問合せ

電話

先日、「シルエットリフト」のプレゼンテーションのためにDr. Roberto Pizzamiglioの訪問をうけました。

シルエットリフトは糸でたるみを持ち上げる手術の一種です。

使用する糸はこのようになっています。

糸のところどころにノッチがつくってあって、これにコーンが10個ほどとめてあります。このコーンがたるみをひきあげてくれます。

このコーンは8か月~12ヶ月でとけてなくなるようですが、糸はとけません。

従来の「アプトス」よりは、組織を把持する力が大きいこと、術後に糸が動き回ることがないのでトラブルは少なそうです。

そこでDr. Roberto Pizzamiglioにこの「シルエットリフト」の効果について本当のところを聞きますと、やはりコンビネーション手術に使用することが多いとのこと。(彼は術後3年近いデータを持っていました。)

どういうことかというと、シルエットリフト単独で手術をするよりは、フェイスリフトと一緒に使用する機会が多く効果が上がるのはミッドフェイスのリフトとして使うのがいいようです。

このあたりを次回さらに詳しく報告します。

前回に続いて「目頭切開術」です。

この手術は意外と修正希望が多い手術です。

前回書きましたように、目がよりすぎて印象が変わってしまった、という患者さんの訴えがあります。

目頭の形が希望と違うという患者さんもいます。目頭の形が丸い(Uの字を横にしたような)形が気に入らないというものです。Vの字を横にしたような形が希望だった、とのことです。

いづれにしても、いったん蒙古ひだを形成してできるだけ元に戻してから、そののちに希望の目頭にするということになります。

 

目頭切開術は目が離れている人や蒙古ひだが強い人、平行型の二重を希望する方に行われる手術です。

この手術をすると、顔の印象ががらりと変わることがあります。

やりすぎはあまりいい結果にならないことが多いので慎重に行う必要があります。

一つの目安ですが、眼頭間の距離が30mm以下になると「ありえない顔」になりますので要注意です。

音楽家には長寿の方が多いと言われています。音楽を奏でることが人間の精神に非常にいい影響を及ぼしストレスが少ないのが原因と考えられています。

それに対して比較的短命な職業として「医者」が挙げられています。「医者の不養生」とも言われていますが、ストレスが多いのが原因だそうです。

楽器を弾くことができればそれを職業にするのが一番いいということでしょうか。

 

下眼瞼下制術は効果が出る人とあまり出ない人がいるようです。

以前の記事に書きましたが下眼瞼は受動的な動きをするので、この手術はこの受動的な動きを制御することで効果を発揮すると考えられます。

したがって効果が出やすい人はもともと下眼瞼の受動的な動きが大きい人、つまり目を開けたときに下眼瞼が上にあがってしまう人と考えられます。

下眼瞼の動きが少ない人にこの手術をしても効果がよくわかりません。逆に無理やりさげると下三白眼になって超不自然になってしまいます。

手術する前に効果が大きく出るかそうでないかが判定できるといいですね。

鼻尖をとがらせたり、高くするのに耳介軟骨移植が用いられます。

鼻尖にプロテーゼを使わない理由は、長年経過すると鼻尖の皮膚が薄くなって最悪プロテーゼが飛び出してしまうことがあるからです。

したがって、鼻背にはプロテーゼ、鼻尖には耳介軟骨移植をすることが多いのです。

耳介軟骨移植をする場合、自分の軟骨(鼻翼軟骨)がある程度強くないと支えがないためこの移植軟骨がうまく働かない場合があります。

この場合にも鼻中隔延長術を併用するとうまくいきます。延長術はこちらを参照

前号のつづきです。

ハイドロキノンクリームの塗り方でさらに気をつけないといけない点は、シミのところだけでなくもっと広くつけることです。

しみのところだけにクリームを塗っている人は、ドーナッツ状にシミが残存か再発しているのですぐわかります。

最低でもシミの縁から2~3cm広めに塗る必要があります。

シミの治療でよくつかわれるクリームに、ハイドロキノンクリームがあります。

ハイドロキノンはメラニン生成抑制作用があります。

メラニンを増やさない、という作用です。もうすでにできてしまったメラニンを分解するわけではありません。

ハイドロキノンクリームには皮膚刺激性があります。

クリニックによっては、ステロイド軟膏に混ぜて院内製剤としているところがあります。この場合、長期間塗布を繰り返すと皮膚委縮がおこるので注意が必要です。

ステロイドが入っていないハイドロキノンクリームは塗布の仕方に気をつける必要があります。大量につけたり、擦り込んだりすることは皮膚の炎症を引き起こす原因になります。

予防するためには、掌で十分伸ばしておいてそっと顔につけるのがコツです。

 

 

 

頬の脂肪吸引は、小顔手術のなかでも比較的多い手術です。

使用する吸引管はかなり細いものを使います。吸引孔は耳たぶの付け根が一般的です。

しかしここから吸引すると頬の前の方の吸引が甘くなります。(一般的に吸引管の先端よりもちょっと手前のほうがよく吸えるからです)

これを解決する方法として、口角の目立たないところにも吸引孔を置くようにしています。

傷もほとんど目立たないし頬の前のほうがよく吸えるので患者さんの満足度が高いようです。

カウンセリングのお申し込み


先頭へ