問合せ

電話

シミの治療といえばレーザーが一般的です。

シミの治療に用いられるレーザーの種類には、ルビーレーザー、ヤグレーザー、アレキサンドライトレーザーなどがあります。レーザー光線がシミの本体である「メラニン」に反応することで、一瞬にしてこれを破壊します。

レーザー光線の進歩によって、シミ以外の自分の肌に対するダメージが少なくなってはいますが、ゼロではありません。肌のダメージとは、火傷がおこることです。

やけどがおこると「やけどあと」になり、これがちょうど「シミ」のようになります。「レーザー焼け」です。

レーザーを受けたあとの経過は次のようになります。

レーザー照射→すりむき傷→かさぶた→かさぶたがとれてピンク色の肌→徐々に茶色

これが2~3週間の間におきます。最後が「茶色」で終わるため、シミの再発に間違えられます。場合によっては元のシミより濃い場合もあるので結構やっかいです。

実際の症例です。

↓レーザー照射前

20070708234626.jpg

↓レーザー照射後3週間

 20070708234641.jpg

                 

カウンセリングのお申し込み


先頭へ