問合せ

電話

院長ブログ

美容外科手術のゴール

よく「美容外科の手術はきりがない」といわれます。

どこまで行っても終わりがなく麻薬のように中毒になってしまう、ということもいわれます。

これはある意味正しくもあり間違いでもあると思います。

そもそも美容外科の結果(患者さんが満足できたかどうか)を判断するのは、患者さん自身になります。

我々美容外科医が最終結果を100%判断できないところが美容外科の特殊なところであり難しいところでもあります。

ところが患者さんがパーフェクトに美容外科の手術を理解して正しく予想し判断できるとも思えません。

場合によってはゴールそのものがわからない状態で手術を受けている可能性も少なくはないのです。

そうすると患者さんは冒頭のような不安を抱くようになります。

つまり、術前のカウンセリングの中で手術のゴールを設定しておくことは非常に大事なことになります。

その場合、まずありとあらゆる条件が整っていたとして(おもに予算・時間が十分にあるとして)、患者さんの100%納得できる術後のイメージを共有することがとても大事なことになると考えています。

おそらくそれが患者さんにとって100点満点の結果であり、もちろん最初からそこを目指す患者さんもいるでしょうし、今のところそこまでは実現するのが難しいという患者さんもいると思います。

そこをはっきりと患者さんに伝えて、あるいはそこをはっきりさせるためのお手伝いをすることが術前カウンセリングにおける我々の大きな仕事であると考えています。

そこをあいまいにしてとりあえず手術を見切り発車してしまうと迷子になってしまい袋小路に入るか大けがをすることになり、トラブルのもとにもなります。

ですからカウンセリングの時は、「何をすればいいか(どんな手術をするか)」にフォーカスするのではなく、「どうなりたくて今のところどこまで目指していくか」、という部分に注力して考えをまとめていくと案外冒頭のような不安は払しょくされ、どんな手術をすればいいかは自然に決まってくることが多いのです。

カウンセリングのお申し込み


先頭へ