コンセプト 八事石坂クリニックが目指すこと

永くおつきあいできるクリニックを目指しております。

八事石坂クリニックのアンチエイジング治療

最近アンチエイジングが美容治療のなかで大きなウェートを占めています。八事石坂クリニックでもアンチエイジング治療に力を入れています。
患者さまにアンチエイジング治療を受けていただくうえで3つの大切なポイントをあげました。

1. 日常的に行っていくアンチエイジング治療

アンチエイジングの治療結果は一朝一夕に得られるものではありません。日頃のケアが重要です。
したがって患者さまにとっては長年安心して通える身近なクリニックをもつことが大切です。
八事石坂クリニックは閑静な住宅街にあり、静かな環境にも関わらず最寄には主要な地下鉄2路線が交差する八事駅がありそこから歩いて2分と便利な所にあります。
永年お付き合いできるクリニック、安心して通うことができるクリニックが八事石坂クリニックです。
日常的なアンチエイジング治療に最適なクリニックといえます。

2. 将来を先取りするアンチエイジング治療

アンチエイジング治療の進歩は日進月歩の勢いです。次々と新しい優れた治療法が生まれてきています。
なかでも細胞培養技術をとりいれた再生医療は特に有望と考えています。
八事石坂クリニックではこの方面のアンチエイジング治療をいち早く取り入れ、患者さまに提供しています。

3.経済的にも安心できるアンチエイジング治療

アンチエイジング治療で大切なことは、患者さまへの経済的な負担を少なくすることと考えています。
永年通っていただくためには、現実的に相当な出費が必要になります。
八事石坂クリニックは経営方針のところで後述しますが、極力無駄なコストをカットし、
その分を患者さまに還元して少しでもながくたくさん通っていただけるように配慮しました。

ページトップへ

八事石坂クリニックの手術法

美容外科の手術を考えている患者さまにとってクリニック選びには3つの難しい問題があります。

1. 手術ほど医者の技量に左右されるものはありません。

機械や注射でする治療とは違い、手術の結果には医者の技量がはっきり出ます。
しかし術前に患者さまが医者の技量を見抜くことは大変難しいことで、手術を受けてみないことにはその医師の技量がわからないという問題があります。

2. 美容外科の手術の成否を判断するのは患者さま以外にありません。

誰が見ても成功している手術であっても患者さま本人が満足していない場合、その手術は失敗になります。
手術の成否は非常に主観的なものです。
したがってモニター写真は参考程度と考えるべきです。

3. 美容外科の評判には「口コミ」がほとんどありません。

患者さまは自分が手術をうけ成功したとしてもそのことをなかなか他人には明らかにしたくないものです。
したがって一般的に、宣伝が多いクリニックは安心だ、とか、宣伝で見たことないクリニックはだめだ、
といった判断をしてしまいます。
最近ではインターネットが普及してクリニック選びの情報量は増えているのですが、
その中で真実の情報を探すことはかえって困難になりつつあります。

手術の上手なクリニック選びでこの3つの問題を解決できる方法はなんでしょうか?
私は、リピーターの患者さまが多いクリニックを探すことだ、と考えています。

  1. リピーターの患者さまはその医師の手術の結果を実際に体験して技量を知っています。
  2. リピーターの患者さまは手術の結果に本人が満足しているからまた通おうと思うのです。
  3. リピーターの患者さまはクリニックの宣伝や風評に左右されません。

したがって手術の上手なクリニックほどリピーターの患者さまが多い、と考えられます。
八事石坂クリニックで行う手術の内容はバラエティに富んでいますのでそれぞれの
治療メニューの項を参考にしてください。
ここでは八事石坂クリニックの手術の基本的なガイドラインを示します。

患者さまに安心して手術を受けていただくために次の3つを心がけています。

1. 結果がお約束できない手術はいたしません。

患者さまが手術の失敗と考えるのは、実は手術そのものの失敗というケースはほとんどありません。
患者さまが術前に考えていた結果と違うことで失敗と考えることがほとんどです。
手術法の中には本質的に結果が出やすいものとそうでないものがあります。
患者さまに術前にそのことをお話しすることが必要だと考えています。

2. 結果が安定しない手術はいたしません。

大きな手術をすることで、時に他のバランスを崩してしまうことがあります。
たとえば小顔目的で顔の骨を削る手術がありますが、術後に皮膚がたるみ、かえって老け顔になったという例は非常に多くみられます。
まぶたを二重にすることでかえってまぶたの腫れぼったさが強調されてしまった、という例もあります。
他のクリニックの修正手術を手がけてきたことでこういった患者さまの訴えを聞くことができ、それが私の貴重な情報となってきました。
私が手術を手がける患者さまにその情報をすべてお伝えすることができるので術後にこういったクレームはほとんどありません。

3. フォローのできない手術はいたしません。

時に美容の手術には一回の手術で終わらないことがあります。
たとえばまぶたの手術ではステップバイステップで手術をすることがあります。
2でも述べましたように二重にしてかえってまぶたが厚ぼったくなることはよくありますが、
その後にその厚みをとる手術をすることは可能です。
小顔の手術でも骨をけずった後に皮膚のたるみをとることはできます。
手術を受けられた患者さまの中にはご事情により元にもどしてほしいということもあります。
すべての手術が完全に元に戻すことができればいいのですが、皮膚を切ってしまう手術ではそうもいきません。
特に若年者の場合、最初は元に戻せる手術を勧めることが多いのはそういった理由があるからです。

良い結果のために手術で心がけていることとして次の3つを掲げています。

1. 手術は丁寧におこない術後の腫れなどを極力少なくする手術を心がけます。

長期的に腫れの少ない手術は結果が安定しています。
腫れの少ない手術には出血を丁寧に止める(止血)ことが重要です。
美容の手術は傷口をできるだけ小さくする必要があるため、止血が難しいのですが、できるだけ時間をかけて止血を丁寧に行います。
術後の出血も腫れの原因になりますのでできる限りこれを防ぐ手立てをします。
そのために特に大きな手術では翌日の検診を勧めています。

2. 手術中・手術後の痛みなどの苦痛が少ない手術を心がけます。

手術中の痛みは最新の麻酔によって積極的にとっていきます。
手術が終わった後の痛みも、飲み薬などでコントロールしていきます。
痛みのコントロールは患者さまの苦痛を和らげると同時に、痛みによる血圧の上昇から生じる術後の血腫を予防することにつながります。

3. 傷跡ができるだけ目立たないように丁寧な縫合法による手術を心がけます。

私の外科の基礎は「形成外科」にあります。
形成外科の基本はその特殊な縫合法にあります。それはできるだけ目立たないきれいな傷になる縫い方です。
さらに顕微鏡をつかった血管縫合や神経縫合を必要とした専門的な手術をおこなってきましたので、
細かく丁寧に縫うことに抵抗がありません。
現在は美容外科の手術中に傷を縫うときは必ず1.8倍のルーペを使って細かく縫うようにしています。

ページトップへ

八事石坂クリニックの経営方針

前述しましたようにできるだけ適正かつ患者さまの経済的負担の少ない医療を提供できるように経営努力をしています。
私は美容医療の価格は、その医療の効果・患者さまの満足度で決まるものと考えています。
医療の質を落とさずに価格を抑えるための努力と様々な工夫をしてまいりましたし、今後もしていくつもりです。

そのうちの一つとして開業にあたり、クリニックの設計段階から徹底的に無駄を省き資金的に
無理をしない開業を心がけました。
過去に開業された他の先生たちが一番苦しんでおられたのが多額な借入の返済だからです。
美肌治療の値段は、器械のリース料金から決まるとさえいわれています。
これは必然的に患者さまにその分の負担を強いることになります。
八事石坂クリニックの治療価格はその治療によって得られる患者さまの満足度を中心に設定しています。

もう一つ、美容クリニックの経営に切っても切れないものに広告宣伝があります。
宣伝費が過剰になると当然医療の価格を抑えることができません。
また急に大勢の患者さまが来院されますと既に通院されている患者さまへのカウンセリングや
医療そのものの時間までが少なくなってしまいます。
八事石坂クリニックでは広告宣伝は必要最小限とし、あくまで口コミを中心に患者さまが
来院してくださることを第一に考えていきます。

直接経営とは関係ありませんが、八事石坂クリニックのスタッフは、
私とともに過去何年も一緒に働いてきてくれた人たちが中心になっています。少数ですが非常に有能なスタッフですので
八事石坂クリニックの強い味方です。
スタッフ全員が患者さまの満足を第一に考える医療姿勢を共有しています。

以上、長期的展望にたって患者さまの口コミを中心に発展していくクリニックを目指して、
日々地道に努力していくことが八事石坂クリニックの経営スタイルと考えています。

末永く安心してお付き合いのできるクリニックを目指して
Long term with you

ページトップへ

  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 採用情報
  • モニター募集
  • 親権者同意書
  • 鼻の専門サイトはこちら
  • 目の専門サイトはこちら