予約

電話

院長ブログ

院長ブログ > 院長ブログ > 脂肪注入
12

先日5月26日、久しぶりに東京で行われた学会に参加しました。

まずはこのコロナ禍での現地学会開催の英断をされた学会長と関係者の方々のご苦労とご努力に敬意を表します。

私は水曜日の昼から行われた「小鼻」のセッションの座長と演者をおおせつかりました。

ほかの演者の方の素晴らしい発表に助けられて有意義なシンポジウムとなったのではないかと思っています。

私自身の個人的な感想は、たとえチェーン方式の美容外科クリニックの勤務医でも自分のポリシーをしっかり貫いて術後のフォローも怠らないように手術をされているドクターがいらっしゃることに驚いたことです。

鼻は一つの手術ですべての患者さんの希望をかなえることがむずかしい部位で、それゆえ厳密な手術適応を守るのが難しいのですが、それをきちんと意識して一つの手術の限界を見極めて診療を行うことは非常に大事なことです。

それゆえきちんと手術をしているドクターは、発表の中でわからないことはわからない、ということができます。

そういうドクターの発表態度には余裕すら垣間見れるうえ、質問にも冷静に聞いて誠意をもって答えていただけます。

逆に自分がすべてを網羅してなんでもできるような印象の発表をするドクターは日常診療での態度も傲慢なのではないかと思ってしまいます。

私も以前にそのような態度で発表していた記憶があり、思い返すと赤面してしまいます、大いに反省です。

話は変わりますが、来る9月末に大阪で日本美容外科学会があります(こちらはJSAPSのほうです)。

こちらの学会では、当クリニックの駅前院長の雄也先生が「脂肪注入」について発表します。

いったい注入された脂肪は何パーセント残存するのか、という疑問に正確に計測した結果を発表予定です。

余談ですが、今回の学会で併催されていた器械展示で中心になっていたのはやはり脂肪注入に関連した器械が非常に多くみられました。

yagoishi channelでもアップしましたが、脂肪注入はこれからますます発展する医療分野であると確信しました。

【進化著しい】脂肪注入について – YouTube

輪郭手術を書いています。

脂肪注入・脂肪吸引による輪郭形成術です。

輪郭にかかわる骨・筋肉・脂肪・皮膚のうち、ボリュームアップ・ダウンの両方ともにできるものが脂肪です。

脂肪吸引による輪郭形成を行う上では、やはり輪郭に脂肪がどれだけ関与しているかを術前に評価する必要があります。

大まかな方針としては、顔の下半分は脂肪吸引による減量を、顔の上半分は脂肪注入による増量を考えれば間違いないと思います。

脂肪注入については今までにも書いてきました。

脂肪注入の技術・理論はここ10年で最も発展した分野です。

注入する脂肪をいかに採取し、用意し、注入するかについてひと昔まえと大きく異なっています。

20年以上前は、吸引した脂肪を茶こし(もちろん滅菌はしていますが)にいれて大量の生食でじゃぶじゃぶ洗ってそれを注入していました。

今これを行っているクリニックはかなり珍しいのではないでしょうか。

また注入にあたっても1か所に大量の脂肪を一塊にして入れていたクリニックもありました(そこで豊胸手術をうけた患者さんは術後に感染して悲惨なことになっていました)。

何が申し上げたいかというと、こういった技術革新が起こっている最中の技術に関しては常に新しい情報を手に入れていかなければ時代遅れになってしまいます。

もちろん、その情報が正しいかどうかは自分自身で判断していかなければいけません。

続きは次号で

鼻の手術でトラブルを避けるためのポイントを書いています。

なぜ鼻の手術で眉間と前額の増高術を書くかというと、これをすることで鼻の長さや高さの見え方が変わってくるからです。

そのことは前述しましたが、さらに女性の場合前額・眉間を丸くすることで魅力的になります。

またその原則にほとんど「はずれがない」ことです。

美容外科手術の結果の良否は患者さんの判断にゆだねられ、術者がどんなにいい結果が出たと思っても、患者さんの意にそぐわなければその手術はダメとなります。

したがって一般的に美容外科手術の中でよい手術と考えられるのはまず「元に戻せる」手術になります。

もう一つは、ほとんどの患者さんで「よくない」と言われたことがない手術も美容外科手術の中ではよい手術になります。

前額・眉間の増高術は後者になります。

我々のクリニックでは国内の中でも有数の「前額・眉間脂肪注入」症例数があり、術後の経過観察期間も最長を誇っています。

その経験から言えることは、女性で前額・眉間の増高術の結果で不満だったという症例がないことです。

こういった手術法は珍しいですが、私としては自信をもって患者さんにお勧めできる数少ない手術アイテムです。

鼻の手術のなかで脂肪注入の実際の注意点について書いています。

注入できる脂肪が用意でき、実際に注入の時に気を付けることはとにかく少しづつまんべんなく注意深くすることにつきます。

他院で脂肪注入後に感染した症例の治療に20年ぐらい前に当たったことが何度かありますが、とても乱暴な注入で1か所に大量に注入されていました。

幸い現在では自動的に脂肪を少量ずつ分けて注入できる器械があるのでこういったことは起こりずらいのではないかと思っています。

注入後の患部の安静に気を付けるなどのケアが必要ですが、術後3か月のあいだ少しづつ脂肪量が減少していきます。

これについては以前にも書いたように我々の論文が形成外科学会誌に掲載されていますので参考になさってください。

脂肪注入に限らず、美容外科手術の中ではっきりしたエビデンスのない手術をする場合、一番大事なのは思い付きでいろいろな手術をすることよりも一つの手術法で術後の経過をじっくり観察して客観的指標をもって検討する姿勢が大事です。

ほかでやっていない手術法を自慢するドクターもいますが、そういった方法を発表するには最低でも術後2~3年できれば5年以上の術後観察期間を経てから発表してほしいものです。

こういったことをしないで「新しい手術法」などとHPで自慢していても、それは患者さんは騙せても我々ドクターをだますことはできません。

そういった意味でいうと本当の意味での手術法のイノベーションはそれほど頻繁に起こるわけではありません。

何もないところから突然新しい手術法ができることなどほとんどありません。

あるとすれば、この脂肪注入術のように従来行われてきた手術法に対して地道に改善が行われたのち新しい手術法として確立していくパターンです。

若い医師にとって、一見派手で真新しく見える手術のほうが魅力的かもしれませんが、患者さんの利益になりトラブルの少ない手術はそうでないところにあります。

脂肪注入の手術手技についてです。

順番に、まず脂肪採取からです。

脂肪減量を目的とする脂肪吸引と脂肪注入に用いる脂肪を採取する脂肪吸引とはおのずと手技は変わってきます。

脂肪注入の先進国であるフランスでは脂肪採取への注意の払い方が強調されています。

特に採取時の麻酔については、通常のキシロカインを用いることすらできるだけ避けるように言われています。

何故ならこのキシロカインには細胞毒性があるからです。

現実的にはなかなか難しいことですが、麻酔注入量や麻酔薬の濃度をコントロールすることぐらいはできます。

採取した脂肪の扱い方にも注意が必要です。

できるだけ空気に触れない状態で採取した脂肪を扱う必要があります。

脂肪とそれ以外の成分を分けるのに遠心分離機を使うことが多くなってきていますが、その回転数にも注意が必要です。

回転数を増やすと細胞にかかるGが大きくなり破壊されてしまうからです。

このような注意を払いつつ用意できた注入用の脂肪をいよいよ注入していきますが、この段階での注意点については次回で。

脂肪注入についてこの機会に書いておきます。

脂肪注入は30年以上前から美容外科手術で行われていました。

しかしここ10年ぐらい前から、脂肪注入の進歩には目に見張るものがあります。

それは世の中の目が再生医療に集まるようになるのと時期を同じくしています。

実際に、脂肪注入の生着率は以前の方法に比べて飛躍的に向上し安定がみられるようになりました。

そのあたりは、このブログにも何度も書いてきましたし、去年の形成外科学会誌にも論文として発表してきました。

実際に患者さんで計測すると注入量の30%が残存することが示されています。

今後、脂肪注入を受ける患者さんが増えるとさらに詳しいことが調べられるようになります。

脂肪注入の回数と生着率の関係、脂肪採取部位の違いと生着率の関係、脂肪注入部位の違いと生着率の関係、などが今後調べられるようになると思われます。

あとは超長期的な結果についても今後調べられるようになるでしょう。

いえることは、美容外科手術の中で脂肪注入は今後最も有望な手術手技になる可能性がある、ということです。

この手術手技をマスターすることが、より自然な仕上がりと安全性の高い美容外科手術の実現に必要になります。

手技については次回以降で。

 

上眼瞼脂肪注入の次は下眼瞼脂肪注入です。

上眼瞼ではHY注入をまず試みて~ということをお勧めしました。

逆に下眼瞼ではHY注入はあまりお勧めしません。

下眼瞼の皮膚は薄く、直下に眼輪筋があります。

そこに水分が多いHYをいれるとみずみずしいやや青みがかったクマができるからです。

くまの治療も希望されている患者さんになると、HYを注入することでさらに悪化する可能性もあります。

下眼瞼の色の改善にも脂肪注入は有用です。

ただし皮膚が薄い部位ですから、脂肪注入には最新の注意を払う必要があります。

脂肪注入はいろいろな部位に用いることができる有用な手術手技ですが、下眼瞼の脂肪注入が一番難しくリスクも高いです。

ぜひほかの部位の脂肪注入で慣れてから行うことをお勧めします。

脂肪注入された人体で残存脂肪の体積をどうやって計測するか。

3Dカメラはとても有効であることを説明しました。

ただし、これには一つ弱点があります。

それは3Dカメラが表面の立体的な変化量を測っているに過ぎないということです。

注入された脂肪は表面を変化させるだけでなく周囲、特に深部に向かっても広がっていきますから、必ずしも表面変化量だけでは本当の体積変化を測ることにはなりません。

逆に部位を限れば誤差を限りなく無視できるとも言えます。

そこで我々は、注入された脂肪の周囲への影響が少ない部位ということで「前額」を選択しました。

前額は、皮下にすぐに骨があり皮膚も比較的硬いので注入された脂肪が表面の変化にとどまりやすいと考えました。

しつこいようですが(笑)、これが2020年3月に学会誌に発表した論文が出るまでの経緯です。

つまりこの論文が出るまでにはこのように長い準備期間と思考過程を経る必要があったのです。

この結果、現在一般的に行われている方法だと脂肪残存率29.3%という数字を得ることができました。

今後新しい脂肪注入術では、おそらくこの数字を脂肪注入術の標準値としてこれを超えることが最低条件になると思っています。

いかがでしょうか?

まだこういった比較データのない、いわゆるファッションとしての新しい脂肪注入法にこだわられるでしょうか?

まあまあ、かたいことは言いっこなしで夢のあるファンタジーを求めるのもいいかもしれませんね笑。

ここで脂肪注入についてはいったん終了とします。

脂肪注入後に生着した脂肪の量をどうやって計測するか、しかも人体に負担をかけずに。

これが「新しい脂肪注入術」を開発するうえで最も重要な課題です。

そこで我々は、日ごろからシミュレーションなどに用いていた「3Dカメラ」を利用することを思いついたのです。

アナログデータをデジタルデータに変換するように、顔面の表面を小さな要素に分解してその一つ一つの要素がどれぐらい変化しているかを計測して、元の表面のデータに戻して全体での体積変化を計算するという方法です。

これだと患者さんに全く負担をかけずにルーティンで行っている3D写真撮影のデータのみで体積変化を計測できます。

この方法を用いて、術前術後の写真を撮影するだけでその間の顔面の体積変化が計測できます。

両者の写真で変化がない点をいくつかピックアップすることで、術前術後の写真の位置合わせを正確に行った後で変化したところだけの体積変化を計測します。

もちろん術後の計時的変化も、その都度撮影することで計測でき何回でも行うことができます。

これによって、脂肪注入後にどれぐらいの体積変化が顔面に起きているかを正確に測ることができるようになりました。

もう一つ残された課題については次回です。

医学的にいう「新しい脂肪注入術」をうたうには、生着率アップを理論的に証明することも大事ですが、実際に人体に注入した後に生着率(残存率)がアップしていることを証明する必要があります。

しかし実際に人で証明しようと思うとなかなか難しい問題があります。

前回のワクチンの話で考えてみても人体で有効性を証明するのが最終段階になりますがこれに一番時間がかかります。

今回のコロナワクチンの例を見ていますとこれはある意味で人体実験です。

医療提供側も患者側も偽薬か新薬か全くわからないようにして半々で投薬して結果的にどちらに有効性がみられたか、という厳しい臨床試験が行われています。

これを美容外科に当てはめるには無理があるとしても、少なくとも新しい治療方法をうたうのに従来の方法とどれぐらい違うのかが証明されていないというのは医学としてまずいのではないかというのが私の意見です。

ワクチンの例では人命がかかっていますので、ある意味人体実験も許される状況があります(もちろん倫理的に患者さんに不利益が与えられないような配慮はされているとは思いますが)。

美容医学でこれは通用しません、何故なら不要不急の医学ですからどのような形でも患者さんに不利益が生じてはいけないのです。

以前脂肪注入後の脂肪残存率を証明するためにCT検査を用いた論文がありましたが、CTによる被ばくを考えると患者さんへの不利益は正当化されるとは思えません。

要するに脂肪注入後の脂肪残存率を証明するのには、その方法をよく考えないといけないという大きな壁が存在するのです。

院長ブログTOPへ戻る ≫

カウンセリングのお申し込み


先頭へ