問合せ

電話
院長ブログ > 院長ブログ

先日5月26日、久しぶりに東京で行われた学会に参加しました。

まずはこのコロナ禍での現地学会開催の英断をされた学会長と関係者の方々のご苦労とご努力に敬意を表します。

私は水曜日の昼から行われた「小鼻」のセッションの座長と演者をおおせつかりました。

ほかの演者の方の素晴らしい発表に助けられて有意義なシンポジウムとなったのではないかと思っています。

私自身の個人的な感想は、たとえチェーン方式の美容外科クリニックの勤務医でも自分のポリシーをしっかり貫いて術後のフォローも怠らないように手術をされているドクターがいらっしゃることに驚いたことです。

鼻は一つの手術ですべての患者さんの希望をかなえることがむずかしい部位で、それゆえ厳密な手術適応を守るのが難しいのですが、それをきちんと意識して一つの手術の限界を見極めて診療を行うことは非常に大事なことです。

それゆえきちんと手術をしているドクターは、発表の中でわからないことはわからない、ということができます。

そういうドクターの発表態度には余裕すら垣間見れるうえ、質問にも冷静に聞いて誠意をもって答えていただけます。

逆に自分がすべてを網羅してなんでもできるような印象の発表をするドクターは日常診療での態度も傲慢なのではないかと思ってしまいます。

私も以前にそのような態度で発表していた記憶があり、思い返すと赤面してしまいます、大いに反省です。

話は変わりますが、来る9月末に大阪で日本美容外科学会があります(こちらはJSAPSのほうです)。

こちらの学会では、当クリニックの駅前院長の雄也先生が「脂肪注入」について発表します。

いったい注入された脂肪は何パーセント残存するのか、という疑問に正確に計測した結果を発表予定です。

余談ですが、今回の学会で併催されていた器械展示で中心になっていたのはやはり脂肪注入に関連した器械が非常に多くみられました。

yagoishi channelでもアップしましたが、脂肪注入はこれからますます発展する医療分野であると確信しました。

【進化著しい】脂肪注入について – YouTube

久しぶりにブログを書いています。

2週間後に美容外科学会の発表もあり、学会参加自体も久しぶりです。

しかもその学会はJSASのほうで、そこでの発表は初めてになります。

会長からずいぶん前から頼まれていたので今回は引き受けることにしました。

今回は「小鼻」に関するシンポジウムで、発表と座長を両方頼まれています。

そろそろ準備にかからなければとプレゼンの準備を始めました。

ここ5年ぐらいはずっと同じ方法で小鼻縮小手術を行ってきていて、その結果を改めて振り返って見てみるといい結果が出ていることに我ながら驚いています。

近いうちに小鼻の手術の動画もアップしようと思っています。

ここ最近20本ぐらい動画をyou tubeにアップしていますが、ご覧になっていただけましたでしょうか?

まだでしたらぜひご覧ください。

この動画は、スタッフや患者さんからいただいた質問を私が当日に知らされて何の準備もなしに即興でこたえる、という形式をとっています。

ですので内容は、ほかの動画とは一味も二味もちがう内容になっています。

聞き苦しい点は、優秀なスタッフの編集の力を借りて何とかなっているのではないかと思っています。

よろしくお願いします。

動画はこちら八事石坂クリニック – YouTube

今日は、医療における診断機器「MRI」の話です。

MRIといえば、病院だけでなく今や個人クリニックでも広く導入されてきている診断機器で、一般の方にも一度は聞いたことがあるのではないかと思います。

なぜいきなりMRIの話になったかというと、最近うちのクリニックの患者さんで診断が難しい事例(詳細は省略します)で非常に有用だったという経験をしたからです。

臨床症状やCTなどではわかりにくかった病変をMRIではしっかり検出することができました。

通常、美容外科や形成外科ではMRIが活躍する場はほとんどなくCTとはその点で対照的です。

ご存じのようにMRIはCTやレントゲン撮影とことなり、放射線に被曝することもなく脳内や血管病変などを描出することができ、特に組織内の質的変化を画像化することができます。

日ごろ我々美容外科医があまり活用することのないMRIについて少し調べてみました。

驚くことに、このMRIに関連する研究の歴史は長く(MRIの原理となるNMRの概念については70年以上前からです)、しかもこれに関連したノーベル賞受賞の業績が非常に多いのです。

さらにノーベル物理学賞・化学賞・医学生理学賞のそれぞれにNMRやMRIに関連した受賞者がいることにあらためてMRIの発見の偉大さを再認識しました。

カウンセリングで嘘をつかないことが美容外科手術でトラブルを避けるうえで大事といいました。

一方勤務医にとってオーナーを満足させるためには早急に売り上げを上げることを考えないといけません。

そのためには多少の嘘もつかないと患者さんが手術を受けてくれないこともあります。

このジレンマをどうするか、ですよね。

実はこの問題は美容外科医を続ける上でいつまでも付き纏う問題で、永遠のテーマなんです。

売り上げを上げていくことがなかなか難しいドクターもいれば、片やセールストークを苦も無く言えて短期間にどんどん売り上げを上げていくことができるドクターがいるのも事実です。

しかしたとえ美容外科でも5年10年とみていくとそのドクターの本当の実力が露呈してきてそれにふさわしい売り上げになっていきます。

たとえ売り上げという数字に出なかったとしても医師としての真の評価も上がってきます。

そこに関係してくるのは、やはり美容外科医の「患者さんに対するリスペクト」する姿勢だと思うのです。

一人一人の患者さんに丁寧にカウンセリングをして手術を受けていただき検診もきちんとする、術前の約束を守る、ということがずっとできるかどうかです。

往々にして、短期間で売り上げを上げていくドクターの患者さんによる評価は芳しくないことが多いようで、患者さんを大切にしていないな、と感じます。

美容外科医にとって患者さんは最も大切な存在でありさらに診療を行う上でのヒントや改良点を教えていただける存在でもあります。

このことを肝に銘じて日々の診療を行い短期的に目先の売り上げに振り回されることなく長期的視点にたって患者さん一人一人からの信頼を多く積み重ねていくことで、その結果としてトラブルを避けて患者さんの満足度を上げていけることになると思われます。

今回でこのシリーズも100回となり、きりがいいのでいったん終了といたします。

これからは少し動画のほうに力を入れて情報を発信していこうと思っていますのでそちらもよろしくお願いします。

動画はこちら↓

八事石坂クリニック – YouTube

 

美容外科手術に必要なスキル、カウンセリング能力についてです。

カウンセリングでトラブルを避ける最大の秘訣は、「嘘をつかない」ことです。

術者によってカウンセリングスタイルというものがありますので、一概に申し上げるのは難しいですが、医師として、人間として嘘をつかないことが一番大事だと思います。

患者さんをがっかりさせてしまうかもしれませんが、あまりいいことばかりは言わない方が術者ばかりでなく結局は患者さんのためになるでしょう。

患者さんは往々にして手術を軽く考えがちですし、結果もいいほうに期待してしまいます。

患者さんの夢をかなえるのが我々の商売とはいえ、嘘はいけません。

しかし勤務医だと、ノルマや売り上げのプレッシャーがのしかかってついつい患者さんの期待する方向にカウンセリング内容が偏りがちになります。

さらに、オーナーはあまり時間の猶予を与えてくれません。即戦力になって、売り上げを上げる医師が「いい医師」と評価されます。

こうなると患者さんが満足することよりもオーナーを満足させることが第一になってきてしまいます。

ではどうすればいいか、次回考えてみましょう。

長々とこのシリーズを書いてきましたが、個々の手術について注意すべき点を書いてきました。

これは術者がイメージした形をどこまで正確に手術で実現できるか、そこに必要な視点やテクニックを中心に書いてきました。

あと残すところはボディ関係の手術と注入系、非侵襲的治療になりますがこれはまたの機会に書いていこうと思っています。

美容外科手術でトラブルを避けるための最終段階は、カウンセリング技術になります。

これに必要なことを中心に書いていきます。

最近ではyou tubeでも美容診療にまつわるエピソードを動画でアップしていますので是非そちらも参考になさってください。

八事石坂クリニック – YouTube

 

今回は、患者さん側からの信頼できる美容外科医の探し方についてです。

久しぶりに患者さんに向けて書きます、お待たせしました・・。

美容外科で受ける手術は基本的に不要不急の手術になりますので、じっくりと丁寧に情報を集めていきましょう。

カウンセリングの前に行うこととして、そのクリニックのHPなどをみて開業してから何年経過しているか、その間に中心になって治療している医師がずっといるか、医師の経歴はどうか、などをチェックしてみてください。

開業してから比較的長いこと、責任者が診療を担当していること、形成外科の経験があり形成外科の専門医を持っていることなどをみるようにしましょう。

次に実際のカウンセリングで注意する点で一番重要なことは、1時間近くの長いカウンセリングの中で患者さん自身が「手術をやる気が失せるような話」をドクターが言ったかどうか、です。

「嫌なことを言うな、この医者!」と思ったのなら、その医師は正しい情報を伝えようとしている証拠です。

なぜだかわかりますか?

クリニック側の立場になって考えてみてください、そんなことクリニックにとって何の得にもならないからです。

時間をかけてカウンセリングをして、しかも患者さんのやる気がなくなるような話までするのは、患者さんに正しい情報を伝えようと思っているからです。

逆に医師が調子がいいこと(耳障りが良くて上手に手術を受ける気にさせてくれる)をいってきたら、一応要注意です。

こういった医師は必ず、術後に「豹変」します。

私のところには全国から修正希望の患者さんがいらっしゃって、1時間以上お話しされることも少なくありませんが、その時に前医の術後の対応を詳しく聞くようにしています。

我々に見せる一見誠実な表側の顔の持ち主の医師が、実は裏側の顔を持ていて術後に豹変し患者さんにかなりひどい対応をしていることに驚くこともあります。

ですから患者さんは、最初のカウンセリングであまりに誠実そうに見える医師にはちょっと注意した方がいいと思います、特に素直な患者さんに申し上げたいですね。

1時間近くカウンセリングをうけてちょっと「手術やる気がなくなったな」と思うのなら、むしろそこで手術してもいい証拠だと思いますよ。

若い世代のSNSに対する依存度は我々の想像を超えます。

これを巧みに宣伝に利用して集患を行っているクリニックもあるようで、前時代と全く同じような現象がみられることもあるようです。

つまり「やらせ」と呼ばれる手法を使ってあたかも患者さんに信頼があることを装うクリニックも出てきています。

しかしSNSの内容の真偽は、意外に患者さんに伝わるようです。

実際にクリニックで治療を受けた患者さんがその感想をご自身の言葉でありのままに語ると、真剣にクリニック選びをしているほかの患者さんには伝わるようです。

逆にクリニックのほうがむりやり患者さんにSNSの書き込みを強要して書かれた内容は紋切り型で内容のない薄いものになってしまいます。

そういった情報が目白押しのクリニックは要注意です。

そうやって一時もてはやされるクリニックや美容外科医が出てくるかもしれませんが、そういったところは長続きしません。

いつの世でも「悪」は存在するのでこういったクリニックは無視して、美容外科医として成功することを考える我々は患者さんの信頼を積み重ねていくことを愚直に行っていきたいものです。

今は10年前に比べれば「早く報われやすい状況」にはなっていると思います。

美容外科医に限らず、社会的に成功するには「信頼の積み重ね」が一番大事だと考えます。

しかしこの積み重ねが成功につながるまでには時間がかかることが欠点です、いや欠点でした。

とくに情報のよこのつながりが少なく一方的だった時代(個人がネットを使って情報発信することが自由になる「前」の時代)には、おそらく一人の美容外科医が一生をかけてやっと「信頼できる医師」という情報を世の中に知らしめることができたと考えられます。

しかし残念ながらそのころには、もう目も見えないし体力も落ちた「おじいちゃん美容外科医」になってしまって患者さんの要望に応えられなくなってしまってました。

逆にそんなまどろっこしいことは考えない医師は、それを逆手にとって「とにかく患者さんを集めたもの勝ち」ということで美容外科でおいしい思いをしてきたそんな時代でした。

しかし、美容外科にも情報時代の波が押し寄せすっかり状況が変わってしまいました。

患者さんのSNSを使った情報拡散で、信頼できる医師のセレクトが患者さん側でかなりの精度で可能になってきました。

そういった状況に一番順応しているのが若い世代(患者さんも医師も)です。

ですから、信頼の積み重ねが今後ますます重要になってきます。

次回はこの情報社会の落とし穴、についてです。

美容外科医として成功するには

これは日々の診療で「患者さんの信頼を積み重ねていくこと」と申し上げました。

実際は患者さんに嘘をつかないで約束を守ること、で言葉でいうと簡単なことですが、いざ実行しようと思うとなかなか難しいことです。

日常の診療で手っ取り早く売り上げを上げる方法を考えることがあると思いますが、それは本当に患者さんの期待する効果が出ることを約束できるかどうか考えたことがありますか?

その内容を客観的に正直に患者さんにお伝えして患者さんの判断に従っていますか?

これを毎日毎日行っていくと、短期的どころか中期的に売り上げは上がらないかむしろ減っていくこともあります。

それでもその方針を曲げずに患者さんの信頼を獲得するために嘘をつかず約束を守る姿勢を貫いていけるでしょうか。

自分自身の経験でいうと、5年ぐらいこれを続けていくと自分で自分のしていることがだんだん嫌になっていきます。

実際に自身で開業後に月間売り上げ過去最低を記録したのがこの時期でした。

その頃私は別の事業で成功していたので、金銭的に日々の生活に困ることは全くありませんでしたがやはり精神的にはさすがにへこみました(もし事業の成功がなければどうなっていたんでしょうね、笑・・・ひょっとしたらホームレス?)。

つまり、売り上げがないということは美容外科医として評価されていないことと同じだからです。

これはある意味、お金がなくて生活に困ることよりも美容外科医にとってはきついことかもしれません。

患者さんに美容外科医として期待されていない、となればやめるしかほかにないからです。

実際にこの時期、美容外科医を本気でやめようと思ったことがあります。

ところが不思議なことにそう思ったとたんに、いろいろな奇跡的なことが起こり始めいまの状況になるきっかけを何度か経験することになりました。

そのことについては過去にも少し書きましたので省略しますが、こういった体験について似たようなことをスティーブジョブズ氏の2005年スタンフォード大学での講演でも聞くことができます。

その中で「connecting the dots」という表現で言及していますが、ある一つの成功にはそれまでのいくつかの体験が一つ一つの点として結ばれておこるものであるが、それはあとになってわかるもので前もってはわからない、と語っています。

そして、その一つ一つの点は前もってわからないことなのでそれまでは自分自身を信じて体験を積み重ねていく他にないと言っています。

私の場合まさにその一つ一つの点が「一人一人の患者さんの信頼」ということで、それをくじけずに守り通してきたことが今のクリニックを取り巻く状況につながっている、と今になってようやくわかり始めたということです。

カウンセリングのお申し込み


先頭へ