問合せ

電話

ヴェリテの今年の1月は、ちょっとヘビーな手術が続きました。先日の手術は朝8時から始めて終わったのが夕方5時、実質9時間の手術でした。1月は例年大きな手術が少ないのですが、どうしたのでしょう・・。

ヴェリテのことはこれぐらいにして、世の中は急激な円高になっています。去年の夏ごろは1ドルが120円以上したのですが、今日の朝は、1ドルが106円ぐらいになっています。ある国の通貨の強さは、通常その国の国力を反映しています。つまり通貨が強い=国力が強い、と考えられるわけで、円高=日本国の強さ、になるわけですが・・・・。

しかし最近の日本をみると、国力がアップしているとは少々考えにくく、この円高も一時的なものと考えられているようです。輸出産業や外貨資産をたくさん持っている人にとってはつらい時期ですが、海外旅行する方にはとてもいいタイミングです。

美容外科、美容皮膚科も今は空前のブームで、供給側、需要側ともにどんどん伸びているように見えます。最近では新卒医師のなりたい科の上位にランクされているようです。我々が医師になったころには考えられなかったことです。

これが長期的な現象であれば、歓迎すべきことかもしれませんが、一時的なものならばやがて淘汰の時代がやってくると思われます(実際にエステが出資しているクリニックがつぶれたなどという噂がちらほら聞こえてきます)。その時は美容医療関係者にはつらく厳しい時代となるわけですが、患者さんにとっては医療の選択の幅がひろがり、値段も下がるので今まで以上に身近な美容医療ということになります。

円高にしても、美容ブームにしても、見方によってはいい場合もあるしそうでない場合もあるということでしょうか。

時々、美術館や何かの展示会に行く機会があります。

そのときは出來るだけ一人で、しかも平日でほかの人が少ないときにいくようにしています。

なぜかというと、自分のペースでまわってみたいからです。兎に角早くまわってまず全体を見てしまい、それからもう一度気に入ったものだけ時間をかけてじっくりみたいのです。見る順番が決めてあって元にもどれないような展示は最悪です。

有名な画家とかの展示があるとなかなかそういうわけにはいきませんが、せめて見る順番ぐらいは好きなようにさせてほしいです。見るのもなかなかエネルギーがいることなので、最初のところでエネルギーを使ってしまうとあとは流すだけになってしまします。

長い手術をするときも、かならすペース配分を考えます。とくに4時間以上の手術のときは、術前にざっと全体の流れをつかんでおいてからその中でクライマックスのところを決めて手術に臨みます。クライマックスのところに70~80%ぐらいのエネルギーをつかうようにしています。

テレビドラマで手術シーンをよく見ますが、手術開始のときから術者が「ただいまから何とかの手術を行います!」とすごい気合をいれていますが、あれでは肝心なところまで集中力がもたないと思います。いままでの自分の手術で「ただいまから・・・・・」と宣言したことは一度もありません。

先日、ドクターズコスメでお世話になっている、P社のM社長とF社の営業担当のM君とで銀座で食事をしました。

3か月に一回ぐらいこういった形で情報交換をさせていただいているのですが、美容外科の狭い世界しか知らない私にとっていつも新鮮な話ばかりでとても楽しみにしています。

M君の話ではドクターズコスメ業界は一時の盛況はなく、最近では数社が倒産するかもしれないとのことでした。

そんな業界の状況にもかかわらず、このお二人の会社はとても景気がよさそうで、とくにP社はここ数年次々にヒット商品を出し、コスメランキングでも常に上位にランクインしていました。

M社長の話では、コスメ業界はここのところしばらくトピックらしいものがなく、今年あたりなにかブレークするものが出てきてもいいころだとおっしゃっていました。

さらに、はやるコスメの条件としては、あまり理詰めで考えたものじゃなくて少しふざけているように見えるものが意外と受けるのだそうです。実際その場でもなかなかおもしろい商品のアイディアを披露されていましたが、私のような頭の固い人間には100%出てこないものでした。内容はひょっとするとP社の企業秘密なのかもしれないので具体的には書きませんが、商品化されるのが楽しみです。

ちょっと前から、「金の糸」を入れてほしいという問い合わせがあります。

これは皮膚の下に「金」(マネーではなくてゴールドです)でできた細い糸を埋め込み、肌の若がえりを狙うものです。

その効果の程はさることながら、これは結構価値のある「自己投資」かもしれません。

というのは、「金」の価格がここのところ高騰しているからです。

金価格の動向

ここ3年ぐらいで2~3倍になっています。

昔の王侯貴族は国が不安定になると、貴金属を身につけて国外に逃亡したらしいのです。装飾品という形で持ち運びやすかったことと、どこにいっても貴金属の価値はそれほど変わらないことが重宝された理由と考えられます。

「金」の糸は、顔に埋められた奪われることのない一生ものの財産、というわけです。

去年の暮に書いた記事で「理不尽なFX(外国為替証拠金取引)の税制」の第2弾。

この税制を調べていくと「くりっく365」というものがあることを知りました。詳しくはここのHPを読んでいただければいいとして、まず何がどう違うかを例をあげて簡単に見てみましょう。

一般の取引会社で取引:総合課税になり、課税所得額が695万円以上になるとFXの儲けに対する税率が20%以上。累進課税で1800万円以上では最高税率50%(住民税10%、所得税40%)

くりっく365加盟会社で取引:申告分離課税になり、一律20%。課税所得金額に関係なし。

給与所得とFXの儲けを合わせて約700万円以上(年間)になるのであれば一般の取引会社ではなく「くりっく365」に加盟している取引会社を使うほうが断然有利です。

もうひとつ「くりっく365」が有利な点は(実はこちらのほうが大事)損金を3年間繰り越しできる制度が認められているのです。前回の記事に書いたような「罰金刑」はなくなるわけです。

同じFXでも二つの全く異なる税制が存在すること自体変ですよね。たとえて言えば、A会社に勤めている人とB会社に勤めている人と比べて、給料が同じでも会社で税金の額がちがう、というのと同じです。

さらに言えば、本屋であふれるほどFX関連の本(「私はFXでこれだけ儲けました!」といったタイトルの類の本)がありながら、このこと(理不尽な税制)について全く触れていないかもしくは数行程度の本がほとんどです。

これらの本の著者が本当にFXで年間数億円儲けているとすれば、税制の理不尽さにあきれて、まずは「くりっく365」のことを書くのでは?と思います。

書かない理由は、二つ考えられる。一つは数億円儲けているのにかかわらず税を申告していない。

もう一つは実際には数億円も儲けていない。・・・・・どちらでしょうか。

シミュレーションがはやっています。

いいコンピューターソフトがでてきてかなり高度なシミュレーションが可能になってきています。術後の顔をあらかじめ術前にイメージでき、それを我々と患者さんで共有できる、というのは画期的です。先日こんなことがありました。

診察のときにシミュレーションをうけた患者さんで、ご要望をお聞きし十数回もシミュレーションを試行したのですが、診察のあとで

「シミュレーションしたのにその結果が私の希望した顔と違う!私の好きな顔にしてくれない。」

とご立腹されていたとのことです。

この患者さんはシミュレーションの意味を理解されていなかったのかもしれません。シミュレーションは、その人の夢を描くのではなく、術後の結果を術前にイメージするだけのものですから。

カウンセリングのお申し込み


先頭へ