問合せ

電話

最近視るようになったテレビ番組で木曜日放送の「和風総本家」があります(テレビ東京系)。

日本のしきたりや、和菓子などの食べ物、日本の職人芸などが毎週放送されます。

一部クイズ形式になっているところがめんどくさいと思うこともありますが、先週紹介されていた職人さんの話にはとても感動しました。

その日のテーマは、外国人に重宝がられる和の逸品ということで、いくつか紹介されていた品物のうちの一つが紹介されていました。

フランスで貴重な絵画の修復に用いられている道具にスポットがあてられ、その中に日本製の刷毛が取り上げられていました。

もちろんその修復士(女性)の方も一流のかたでしたが、その人が20年間一つの刷毛を使い続け、それが日本製だということも御存じで、他にはない使いやすさと丈夫さにいたく感心し、それがないと仕事にならないといっておられました。

番組ではその刷毛を20年前に作った日本の職人さんが紹介されたのですが、その人は滋賀県のとても小さな工場(見た感じ物置を改造した感じでした)でおひとりで作っておられる今では高齢の男性職人さんでした。

刷毛の材料や製造工程の紹介があり、使いやすく丈夫で繊細な刷毛ができる理由がわかりました。

ひとつひとつとても丁寧に作られ器械ではとてもつくれないもので、その職人男性は自分が20年前に作った刷毛が遠くフランスの人に重宝されていることを知り、とても感動されていました。

こういった繊細な仕事は、日本人ならではのもの、今の日本では忘れられがちですが遠く外国の人にもいいものはわかってもらえるのだということと、そういった光の当たりにくい地味なお仕事にスポットライトをあてた番組は秀逸だと思いました。

しばらくぶりの更新です。

3月からゴールデンウィーク明けまでクリニックの仕事が忙しく、ここ2-3日前からようやく少し時間が取れるようになりました。

人からよく「美容外科の先生って、よほど手先が器用でないとできないですよね~」といわれます。

なかには「プラモデルとか、上手につくれるんでしょ~」とか言われることもあります。

我々美容外科医自身は美容の手術であまりそのようなことを意識することはありません。

もし手術と模型工作に共通点があるとすれば、やればやるほど作成にこだわる部分が多くなって、出来上がりに簡単に満足できなくなる、というところでしょうか。

私が行っている真鍮鉄道模型作りは、やりだした最初のころ2-3カ月で一つの作品を仕上げていましたが、だんだん製作期間が長くなり、いまでは取りかかるまでの下準備だけでかるく1か月、仕上げに半年以上もかかるのが普通になってしまいました。

最初に部品の仕上げをしっかりしておかないと、わずかなひずみが後々に大きなバランスの崩れにつながるからです。

最後になって辻褄を合せようと思ってもなかなか難しく、どこかで妥協することになります。

そういったことが無いように前もってしっかり準備することが肝心ですが、美容外科でいえばこれは術前の診察とカウンセリング、手術のプランニングにあたります。

ここをしっかりすることが、あとで結果に妥協しないですむ一番の秘訣だと考えます。

前回の続きです。御紹介する2例目の方は、以前他院で「鼻尖縮小術」を受けられた患者さんです。鼻の穴が見えるのを治してほしい、というのがご希望でした。

鼻の美容外科手術で一番難しいのは、治したいところと手術名が必ずしも一致しない、という点です。

鼻先をすっきりしたい、というご希望の患者さんでも、考えられる手術はとても多く、一つの手術でかなえられることのほうが少ない気がします。

その中で鼻尖縮小術というのは一般に鼻先をすっきりする手術と考えられているのですが、実際は鼻翼軟骨を引き寄せ縫合することと鼻尖部の皮膚を薄くする、という手術のことをいいます。

実際にこの手術を受けられた患者さんの再手術をしてみると(この手術の術後修正希望の患者さんは比較的多いのです・・)ほとんどの患者さんで鼻翼軟骨の頭側偏位と軟骨自体の変形が見られます。

要するに鼻先を形作っていると考えられる鼻翼軟骨が上のほうへ移動するため、術後に鼻先が上を向く、つまり鼻の穴が見えてしまう、といったことにつながります。

この患者さんでも同様の現象がおこったと考えられます。

初回の手術は、鼻の手術がとても上手だという評判の先生によっておこなわれていて、手術自体が間違っていることはないはずで、実際に再手術をした所見でもひどい手術がしてあるとは思えませんでした。

ではどうしてこの患者さんは再手術をしなければならなかったか?

その答えこそが鼻の手術を考える上でとても重要なキーポイントになると考えています。

詳しいことは、次回以降に書いていきます。

カウンセリングのお申し込み


先頭へ