリフト(糸によるたるみ治療の総称)に関する私の客観的な意見をお聞きしたいという依頼を受けておりました。

私自身がここのところ毎年、スレッドリフトに関する発表を学会で行ってきた関係だと思います(今年の9月の美容外科総会にもシンポジストとして依頼を受けています)。

ちなみに私のスレッドリフトによるフェイスリフトはこういったケースで行われている「スレッドリフト」とはまったく異次元のものです。

糸による(糸単独で行われる)フェイスリフトの効果が3か月以内で無くなってしまうことは、我々のように真面目に手術をしている美容外科医の間では常識です。

それではなぜこのようなことが起きてしまうのか・・・。

その答えは、私の過去の記事を読んでいただければすぐにわかります。

彼ら(訴えられた美容外科で働くお医者さんたち)は、効果があろうがなかろうがとにかく手術をしなければいけないのです。そうでなければ彼らも生きていけないのです。

効果のない手術とわかっていても、患者さんにその手術を受けてもらわないと商売が続けられないのです。彼らも毎日患者さんにうそをつき続けるのは心の中では苦しいはずです。

彼らにとって、術前カウンセリングで「この方法だと効果は3か月でなくなりますよ」という「本当のこと」は口が裂けても言えないのです・・・(ちなみにうちのクリニックではそのような手術を患者さんに求められたときには、正直に「3か月で効果がなくなりますけどいいですか?」・・とお聞きするので、患者さんのほうがあっけにとられています)。

こういった事情を御理解できれば、患者さんがのちのち後悔するような美容の手術を受けてしまうことはなくなります。

最近ソニーのCMを見ました。最後に「BE MOVED」というロゴが映し出されていました。

ソニーが言いたいのは、我々の目指しているものは技術によってハイスペックな製品を作ることが最終的な目的ではなく、それによっておこる人々の感動である、ということだと思います。

ソニーは最新の技術を常に生み出すことで大きくなった会社ですが、最近は伸び悩んでいると思われています。

しかし企業にとって、高度な技術を突き詰めていくことが最終目的でなく、その先にある人の感動とか幸福が目的であることに気づくようになる、それが企業としての成熟なのではないかと思います。

もちろん常に革新的な技術を生み出していくことを怠ることはできませんが、それだけでは限界がやってきます。

ソニーもエレクトロニクスの分野でトップに躍り出たところから、その葛藤にさらされ続けてきた結果が今日の姿だと思います。

美容外科医にとっても、美容外科の手術の技術研鑽を怠ることはできませんが、美容外科の手術の目的は手術に熟練するだけではありません。

それよりもその手術によって患者さんが術後どのように感じるか、術前の患者さんの心の悩みが軽くなってご自分を受け入れられるようになるにはどんな手術をすることが最良なのかを常に考えることが、手術の究極の目的であるということを最近感じるようになっています。

先日テレビで「オキシトシン」というホルモンが人体に及ぼす影響についての番組がありました。

山中教授もコメンテイターとして出演されていました。

恥ずかしながら、この「オキシトシン」についての私の知識は、番組に出ていた芸人とほとんど変わらないレベルでした。

オキシトシンは出産前後で多量に血中に分泌されるホルモンです。

私が大学で教えてもらった知識は、すでに35年近く昔のものだったということもあるのですが、オキシトシンには子宮収縮ホルモン、乳汁分泌促進ホルモンとしての働きがあるということぐらいでした。

番組では、オキシトシンにはそれ以外にもいろいろな作用があるということが紹介されていました。

特にオキシトシンには「相手をいとおしく思う」ようになる作用がある(だから母親は生まれたての赤ん坊をみてかわいい!と思うわけですね・・)、と聞いて人間の心の動きまでこういったホルモンのメカニズムに支配されているということを知り、また一つ人体の神秘についてその仕組みが解き明かされた気がして興味がわきました。

実は、美容外科手術も人の心の動きをコントロールすることが目的である、と私は考えています。

確かに「絶対的な美」の存在はあるのかもしれませんが、人の心の中に「美」と感じられる心地よさを作り出すポイントのようなものがあり、それを手術で作り出すのが美容外科の目的だと思うのです。

それが証拠に、教科書的に完璧な鼻を作ったとしても、患者さん全員が満足することは絶対にありません。それどころか満足する患者さんのほうが少ないともいえるのです。

今回の学会に限ったことではありませんが、たくさんの発表演題の中で本当にためになるものを聴けることはそれほど多くありません。

私が聴いて素晴らしいな、と感じるのは、学会発表の内容が事実をもとに客観的に語られている演題です。

演者が行っている方法について、なぜその方法に至ったか、その方法のどこが優れているか、限界はどこにあるか、今後の改善点はなにか、などきちんと語られると、その先生の科学者としての良心、真摯な態度に感動するとともに、演題の評価も高くなります。

この方法がいいですよ~だけでは、一般の患者さんには通用しても、科学者としての医師には響きません。

自分の行ってきた手術や施術に自信を持つことも重要ですが、今よりさらに改良改善しようという気持ちや態度をなくしてしまったら、科学者としての進歩が失われてしまいます。

私自身が演題を発表したあとの議論でも、私より経験のあるドクターの意見を拝聴できることは本当にありがたいことで、その意見を参考にさらに考えを深めるきっかけにすることもできます。

そういった心構えを失った時に、自分自身の進歩もなくなるということを肝に銘じて学会に参加するようにしています。

4月9日から11日の3日間、長崎で行われた形成外科学会に参加しました。

初日のイブニングセミナーという、なかなか時間的に厳しいセッション(参加者が集まりにくい、という意味)での発表が今回のデューティーでした。

テーマは「痩身器械」。参加者にはなかなか好評な内容だったと思いますが(我田引水かもしれません)・・・。

2日目3日目はいつものように器械展示を中心に、精力的に回ってきました。

興味の中心は、やはり痩身器械、そして脂肪注入関係の器械にも新しいものをみつけました。

レーザーもこれというものを教えてもらい、4月の最終日曜日にセミナーを聞きに行くことになりました。

アンチエイジング関係の器械もちょっと気になるものがあり、詳しいことを聞きに行くために韓国へ行くことに(連休前に、たぶん日帰り)なりそうです。

個人的には、長崎でいわゆるチンチン電車に乗れてよかったです。名古屋ではすでに1970年代に姿を消していますが、こうしてあらためて路面電車に乗るといいものだなーと感じました。

あとJR長崎駅の構内を俯瞰できるホテルに泊まったので、最上階のレストランから見る長崎駅がジオラマのようで楽しめました。

カウンセリングのお申し込み


先頭へ