問合せ

電話

院長ブログ

院長ブログ > 院長ブログ > これからの美容外科医へ
123

今年もよろしくお願いします。

今年最初の記事は、美容外科医向けに書こうと思います。

昨年からのマイブーム「幸福の資本論」、今日は人的資本について深ーく掘り下げます(笑)。

医師の人的資本は、一般的にとても高額です。

ちょっといやらしい話になりますが、稼ごうと思えばいくらでも・・・です。

特に美容外科は、医療の中でも医師としての人的資本が生かせる最高峰の一つと考えられています。

それなら美容外科医は全員幸福か?というとそうでもないのは去年にも書いたとおりです。

なぜか・・・。

人的資本が幸福をもたらす一番重要なポイントは、「仕事のやりがい」の有無だからです。

それは一言で言ってしまえば、他人への貢献(医療では患者さんの幸福への貢献)です。

美容外科では、施術によって患者さんに心からの満足感をもたらすことができたかどうか、が重要なカギです。

施術そのものがうまくできたかどうかも重要ですが、施術後ある一定期間患者さんに満足感を感じていただけたかどうかがとても重要です。

手術であれば、その期間が年単位にもなります。

それを知るうえでもっとも重要なものは、術後の患者さんのフォローアップです。

これをやらずして、どんどん手術なりレーザー照射をやっていくと、売り上げは一時的に伸びていきますが、時間的にフォローアップすることができなくなり、患者さんに本当の満足感をもたらしているかどうかわからなくなります。

ここが、美容外科医の一番陥りやすい罠です。

医師自らが術後の検診をまめに行うことは、経営的に最も効率が悪いことになります(通常美容外科で術後検診料を取るところは珍しいからです)が、ここをおろそかにすると自分のおこなった医療行為の患者さんの幸福への貢献は全く分からなくなります。

術後検診は、患者さんのためにというばかりでなく、むしろ自分の医療行為が本当に患者さんに貢献できたかを知るうえで医療側からも重要となります。

術後、それほど満足できなかった様子の患者さんがおられたとしてもそこから我々はとても重要なことを学ぶことができ、患者さんの満足感を増やす努力をするうえでヒントになるとかんがえられます。

長々と書いてきましたが、美容外科の仕事の目的として患者さんの満足感に貢献できたかどうか、そこだけを目指して仕事を進めることができれば、医師の人的資本を最大限に活用したことになり、美容外科医自身の幸福にもつながるのではないかというのが私の考えです。

今月末に美容外科学会があります。

以前からお知らせしているように、今回の学会は鼻の手術のビデオパネリストで演題発表を依頼されています。

もう一つ、鼻の一般演題の座長を仰せつかりました。

ほかの演者の発表の進行役ですが、発表全体のポイントをよりわかりやすくするためにコメントをすることもあります。

普段私がほかの演者の発表を聞くときに一番大事にしているポイントは、発表の中で使われる術前術後の写真の正確さです。

もう一つのポイントは術後の写真(結果)が術後どれぐらい経過したものか、という点です。

これが長ければ長いほど、その発表の価値は高いと判断します。

理由は・・・

短期的な結果も大事ですが、長期的な結果は美容外科という科の性格上我々がそれを得ることがとても難しい、という点が一つ。

もう一つは、数年経過することで手術の結果は微妙に変わってくるという点です。

この事実は患者さんにも容易に理解していただけると思うのですが、逆に我々美容外科医のほうが忘れがちです。

とかく手術の好きな美容外科医は手術方法のアイデアに走りがちになります。

それも重要でしょうが、その手術の長期的な結果はどうであったか、ということが十分に検討されていないアイデアは患者さんの利益にはならないということです。

結果のよし悪しではなく、検討した結果どうであったか、ということが重要だと考えます。

そういう発表は美容外科医、患者さん双方に利益をもたらします。

台風のあと少し暑さがやわらいだ感があります。

3回前の記事の続きを書きます。

同じように美容外科医向けでかきますので、一般の方はできるだけスルーしてください。

記事の中で「人気のある美容外科医」と書きましたが、その意味は・・・賢明な美容外科医の先生であればそれが皮肉を満載に込めて書いたことに気づいておられると確信しています(笑)。

それは、やたら元気で患者さんをいっぱい集めてとにかく手術をいっぱいしたがる美容外科医、それが一番大事と考えている美容外科医、という意味で書いたつもりです。

そうじゃない、そんなに神経が図太くなく、患者さんのいろいろな訴えについつい耳をかしてしまう心優しき美容外科医はどうすればいいのか・・・

そういった美容外科医、あるいはこれから美容外科医になろうとしているのであれば、ぜひその持ち味を生かしてほしいと思いますし、きっと患者さんにとってもそういった美容外科医は貴重な存在であり、待ち望まれていると思っています。

しかし現実はなかなか難しく、世の中の美容医療は、患者さんの数ひいては診療規模が大きいほうが有利です。

患者さんへの情報提供一つをとっても、なかなか患者さんに伝えるのはむずかしく、時間・費用がかかるものです。

ただし、本当の意味での時間はお金で買えません。「本当の時間」とは、「信用の積み上げ」のことです。

大手のクリニックのように費用をかけて手っ取り早く「信用」らしきものを積み上げたとしても、賢明な患者さんの信用はえられません。

心優しき美容外科医が「真の成功」を今から目指すのであれば、10年は信用の積み上げ期間と思ってあきらめずに精進することが重要だと思っています。

極端な話でいえば、

この患者さんには手術はしないほうがいいと思ったら、カウンセリングで何時間かかろうとも手術はしない方向で患者さんに納得してもらうことができるかどうかです。

普通、手術をすすめるのに時間をかけるのが当たり前で、手術を思いとどまらせるのに一生懸命カウンセリングするクリニックなどありません。

短期的な医療経営のことを考えたらこれは絶対にやってはいけないことですが、あえてそれができるかどうかが「持続可能」な健全な美容医療経営の分かれ目になります。

10年もそんなことを続けて医療経営をやっていけるわけがない、というご意見もごもっともです。

それを平気な顔で10年やっていけるコツがあります。

それについては、また気が向いたときに書きますので期待しないで待っててくださいね(笑)。

今回の記事は、医者向けに書きます。

最近は若い医師の間で、美容外科医になりたいという希望は珍しくないようです。

そこで、どういった医師が美容外科医に向いているか、私なりの意見です。

もちろん美容外科医も医師ですから、医師としての資質を持っていることは大前提です。

そのうえで俗にいう「人気のある美容外科医」になりたい、そのために必要な資質はなんですか、といった疑問にこたえたいと思います。

一言でいえば、「自分」というものに疑問を抱かない性格、簡単には「自信家」であることが重要です。

美容外科は、治療の成否の判断が難しい特殊な科です。

簡単にいうと、美容外科の手術を受けた患者さんが結果に満足していただければ成功、不満足であれば失敗となります。

ほかの科のように。医学的に成功、失敗がすべてというのとは違う部分があります。

我々は長い医学教育で医学的(科学的)な思考パターンを植え付けられています。

その頭で、美容外科の手術に臨むとえらいことになるわけです。

医学的に決して失敗ではなくとも、その結果に患者さんがNOといえば、その医療行為の結果は失敗になります。

まじめな医師ほど、悩み、頭が混乱し、自信がなくなっていきます。

一方、元来細かいことは気にしない性格で自信家の美容外科医は、はなからそんな結果について悩むことをしません。

そういった美容外科医の美容外科医療に対する「情熱」はそんなことで枯れることはないのです。

「人気のある美容外科医」になるために一番重要なのは、学校で習うことのない「ガッツ」というやつです。

「人気のある美容外科医」は一般的にハートが強く、タフガイです(男性医師とは限りませんよ)。

「患者の言うことなんか聞いとるからあかんのや」と後輩医師に言い切れる医師が、一般的に人気がある美容外科医なのです。

それでは、患者の話をまじめに聞いてしまう、気の弱い、ガッツもない医師は、「立派な美容外科医」になれないかというと、それはそれで方法があります。

次回はそのことを書きますね。

形成外科手術手技の基本に、ドッグイヤー修正があります。

形成外科を1年ぐらいすれば、だいたいどんな状況のドッグイヤー修正もできるようになります。

しかしこの「ドッグイヤー」の本質を理解できている美容外科医(形成外科のトレーニングがすんでいる)は少ないと思います。

美容外科医の中には、「ドッグイヤー」なんて美容医療に関係ないじゃん、というものもいるかもしれません。

ドッグイヤーを「円形の皮膚欠損を縫い縮めた時の端っこの処理の仕方」としか理解していないとそうなるのも仕方がないと思います。

そもそもドッグイヤーの考え方は「処理をしたところ」と「処理をしないところ」の境目の問題解決法、と考え方を広げれば、これほど美容外科医療に関係するものはありません。

頭の聡明な美容外科医であれば、すぐに理解できると思います。

この考え方を身につけることで、美容外科の手術を受けた患者さんのご希望・クレームの内容の理解と対処法がわかるようになります。

簡単に申し上げると、手術でバランスよく形を整えるには患者さんが気づいていないところまで手を加えることが重要だということです。

美容外科の手術の結果がとても自然で手術したことがわからない、という状況を生み出すためには特に重要な考え方です。

患者さんからすると余計なところまで手術をしなければいけないので不利益になりますが、だからこそ形成外科で培ったきれいになおすという手技が生きてくるのです。

今回の記事は、同輩後輩の美容外科医に向けて書きます。

特に手術を中心に美容医療をされている医師に向けてです。

他医の手術の跡を見る機会が多いので、これは実際の経験に基づいた話です。

以前にどんな手術をされているか、それがたとえ術後何年経過していたとしても傷をあけて瘢痕の状態をみれば一目瞭然であることが多いようです。

名古屋に限らず、全国の美容外科の先生に手術をしてもらった患者さんがこられます。

中には3か所4か所のクリニックで手術を受けられた患者さんの傷を開けることもあります。

最近では手術中に傷を見て「この部分の瘢痕は最初のクリニックのあの先生の手術の跡だ、この部分の固定が違うのは2番目のクリニックのあの先生の手術のあとだ・・・」というところまでわかってしまうこともあります。

手術は正直です。

どんなにうまくごまかそうと思っても、そのドクターの手術のくせ、考え、やり方などなど、しっかり跡に残っている物です(これはもちろん私自身にも言えることです)。

本当に手術の上手な先生、とても乱暴な手術をする先生、知識が足りない先生、手術経験が足りない先生、・・・

手術の傷を開けてみるとちゃんとわかります。

ただし、手術後の結果に、患者さんが満足されているかどうかは、手術のうまい下手は多少関係しますが、別問題だと思います。

だから、たとえ手術が下手な先生でも美容外科医としてとても人気のある先生はいるのです。

先日、上梓しました本ですが、ちょいちょい問い合わせがあるようなのでもう一度リンクを貼っておきます。

こちら

それとは別に3月ごろに分担執筆の本もでましたのでご案内します。

この本は、完全な専門医向けとなっていますので、患者さんにはあまり興味のわく本ではないかもしれません。

・・が、一応アマゾンのリンクを貼っておきます。こちら

美容関連の手術の特集で、私の担当は「前額形成術」と「口唇縮小術」です。

この二つの手術は、とてもマイナーな分野で、なぜ私が執筆者として選ばれたか私にとって今でも「なぞ」です。

まさか・・大口は変わり者だからきっとやってるんじゃない?・・という監修者の「のり」ではないと思っているのですが・・・。

このせいではないでしょうが、最近前額形成の問い合わせが増えているような気がします。

他院の術後の相談や、当院で過去に鼻の手術を受けた患者さんからの相談がメインです。

たしかに「丸いおでこ」は、究極の女性らしさの象徴ですよね。

今年の目標の一つとして、「本を出版すること」をあげてきましたが、やっと上梓するに至りました。

私自身、医学書についてはこれまでにも何冊か分担執筆という形での経験がありますが、今回の本は医学書とは全く違うもので人生初の経験になりました。

タイトルは「医者の父から息子へ贈る30通の手紙」です。

発売は5月27日(金曜日)になります。詳しくはこちら

内容を簡単に言えば「自叙伝」になりますが、もちろんテーマは医学と美容医学に関係したものになります。

私が専攻した医学のなかでも特殊な分野である「美容外科」は、どちらかといえば軽いイメージで描かれることが多かったと思うのですが、そういった意味では今までのものに比べかなり違った内容になっています。

美容医学に対する情熱は誰にも負けないと自負していますが、それ以上に日本の美容医学の未来に対する不安や自分の無力さ、失望を毎日感じているのが現状です。

私一人の力はたかが知れていますが、私に共感してくれるこれからの若い美容外科医が美容外科の将来をいい方向に変えていってくれることを期待して、今回の本を書きました。

若い医師が今まさに美容外科で開業しようという時に読んでいただけると役に立つのではないかと思っています。

もちろん既存の同業者のドクターや美容外科に関心のある患者さんにも読んでいただきたいと思います。

どちらかというと口下手であまり社交的でない私の本当の姿を、この本を通して少しでも理解していただけるようでしたら幸甚の至りです。

今回は編集者の意向もあって、特殊な出版形式をとっています。

アマゾン限定販売になっています。

まず紙の本があって電子版も利用することができるというのが通常ですが、今回の本は「Next publishing」といって、逆に電子書籍が前提で、ご希望の方にだけ注文後に1冊1冊を製本してお届けするという形式になっています。

したがって紙の本というものがあらかじめ存在しているわけではないので本屋さんなどでは購入できません。

また注文後、製本してお届けできるまでに1週間ぐらいかかるとのことです(電子書籍であればすぐに読むことができます)。

今回の形式では、電子版は廉価に設定できましたが、製本にすると倍近くになってしまうことと、本文中の写真が白黒しか対応できなかったことが若干の心残りでした。

この場を借りて、私のタイトなスケジュールに最後までお付き合いただき、私のわがままな要望に最大限こたえていただいたクロスメディア・マーケティングの川辺様、和田様に心から感謝申し上げます。

10月もあと少しになってしまいました。

今月は診療以外でセミナーがあったり会合に出席したりで少しバタバタしました。

最近はそういった機会に、自分より若い美容外科ドクターと話をする機会が多くなりました。

自分が年を重ねているから当たり前なのかもしれませんが。

そんな折、たびたび気になることが二つあります。

一つは、長く形成外科の手術の鍛錬をされてもちろん専門医をとっているドクターが、美容外科で開業すると途端に手術をやめて美容皮膚科医になってしまうこと

もう一つは、同様の経歴をお持ちのドクターが美容チェーン店に入職して、売り上げが振るわず何となく肩身の狭い思いをしてること

こういったドクターの現状を耳にすると本当につらく感じてしまい、もどかしい思いをしてしまいます。

もちろんいろいろな開業スタイルがあるわけですから、それをとやかく言うつもりは毛頭ありません。

しかし10年以上も形成外科で手術にかかわってきて、手術の腕もすばらしいドクターがそれを美容外科の手術で生かさない、あるいは生かし切れないのは、患者さんの利益という面から大きな損失になっていると思っています。

自分の診療の現状には、これまで積み重ねてきた研鑽内容がとても効率よく反映されていると感じているだけに、若いドクターに少しでも自分の経験が伝えられることができたらと、やや説教気味に話をしてしまうこともあります。

そこには私自身が同じような経験をしてきているから、という理由もあります。

話が長くなりそうなのでまた機会があれば続きを書いていきます。

追記ですが、それに関連したことを、一度書籍のような形でまとめていこうという動きもあります。

2020年度から「本格的」な専門医制度がスタートします。

来年度から5年かけてこの新制度に移行していくようです。

「本格的」という意味は、今までのように学会の内輪のメンバーで作った制度ではなく、第3者機関が管理する制度である、という意味です。

今までの「専門医」と呼ばれるものは其々の学会が独自に決めた基準で決定していたものですが、それでは自分たちに都合のいい基準になってしまう恐れがあるから、ということでしょうか。

ところが美容外科学会(JSAPS)に関しては少なくともこれは当てはまらないように感じます。

つまり今までの美容外科学会専門医のほうが、これからの新しい専門医の基準よりもはるかに難しかったからです。

私が従来の専門医だからというのではなく、美容外科学会全体の意見がそうなのです。

その結果、美容外科専門医の数はこれから急激に増加していくことが予想されます。

これは患者さんにとって利益になるのでしょうか?

そのあたりは今後の経過を見ていかないと何とも言えませんが、少なくともこれから美容外科専門医になったとしても、従来通り医師には実質的なメリットはなにもないことに変わりはありません。

将来の標榜医制度まで改革する(つまり専門医でなければその科の標榜はできない、といった大胆な改革)のであれば、それはそれで大きな意味を持ってくると思われるのですが・・・。

私個人としては、医師にはどんどん厳しい制度を作ったほうがいいと思うのですが、そこは、どこかの国の選挙制度改革と同じでなかなか思うように進まないわけです。

院長ブログTOPへ戻る ≫

カウンセリングのお申し込み


先頭へ