問合せ

電話

続き・・・

前回、修正相談に来院された患者さんで、その原因として一番多いのは医者から患者さんへの説明不足だった、ということを書きました。

術前の医師からの説明時間が相談を含めて10分しかないとか、手術を決めてからでないと医師に合わせてももらえない(このシステムの存在を聞いてこりゃすごいなーと逆に感心しました、最高の経営効率、どこのクリニックなんだろう~)、というクリニックがあるのは事実のようです。

しかしそれにはやむに已まれぬ理由があるのです。

医師が時間をかけて説明すればするほど、患者さんは手術をしなくなる可能性が高くなるからです。

手術のリスク、術後経過の長さ、手術の結果など事実を正直に説明すればするほど、患者さんには恐怖と失望の気持ちがわいてきます。

それを知ったうえで美容手術のように緊急性、必要性が少なく費用も掛かる手術をあえてやろうという患者さんのほうが少数派です。

私のクリニックの経験からいいますと、比較的大きな手術の相談で来院された人で、詳しい説明を聞いた後に実際に手術を受けた方は30%未満です。

残りの7割近くの人は、手術をあきらめてしまうか、考え直すことになるようです(ただ単に、そりゃ~患者さんをこわがらせてるからだろう、という医師側(私)の問題が理由かもしれませんが・・・)。

・・・それが繰り返されると、普通の心やさしい?美容外科医は患者さんの嫌がる話をあえてしなくなります。

さらに、時間をかけて詳しく説明をすればするほど手術成約率が落ちるとなれば、せっかく広告費をかけて患者さんをよんでもクリニックにとっては意味がないどころか損害にさえなります。

チェーン店や経営の厳しい美容外科に務めている医師は、これをしたら致命傷になってしまいます。

彼らにとって、術前に詳しい説明をして患者さんが手術をやらなくなることが一番やってはいけないことなのです。

こういった美容外科の状況を知ったうえで、患者さんが最初の手術で満足できるようにするにはどうすればいいか・・・。

巷でいわれる、ありきたりの「カウンセリングは複数のクリニックへいきましょう」とか「しっかり医師に術前にこれこれを確認しましょう」などで十分かといえば・・・否です。

どうすればいいか、詳しくは・・・次回です。

今年も、他院で受けた手術の修正相談をすでに何件が受けています。

長年術後の相談を受けてきて、相談内容についてはいろいろあるにも関わらず、こちらからの返答内容は多くの場合同じになります。

せっかくですから、その内容について書いてみます。

その前に、2,3予備知識として知っておいていただきたい事があります。

まずは修正相談といっても、手術の技術が未熟でひどい結果になったというケースはそれほど多くありません(5人に一人ぐらい・・・)。

なんといってもここ10年ぐらいはネットの普及によって患者さん側の情報が豊富になり、あまりにひどいクリニックは淘汰されますし、淘汰まで行かなくても手術結果に疑問を抱いた患者さんはすぐにネットで調べることができるので、クリニック側が下手な言い逃れをしようと思ってもうまくいきません。

当然、クリニック側もそれなりに慎重になってきて、結果が不安定な手術は徐々に敬遠されるようになってきています(具体的にはシリコンバッグによる豊胸術や、それなりの技術がいる切るフェイスリフト、骨切り手術、鼻の手術、切開重瞼などがそれにあたります)。

それでは他院の手術の修正希望の患者さんの来院理由は何かといえば、そのほとんどが「術前術後の説明不足」による患者さん自身の不満、不安、失望です。

もちろんその原因と責任の多くはそのクリニック側にあると思うのですが、そういった風潮が生じる根底には患者さん側の問題も少なからずあるのだということを知っていただきたいのです。

そのためには、美容外科クリニックの経営実態について知っていただく必要があります。 ~続く~

本日は美容外科学会(東京)があり、参加してきました。

発表する演題はなかったのですが、今後の美容外科専門医について日本美容外科(JSAPS)専門医制度委員長の朝戸先生(独協医大形成外科)から報告があるということで聞いてまいりました。

去年の秋の美容外科学会でも報告がありましたが、今回の内容はさらに進展した内容で正直驚きました。

専門医制度を認可する第3者機関が、美容外科学会(JSAPS)を形成外科学会のサブスペシャリティーとして位置づける内容の申請に対して認可がおりた、とのことで、それも異例の早さ(申請が去年の9月で認可が3か月後の12月)だったという報告でした。もちろん形成外科学会にもこのことは承諾されている事項とのことでした。

そして本日の理事会で決まったことによると、美容外科学会のなかで、専攻医(専門医を取ろうとする医師)の指導に当たる教育専門医という資格を創設するとのことでした。

美容外科医に限らず、これからの医師は何らかの専門医(外科、内科などの18科のうちの一つ)になり、さらにそこからサブスペシャリティーの専門医を目指す、というように大きく変わるようです。

つまりこれから美容外科学会の専門医になるには、形成外科学会専門医であることが必要になります。

今のJSAPSの専門医(私もその一人ですが)は奇しくも従来から自主的にこのような制度を自らつくりあげていた、ということで先人の先生方の先見の明に敬服するとともに、私自身も、すでに30年前にはこういった時代が将来きっと来るはずであると信じて診療に励んできたことが少し報われたようでほっとしています。

ただし、私が名古屋大学の形成外科に入局したころは、多くの形成外科医局(名古屋大学を含めて)が美容外科を異端扱いし中にはこれにかかわることをご法度としていた時期があり、その犠牲になり形成外科専門医を取ることをあきらめた美容外科医がいたことを思うとやや複雑な気持ちでいます。

私の場合、名古屋大学の形成外科医局内で、厳しく禁止されていた美容外科をあきらめることなく「隠れ美容外科医」として耐えてこられたのは、意志を同じくする同胞がたまたま医局内にいたことが大きかった、と思っています。

いずれにしても正式な日本美容外科専門医制度ができることはこれから美容外科をめざす医師にとっても、患者さんへ正確な情報をお伝えする面でも有益なことになると思います。

症例アルバムを追加しました。詳細はこちら

以前のどの症例よりも鼻先の位置を意識して手術を行いました。

ギブスを外してあまり時間を空けずに写真を撮っているので鼻筋がかなり細くみえるかもしれません。

新年早々、ダイレクトメール可としてくださった患者さんに年賀状を送りました。

そのなかでご案内しましたが、今月はあの「バンキッシュ」のキャンペーンを行います。

そうです、ポッコリお腹、腰、太ももの皮下脂肪を楽に減らせられる「バンキッシュ」です。

1月中は、1回あたり73,500円のところを4回セットで168,000円(実質43%引き!5名様限り)でご案内しています。

特長はとにかく楽に減量効果が得られることです。

患者さんは寝ているだけ、お腹がぽかぽか暖かくなって気持ちいい、痛みは全くなしという夢のような器械です。

去年からアメリカの美容外科で最大の話題になっていて日本では当クリニックが最初の導入クリニックになりました。

ぜひこの機会におためしください。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

正月休みの3日間で今年1年についての色々なことを考えてみました。

今年一番気になるのは消費税が4月から8%にアップすることです。
景気が悪くなると予想される中で、私のクリニックにできることは何か、ということも考えました。

まだ具体的にお話しできる段階ではありませんが、今のクリニックの体制に対してかなり思い切った変革をしようと決意しています。
それについては近々ご報告したいと思います。

私のクリニックはおかげさまで、去年の10月に5周年を無事に迎えることができましたが、開業当初に考えていたことと現実の間でのギャップも結構ありました。

美容外科業界は、どんどん変化していてその流れを意識しないでやっていくことは不可能です。

基本を大切にしながら、新しいものはどんどん取り入れて患者さんのニーズにますますこたえられるようにしていきたいです。

今年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます。
新年は4日から診療を開始します。
今年もよろしくお願いします。

カウンセリングのお申し込み


先頭へ