問合せ

電話

院長ブログ

院長ブログ > 院長ブログ > これからの美容外科医へ > 修正手術を手掛けてきて

修正手術を手掛けてきて

最初から修正手術を考えて手術を受ける患者さんもいませんし、手術をするドクターもいません。

患者さんも医師もこの手術が最初で最後と考えています。

もちろんそうあるべきです。

しかし、そう願うこととは別にして、万が一修正になったときに困らない手術を心掛けておくこともとても重要です。

具体的には過去の記事で書いてきましたが、鼻であれば「鼻中隔延長術」、瞼であれば「挙筋腱膜」、フェイスリフトであれば「SMAS」など手術には欠かせないポイントがあります。

それらは手術の結果を安定化させる目的もありますが、万が一の修正の時にもとても強い味方になってくれるものです。

ただし皮肉なことに、これらの手術による修正は少なく、むしろそれ以外の方法による修正が圧倒的に多いので困ってしまうわけです。

もう一つ気を付けなければいけないのは、手術は丁寧に行うことを念頭に置いて行うべきです。

何度も申し上げてきましたが、手術の跡は必ず残りますので乱暴な手術の跡はすぐにわかります、とても分厚く硬い瘢痕があるからです。

結果は変わらないから、といういい加減な考えで乱暴な手術をしてはいけません。

そういった手術後の修正手術をするときには、はるかに大変な手術が必要になってリスクも高まります。

最初の手術をする医師にはそういった意味で修正手術のことを考えて丁寧な基本に沿ったやり方で行ってほしいし、患者さんもそういった手術を受けてほしいと願うばかりです。

カウンセリングのお申し込み


先頭へ